お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

青い車

G

よしもとよしともの傑作青春コミックを、ARATA、宮崎あおい、麻生久美子競演で映画化。

幼い頃に事故に遭い、片目に大きな傷を負ったリチオは、心を誰にも見せまいとするかのように、いつも黒いサングラスをかけている。感情をあらわにすることもなく、恋人のアケミとも距離を置く彼は、中古レコード店に勤めながら淡々と日々を過ごしていた。そんなある日、リチオはアケミの妹・このみと偶然に出会い、成りゆきで関係をもってしまう。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2004
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2014-10-10 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

青春・学園邦画ランキング

青い車の評価・レビュー

3.1
観た人
1505
観たい人
1093
  • 2.0

    映画男さん2021/06/06 17:29

    Wikipediaには、"ジェイ・ウェイスバーグは、「監督の奥原浩志は、原作漫画の限られた時間帯を引き延ばし、実存主義的な悲しみを吹き込んだ」と指摘した。"とある。クソ喰らえと言いたい。退屈な時間をさらに引き延ばしてもっと退屈にしたんじゃないか? 

    なんにせよドキドキしない恋愛映画はそれ自体、犯罪に等しいと思う。。だってそれが最低限のお約束でしょう。余白のある絵づくりと思わせているが固定ショットの中に映る男女から感じ取れるものは緊張とはほど遠い緩くて味気ない、眠りを誘うものだった。カットの連なりにも挿入される音楽にもそこから響くものがない。セリフがいちばんアカンのかなあ。

  • 3.5

    うみさん2021/06/05 12:21

    最後の抱きしめるシーンが、こみ上げてくるような感情からで、安直な抱きしめと違って良かった。宮崎あおい可愛すぎる
    普通すぎる、つまらないなどの意見もあるがこの日常的な穏やかな時の流れの中に人間の苦しみや異常さがあたりまえに組み込まれているのが本当ぽくて良い

  • 3.3

    橘さん2021/05/28 21:49

    お話はもやもやが残る苦い空気だけれど、演者さんたちの透明感が心に残るひとときでした。
    罪作りなダメ男に振り回される姉妹が悲しいし、姉のアケミの展開はつらいです。
    リチオとこのみも長続きはしなそう。。このみはリチオが恋愛として好き、という感じでもない気がする、惹かれてはいるけれど。

    姉が麻生久美子さんで妹が宮崎あおいさんだなんて魅入ってしまう。女子高生の宮崎さん最強だなぁ。ちゃんと大人の麻生久美子さんも勿論いい。
    リチオのARATAさんも白すぎて…地に足がついてないふわふわした感じ。幼少のリチオが首吊ってる自分を見つめてる妄想が気になります。

    マスター、中村義洋監督…?うわぁ本人っぽい。。びっくり。

  • −−

    悪魔の棲むYeahさん2021/05/15 20:44

    この映画をみてから、原作を読んだ。
    どちらもよかった。

    原作は20ページ程度の短編。だから映画は描かれてない部分を創作している。原作ではあえて描いてないところにも踏み込んでいる。踏み込んでというか、脚本家と監督の解釈なんだろう。こういうふうに語りたい、というような。もしかして原作ファンからしたら、描き過ぎ、ということになるかもしれない。

    宮﨑あおいは、とても自然に台詞を言える人で、当時の人気の高さは、見た目の良さだけによるもんじゃないと思った。

    ひとつ大きな不満はポスターの広告で、
    ただ、どうしようもなく好き、
    なんていう文句はあまりにも退屈で、見当違い。逆にそれに惹かれて見始めた人は展開とか映像にショック受けると思う。

  • 3.0

    金春ハリネズミさん2021/04/29 02:13

    ザ・普通オブ普通。
    a.k.a HOH。

    面白いくらい面白くなくなってしまってる。

    たった数十ページの原作を1時間半の映像にする時点で土台無理な話ですよ。
    だからね、原作ファンとしてはさ、それを映画にした意義を見たいわけです。

    別にそれが原作とかけ離れてたっていいのよ。その作品がおもしろけりゃなんでもいいのよ正直。

    でも蓋開けたらあぁたいへんたいへん。
    大停電してるよこれじゃ。

    ん〜。まぁそうなるわなぁ〜と思いながら、やっぱり映画って難しいし、どこを拾い取ってどこを捨てて、どこを付け加えるかの世界やからね〜。

    キャストと音楽は申し分ないから余計にダメージえぐい。

    まぁ別に嫌いなわけじゃないので、これはこれでって感じですけど。
    勿体ないは残ってしまう。。。

    うううう

  • 3.2

    トキタさん2021/04/14 13:50

    通して核心にふれず、周りをゆらいでる感じ、そう違和感なんてラストの〝オーロラ〟が全部さらっていくのだ

  • 3.8

    Hiiiさん2021/02/21 14:32

    誰かを傷つけたいわけじゃないけど、なんとなく惹かれる心…そんな曖昧な感情を言葉にしなくても感じられる作品。

    金髪サングラスのARATAが新鮮。
    過去の出来事の痛みや闇を抱えて、無意識に周りに見えない壁を作っている感じと、真っ直ぐに無垢な心でそれを飛び越えてくるコノミ(宮崎あおい)。

    いろんなことを抱えながらも人を憎まずに人を愛し、冷たそうに見えてあたたかいような弱さも見え隠れしながら前を向いて生きている、そんなところに惹かれるのかな。

    音楽は曽我部恵一さん担当だからすごく良い。ラストの『オーロラ』は隠れた名曲に出逢った感じで即ダウンロードした。

    あたたかいギターメロディの曲で終わるの何気ない日常の1ページって感じですごく好き♪

  • −−

    オニャンコポンさん2021/02/16 22:45

    あたしはアケミなんだと思う
    知ってしまってもぶつけないで悟って、すすんじゃう
    いちばん寂しいのかもねそれは
    相手にとっても アケミだけが寂しいんじゃなくてリチオも寂しいかもね
    このみがいちばん美味しいよ 生きてるうちに楽しいことだけ経験できる、そういう星のもとに生まれたこ 

  • −−

    Julieさん2021/01/23 23:50

    あおいちゃんも麻生久美子様も良いけど、ARATAが最高カッコいい金髪姿で全てのサブカルメンヘラが好きだと思う

  • 2.8

    細野さん2020/08/30 22:47

    よしもとよしともや岡崎京子の漫画を古本屋廻って漁っている中学生でした…

    そういや初めてネット通販使ったのはこのサントラだった。
    店舗販売無しでローズレコーズのサイトからしか買えなかったはず。
    オーロラは隠れた名曲。

    映画自体は今日初めて観た。
    この頃ってこういうキャストのこういう雰囲気の映画が凄い多かったよねー。
    アラタかっこいい。
    以上!!

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す