お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ザ・ファイター

G
  • 字幕

M・ウォールバーグ、C・ベイル競演の感動作。世界タイトルマッチに挑むボクサー兄弟の葛藤と絆を描く。

ディッキーは町の期待を一気に背負う、才気あふれる名ボクサーだが、短期で怠惰な性格から破綻した毎日を送っている。かたや同じボクサーである異父弟のミッキーは、真面目な性格ながら才能に恵まれず、一度も勝利を収めることができないでいた。そんなある日、ライバルとの一戦に敗れたディッキーは、自暴自棄となって薬物中毒に陥り、挙句の果てには投獄されてしまう。

詳細情報

原題
THE FIGHTER
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2010
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2014-02-06 15:00:00
シェア
お気に入り
販売終了 

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
販売終了2020-08-25
アプリでDL可
高画質(HD)
440
販売終了2020-08-25

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,650
販売終了2020-08-25
アプリでDL可
高画質(HD)
2,200
販売終了2020-08-25

キャンセル

ヒューマン洋画ランキング

ザ・ファイターの評価・レビュー

3.7
観た人
6536
観たい人
3708
  • 3.5

    Aさん2021/06/09 06:43

    これは完全にクリスチャンベイルが主役!どうせなら兄中心の映画にすれば良かったかも?!

    エイミーアダムスはクリスチャンベイルとの共演が多いなあ。母親と姉妹たちがインパクトあり。

    2021 No.154

  • 3.0

    DamKeeperさん2021/06/05 11:16

    エンドクレジットの時に、クリスチャン・ベールの凄さが解る。ハゲまで完コピ。
    エイミー・アダムス流石。

    『ロッキー』みたいにマンガっぽくないボクシングシーンが良いです。

    母親と車の中で『I started a joke』歌うシーンが好き。

  • 4.0

    Taulさん2021/06/02 02:30

    『ザ・ファイター』DVDで初鑑賞。プレイブックもよかったけど、デヴィッド・O・ラッセルは語り口のセンスが本当にいい。根性や家族愛ベタベタにせずにどうしようもない奴らを愛すべき人物に描く。またもクリスチャン・ベイルの怪演。

    『ザ・ファイター』うるさい自己主張、家族や地元との強いつながり。そんなアメリカ人の姿を少し軽めの語り口でテンポよく描く。ひいてしまう部分もあるが、お互いの個性を認めて助け合い、成功を讃える姿にはやはり惹かれる。選曲もよくてクリスチャン・ベイルの熱演もあって面白くみれる1本。

    2013年12月鑑賞

  • 3.7

    マスンさん2021/05/28 19:55

    ボクシングに全てをかけた、兄と弟の実話感動作品。
    第83回アカデミー作品賞にノミネートされた作品。助演男優賞、助演女優賞を獲得。
    主演マーク・ウォルバーグ、鍛え上げた肉体は凄い。
    クリスチャン・ベールの役作りは有名だけど、今回も凄い、痩せて、髪の毛も抜いて歯も。そこまでやってのける名優。

    兄と弟、兄も名を馳せた過去はあるものの
    今は落ちぶれて、だらしなく、頼りにできない状態。家族の環境も難しく、その中で二人が立ち直るシーンはなかなか。
    ラストは見事、圧巻。

  • 4.1

    Yutaさん2021/05/13 17:23

    「スリー・キングス」のデビッド・O・ラッセル監督が、マーク・ウォールバーグとクリスチャン・ベールを主演に迎え、名ボクサー、ミッキー・ウォードと彼の異父兄ディッキー・エクランドの絆を描いた実録ドラマ。1980年代のマサチューセッツ州ローウェル。米ボクシング界のスター、シュガー・レイ・レナードと拳を交わしたことのあるディッキー(ベール)は街の英雄だったが、戦いに敗れたことから麻薬に手を染め、投獄される。そんな兄の陰でミッキー(ウォールバーグ)は早くからアマチュアボクサーとして実績を積み、頭角を現すが……。クリスチャン・ベールとメリッサ・レオが第83回米アカデミー賞で助演男優賞、助演女優賞を受賞した。

  • 3.2

    のんchanさん2021/05/12 16:26

    クリスチャン・ベールのストイックな役作りは誰しもが仰天するが、今作も13kgの減量、歯並び変え、そして自ら髪の毛を抜いて(本当に広範囲で禿げていた😨)までして挑んだという元ボクサー🥊役。
    賞獲りもしているので期待して観たのですが...

    えっ⁉️....感動する人いるんですか❓
    実話に弱い私ですが...これは残念☹️

    過去の栄光をいつまでも引っ張り、落ちぶれた麻薬常習者の兄(クリスチャン・ベール)を信じて従う歳の差のある弟(マーク・ウォールバーグ)は小さい頃から兄からトレーニングを受けているが負けが続いている。母親が酷い😖何度も男を変え、9人?の姉妹と一つ屋根の下で暮らしていて、家族は試合の賞金目当てで暮らす日々。弟の父親だけは良い人だったけど。

    ボクシングシーンは特別な臨場感をさほどに感じないし、"兄弟愛""家族愛"がベースになっている話ながら、申し訳ないけれども感情を寄せられる家族ではなかった😣

    主役ウォールバーグが今一つ物足りない演技のせいか?演技力で完全にベールに食われている。身体作りは認めますが...

    エイミー・アダムスが超スタイル良くてキレイで、勝気のある役柄が似合ってた✨

  • 4.2

    ちゃんまつさん2021/04/28 23:20

    クリスチャン・ベールはヒーローになったり、サイコ野郎になったり、ほんと役作りえぐえぐ。今回のどうしようもないボンクラ感も似合う。ボンクラお兄ちゃんがエイミー・アダムスに言う、俺とお前は負け犬だけど、あいつは違うんだよ。泣いた〜。

  • 4.0

    TMさん2021/03/29 09:31

    クリスチャンベイル、クセ強め!と思ったけど、ラスト2人の映像みたら、ヤバめのお兄ちゃんで割と忠実でした。笑

    ボクシング映画としても面白いし、名優4人が汚い言葉で罵り合う家族喧嘩はかなり胸熱。

    ボクシングシーンは見応えあるし、音楽のチョイスもカッコいいし、セリフがウェットに富んでるからまた観たくなる傑作でした。

  • −−

    はるさん2021/03/22 08:36

    クリスチャンベイルが凄い……

    過去の栄光に縋り付いて
    弱い自分と兄弟を思う自分が拮抗している感じ


    リアルが半端ない

    ボクシングのシーンなんてリアルすぎて怖いくらい。
    エンディングで流れたインタビューシーンで、2人の再現度の高さに脱帽。

  • 3.4

    MoriyanoDwarfさん2021/03/13 13:03

    グラグラで今にも外れてしまいそうな、2つの歯車。
    片方は錆び付き、片方は動き出すことを躊躇っている。

    だが、どちらかが欠けたら永遠に噛み合わず、本来の力を発揮することはない。

    不安定で不器用、憎らしいけど愛してる。
    兄と弟、二人のボクサーが生んだ絆と勝利への物語。

    いやぁ、クリスチャン・ベイルの痩せこけ具合がとにかく凄かったわ(笑)
    マシニストほどじゃないけど、今回もわりとだと思う。
    前半と後半の同じ痩せているでも、印象が違う微妙な差の出し方がお見事。
    演じ分けの幅が見ていて面白いね。
    薬物の怖さが伝わる表情から弟のために必死でもがき立ち直ろうとする兄の強さにグッときた。
    ゴミ箱ダイブが毎回痛そう(笑)

    大きな家族だからこその本音の出しにくさってあるんだなと思ったな。
    親切心だから、無下にはできないけど、どこかでハッキリ言わねばならない。
    弟さんの立ち位置がだいぶ辛いね…。
    家族なりのやり方と第三者からの見え方で違いがでるのはしょうがない…けど、女性陣の圧のかけ片はあまり好きになれないかなぁ。
    ちょっと恐怖を感じるタイプなのよね。

    最後に実際の兄弟が話してる映像が流れるのだけども、それを見るといかに再現度が高いかよく分かると思う。
    雰囲気とかはほんとそのまんま。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す