お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

スキージャンプ・ペア Road to TORINO 2006

G

船木、萩原ら本物の「日の丸飛行隊」も登場! 奇想天外な競技の誕生秘話を綴る爆笑モキュメンタリー!

「スキー・ジャンプをペアで飛ぶ」という奇想天外な競技の模様を、本物の大会の雰囲気そのままに映像化した、映像クリエイター・真島理一郎によるCG作品『スキージャンプ・ペア』。DVDシリーズ化され大ヒットを博した同作を、実写も織り交ぜて映画化した爆笑モキュメンタリー。スキージャンプ・ペア競技誕生をめぐる感動秘話と、“オリンピッグ”正式種目になるまでの苦悩の歴史を綴る。谷原章介のほか、船木和喜、萩原次晴といった本物の「日の丸飛行隊」も登場! 2006年2月開催予定のトリノ・オリンピッグから、正式種目となる人気競技スキージャンプ・ペア。ひと組の板にふたりで乗り込み大空を舞うこの競技は、ある物理学者の偶発的な発見から生まれた。その情熱は彼の息子たち、やがて世界中のジャンパーたちを巻き込んでいく。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2006
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2014-02-06 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

コメディ邦画ランキング

スキージャンプ・ペア Road to TORINO 2006の評価・レビュー

3.1
観た人
193
観たい人
45
  • 4.2

    エルさん2021/02/14 04:01

    めちゃくちゃ良い、中一を思い出した

    ドキュメンタリー映画の「最後の一本」を見た人なら絶対に観るべき


    それだけに猪木のシーンがなあ、あれはいらんかった

  • 1.9

    ミズナラさん2020/11/13 10:47

    みんな大好き❗️クソ映画のお時間ですよ~😀

    YouTubeで見られる、トリッキーなスキージャンプを2人でこなす作品群を映画にしたヤーツ😀

    あ、ジャンプはもちろんCGです😅

    ペアで飛ぶジャンプ競技の誕生からオリンピック競技になり、成功するまでを描いたドキュメンタリー🤤

    もちろん、フィクションです😅

    ドキュメントのナビゲーターは谷原章介🤔
    何やってんだよ😂

    YouTubeでベアジャンプの動画いっぱいあるんで、それだけ観てる方が面白いかな🥺

    豪華キャストで真剣にバカをやってるつもりなんだろうけど、笑えないんだよな😑

    ギャグとしてアントニオ猪木とガッツ石松出てきたけど🥺
    2人をバカにしたような使い方なのがねー🤔

    テレビのバラエティでもそうだけど、特にガッツ石松に対してはリスペクトの欠片もないよね😭

    ただし、臼田あさ美ちゃんのムチムチ具合だけはポイント高い🤤

    元は映像作家さんの卒業製作だった作品が配信されて大人気になり、映画化までされた訳ですが、ただのトリッキージャンプのCGだけでは尺がもたなかったんでしょうね🥺

    こんな作品を真面目にレビューしてもしょうがないけど、CGのジャンプ以外全部無駄なんだよな~🙄

    ジャンプは面白いんですけどね🤤

  • 3.0

    アルパカメタルさん2020/07/21 23:12

    なんだか疲れたのでU-NEXTでお笑いでも見ようと思って発見。これは...映画???でもフィルマークスに登録されてるし映画なんだろう(平昌のときに深夜帯でテレビ放送されてたと知って余計におもしろい)

    大人が全力でバカをやる素晴らしさと、若かりし頃のムチムチの臼田あさ美が見れます(不意に出てきて衝撃)。時間を浪費したい人にオススメ。まじで何も残らん。それなりに笑える。

  • 2.5

    Jaさん2020/05/01 18:09

    学者の人を「こういう人なんだ」と言い聞かせながら観たけれど、どうしても最後まで違和感を拭えなかった。ドキュメンタリータッチの中でファンタジーに説得力を持たせられるだけのリアリティが演技にもう少しあればもっと楽しんで観られた気がする。
    ドキュメンタリー番組の結びがめちゃ弱いのも、内容のくだらなさと真剣な雰囲気とのギャップ不足に繋がって個人的には残念だった。

  • 3.6

    drophamさん2020/04/23 22:32

    1994年に北海道の物理学博士である原田敏文は、物体を宙に浮かせることで分裂する「ランデブー理論」を発表する。この理論を応用すれば、スキージャンプもペアでできると思いつく。そこで双子の息子たちに託し、オリンピックに採用されるように切磋琢磨する。
    チューチューアイスやパピコを使って理論を唱えるのか面白おかしかったですねー!色んな面白いジャンプが見れた(CGですが)のが良かったです!コメディ系なのかと思いきや、まじめにドキュメントしてさらに切ないシーンもたくさんあった印象でした。

  • 3.0

    おまんたさん2020/04/20 14:28

    突っ込みどころ満載で、滑り台、パピコ、バミューダ事件は吹きました。
    選手からナレーターまでクソ真面目な顔で話すのがおかしくて、終盤の大会中継は笑い転げました。
    トライアングルは禁止すべきだと思います。

  • 1.8

    ヴレアさん2020/04/12 22:45

    これはある意味危険な映画かもしれない。いや、映画と言っちゃっていいのかも謎だ。内容は全くのフィクションだが、かなり真剣にドキュメンタリー風に仕上げてあるので、何の予備知識もない状態で見てしまった人は或いは本当にあった出来事なんだと信じてしまうかもしれない。特にCGと実写の区別のつかない人は要注意です!な~んて、チューチューアイスを凍らせたらパピコが出来上がる時点で普通は嘘だとわかりますけどね(笑)でも、70年後位に中古ビデオ屋の片隅の処分品コーナーなんかで偶然この作品を手にした人が見たら、「昔はこんな競技もあったんだ~」なんて軽く信じてしまうかもしれない。う~ん、恐ろしい・・・笑笑

  • 3.8

    menomaroriさん2020/03/22 20:45

    スポーツで実績を残した有名人達が大まじめにバカ話に参加してるのがたのしそう。
    謎理論の展開も面白い、でもバミューダ事件についてはもう少し追及して欲しかった。でないと今後も不安が残る。

  • 2.8

    Yuyaさん2020/02/17 00:53

    毎週末の雪山生活も
    いよいよ ひと月を超え
    先週は猛吹雪の中のチェーン着脱
    今週はガラリと晴天のゲレンデ…
    青空を見上げた自分の瞳の中
    その飛行の幻影を
    颯爽と甦らせたのは
    鳥でも 飛行機でも
    スーパーマンでもなく
    全人類の夢のスポーツ…
    “スキージャンプ・ペア”だっ!!

    もうね こーゆーさ…
    誰も褒めない事を真剣にやる人達
    大好きだっつーの!
    人類初飛行から 五輪正式種目へ
    そして大空での 股間強打に
    K点の先に待つのは 猪木の闘魂注入…
    元気があれば 何でもできるっ!!!

  • −−

    kasumiさん2019/08/11 12:42

    こんなにも馬鹿みたいになことを真剣に取り組んでいる人がいると思うと、まだ世の中捨てたもんじゃないなと笑えた

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す