お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ランウェイ☆ビート【TBSオンデマンド】

G

人気小説を映画化! ファッションを通して、高校生の恋と友情を描く。主人公・美糸(ビート)に瀬戸康史。共演は桜庭ななみ、桐谷美鈴、IMARU、田中圭、吉瀬美智子、RIKACO、中村敦夫、田辺誠一ほか。

 高校2年の塚本芽衣(メイ/桜庭ななみ)は、転校生・溝呂木美糸(ビート/瀬戸康史)と出会う。ビートは転入早々、人気モデル・立花美姫(ミキティ/桐谷美鈴)の犬田悟(ワンダ/田中圭)へのいじめに遭遇。ビートはワンダに「お前をクラスで一番カッコいい男にする!」と宣言するのだった。そして、ビートとメイ、メイの親友・秋川杏奈(アンナ/IMALU)も仲間に加わり、翌日学校に現れたワンダはクラス全員が目を見張る大変身を遂げる。ビートの天才的なデザイン能力に盛り上がるクラスメイトたち。「信じれば、自分は変われる」ビートの言葉により、クラス全員で文化祭のファッションショーに取り組むことになるが…。

詳細情報

関連情報
監督・ディレクター:大谷健太郎 原作:原田マハ「ランウェイ☆ビート」(宝島社刊) 脚本:高橋泉 主題歌:「ランウェイ☆ビート」ファンキーモンキーベイビーズ(DREAMUSIC INC)
制作年
2011
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2014-02-06 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

青春・学園邦画ランキング

ランウェイ☆ビート【TBSオンデマンド】の評価・レビュー

2.8
観た人
3084
観たい人
446
  • 5.0

    愛の田中圭特化型レビューさん2021/09/26 23:03

    《特典映像 プレタポルテ版》

    田中圭さんは主要キャスト5人として
    ほとんどの映像に出てきます

    〈メイキング〉
    ロケ地の学校にあるバスケットゴールでの
    ロングシュート

    ショーのシーンで
    マイケルみたい!圭ケル!
    なんて言われて
    ノリでやったムーンウォークが
    全然出来てないと爆笑されたり

    すごく楽しそうなわちゃわちゃ

    街でのシーンは、いまるちゃんが
    ハンディタイプのビデオで撮影した映像が本編でも使われているらしくて
    その映像がすごく青春の1ページと言う感じで、大人が見るとなんか眩しくて懐かしくて切なくて
    眩しかった青春時代の自分たちと重なって泣ける映像でした


    〈クイズコーナー〉
    時間もたっぷりで盛り上がって楽しそう
    (衣装的に一年後の舞台挨拶の時)

    ひとりだけ26歳ということで
    みんなの汗はサラサラで
    自分の汗はドロっとしてるとか

    朝は顔がパンパンといじられたりw
    (うん、知ってるw)

    共演者のカジくんととても仲良さそうで
    イジったりイジられたり
    (圭くん関西ノリ好きやなw)


    〈未公開シーン〉
    2人だけの胸きゅんエピソード

    このシーンを見た上で
    本編のランウェイを見たかったな♡

    圭くんファン的には本編に入れて欲しかった、お宝映像


    この未公開シーンは下のネタバレで感想を追記してます!ネタバレなしじゃ語り切れねぇ!❤️


    〈舞台挨拶〉
    圭くんが、こういう風に演じたい、と監督に話したというワンダの変貌は
    この特典を見る前に先入観なしに見て、私が感じたワンダそのものだったので
    そう!それ!めちゃくちゃそんなふうに伝わってました!と心の中で拍手喝采


    ネタバレに繋がる本編と特典映像の感想

    (本編まだ見てない人は見ないでね)











    冴えない引きこもりの高校生から、クラス一カッコいい男の子に改造される瞬間
    (一瞬でカッコよくなれる田中圭)
    でもまだ中身はついて来ずオドオドする姿

    目的を見つけて輝いていく姿

    街をみんなで歩く所、最後のランウェイ

    鮮やかに変貌していく姿がさすが田中圭

    ランウェイ可愛いぃ❤️

    (↑ここのこの感想、特典を見る前に書いた感想だったので、特典映像の舞台挨拶を見て、
    おおおお!圭くんのこだわりの狙い通りにちゃんと見えてるよ!と感動!)


    〈未公開シーン〉

    『会いたい』ひとことだけのミキのメールに駆け出すワンダ!

    ここ☝🏻ミキからっていうのが重要✨

    さみしい、辛い時にたまたま横にいてくれたワンダに、っていうのじゃなくて

    辛い時に浮かんだ顔がワンダで、そして浮かんだだけじゃなく、会いたいと呼び出して、実行に移してる!

    橋の上で会う2人!キャーーー❤️

    この未公開シーンを見るまでは...ワンダにとってのミキは女神様なんだと思ってた

    お互いに心を寄せる相手というよりは、眩しい憧れで、ただただお役に立ちたいみたいな...

    だからあのランウェイでの組み合わせも、ワンダ、ラッキーだね!良かったね!って思って見てたんだけど...

    ミキを気づかうワンダのメールで2人は急速に距離を縮めて行き...←やるじゃんワンダ👏🏻👏🏻👏🏻

    でも、ミキが辛い時に会いたいと心に浮かんだのが、他の誰でもなく、ちゃんとワンダで

    そこでちゃんと、グイっと男らしいところを見せるワンダ

    あの胸キュンシーンを見てから思えば...

    あのランウェイは必然だったんだね

    まだまだ恋とは呼べないけれど

    2人はちゃんとキュンでした😊❤️

  • 3.7

    リョウタさん2021/06/15 17:52

    2021年 344本目

    主演の瀬戸康史初め、圭さんや桐谷美玲さんなどメインのキャストの方は、知った上で鑑賞したがクラスメイトの中にゆきのちゃんいて驚いた
    そして、みんな若い!

    こういう青春映画いい

    ラストのファッションショーは見入ってしまった

  • −−

    AyaShimizuさん2021/06/15 15:50

    3D上映してたので、友達と見に行った。
    懐かしい。

    高校にあがる前に見て、
    高校生ってこんなキラキラしてるんだ!どうしよう!って思った思い出。

    あと3Dがランウェイ歩いてるところだけで、ショックだったな。(最後の数分)

  • 2.0

    アナグリフさん2021/06/04 17:51

    本編前に3Dメガネの説明、2度目の星サインの辺りでメガネマーク。
    視差普通。ランウェイとエンドクレジットが3D。無数のシャボン玉、ステージ先端から奥を映すシーンが効果的。

  • 3.0

    soylatteさん2021/04/07 13:18

    みんな若っ!!!
    それに携帯とかファッションとかメイクの仕方とか持ってる文房具(缶ペン)とか…なんか全部懐かしい。

    ストーリー的にはサクサク観れる感じ。眩しすぎるくらいきらきらしてる学園映画。
    衣装のデザインから縫製して、舞台もデザインして、高校生のポテンシャルすごいって思った。
    小さい頃に「ウエディングドレス作って欲しい」って言ってたきららちゃんの手術中に、芽衣ちゃんにドレスを着せて一緒にランウェイを歩いた美糸の気持ちはよくわからなかったけど…

    高校生役の瀬戸康史がイケメン。
    転校生だし、1人だけ学ランなのに、あっという間にクラスに溶け込むどころかみんなを団結させる力があって、美糸みたいな人がクラスにいたら楽しかっただろうな。

    冴えないワンダ役の圭くん珍しい。冴えないけど長い髪の間柄チラッと見えるイケメンなお顔が隠しきれてないのよ。ワンダが垢抜けてからはもう圭くんなのよ。もう陽キャが隠せてないのよ。ワンダのあの垢抜け方はなかなかびっくりだった。制服姿も今じゃ見れないからレア!制服に女装に独創的な衣装に色んな圭くんが観れる。当時からMacBook使って高校生でCADを使いこなしてるところとかいじられてたミキのことを恨むことなく優しく接してて中身もイケメン。

    そして桐谷美玲の細さにあらためて感動。
    SEVENTEENの看板モデルだったなあって懐かしくなった。

    あとランウェイ歩くけいこちゃんかっこよすぎて震えた。個人的にはあのシーンがお気に入り。

  • −−

    WDHさん2021/03/24 02:13

    学生時代に観たことを今思い出したので記録。
    ファッションが好きで、美玲ちゃんが好きだったから原作も読んで映画も観たのかな…
    記憶が曖昧だけど当時の自分はワクワクしてたと思う

  • 3.8

    Snowmanさん2021/01/31 00:31

    DVD鑑賞~2010年の邦画。大谷健太郎監督。瀬戸康史主演。共演に桜庭ななみ、桐谷美玲、田中圭、imaru。転校生美糸を中心に高校生活の最後にファッションショーをやることを決めた5人の青春ストーリー。

    こういうの単純明快で好きですね~。5人の実力派若手俳優たちがいいです。ファッションショーのシーンは見入りました。

  • 5.0

    yさん2020/10/07 09:31

    当時、瀬戸康史の事が大好きで、それ目当てで(小学生で自由に映画を見に行けなかったし、そもそも映画館に行くという習慣がなかったから)小説を買って読んでたんだけど、青春でキラキラした中に綺麗な恋愛があって、すごく好きだった。

  • 3.5

    HANNYさん2020/04/14 19:05

    この時代な感じがとても懐かしかったです。人もファッションも当時の流行や雰囲気そのものを物語っていて、時代の流れの早さを改めて実感しました。学祭クオリティが非現実的すぎて流石に凄すぎましたけど、実際ここまでやれる学祭があるのなら、大人を味方に仲間との協力で1から10まで作り上げるものに、生徒も先生も保護者も誰もが感動し涙する、人生においてかけがえのない時間が大きすぎる経験になり宝物になること間違いなしです。

  • 4.2

    ayakaさん2020/03/05 14:04

    こういう一生懸命みんなで頑張る姿って鳥肌立つほどかっこいい!!!!!!
    中学の時小説読んですてき!!って思ったの思い出した!
    俳優めちゃ豪華だよね?!!!

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました