お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

アタゴオルは猫の森

G

泣かないで。この星を救えるのは笑顔だけだから。

アタゴオルのトラブルメイカー、ヒデヨシは、ある日、親友のテンプラ(内田朝陽)やツキミ姫の制止を振り切り、封印された謎の箱を開けてしまう。中から現れたのは、何千年もの眠りから覚めた植物の女王ピレア。ピレアは美しい歌声でアタゴオルの住人をたちまちとりこにするが…。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2006
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2014-04-04 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

アニメ邦画ランキング

アタゴオルは猫の森の評価・レビュー

2.9
観た人
159
観たい人
66
  • 3.4

    ざぼさん2021/02/25 00:19

    Filmarksはやたらスコア低いけど個人的には嫌いではない。ノー思考でグラフィックと音楽(ダンス)を楽しむ映画。原作漫画は評価高いようだが、その通過儀礼を経験せずに大人になってしまった。

  • 2.0

    たまこさん2021/01/27 08:17

    日曜の昼下がりに子供と鑑賞。
    最初のお祭り騒ぎからもう音楽パートが全部長い、異様に長い、なんていうか全体的に間が悪い。
    内容自体は普通に良いんだけどな。
    声優陣は山ちゃんのおかげもあってか違和感無く観れた。

  • 3.3

    あおきさん2021/01/24 03:52

    ヒデヨシになりたい
    子供向けアニメかと思ったらヒデヨシの言葉遊びが面白くて、一辺倒なキャラじゃなく深みがあって良い

  • 3.2

    Hokkaidoさん2020/12/27 22:43

    CGである事もあり、オリジナルのアタゴオルの世界とは印象が異なるものの、映像の美しさが印象に残る作品でした。

  • 2.9

    YuuichiMakinoさん2020/11/17 23:32

    自宅で観ましたぁ〜。

    宮沢賢治と言えば、ますむらひろしといいイメージがあって、、、。

    アタゴオルは原作もパラパラ程度。

    なんとなく、
    このCGってどうなんだろうか。

    銀河鉄道でセルでの絵の方が、
    ますむらひろしのキャラはいい感じだったようにも思う。

    こういった作品って、
    なかなか映像化はしにくそうだけど、
    映画になっただけでもすごいかなぁ。


    やっぱり映画は面白い🤣

  • −−

    田所浩二Hankockさん2020/07/21 01:32

    2006「アタゴオルは猫の森」
    結構前に見たから覚えてないけど確かつまらなかったでも覚えてない映画につまらないと言うのは失礼極まりないのでもう一度見ます。
    追記
    最近体調を崩していて過去に鑑賞した映画のレビューが多くなってしまっています。
    近い内に復活します。

  • 2.5

    夢野猫さん2020/06/19 19:46

    ますむらひろしの「アタゴオル」作品の外伝的な作品を原作にしたCGアニメ。

    「アタゴオル」自体が連作短編主体の漫画なので本筋からでは無く外伝からストーリーを持って来たのだろうと思うが、個人的にはそれが一寸合わなかった。
    更に、キャラデもヒデヨシは良かったが他のキャラが………(笑)

  • 2.8

    mitakosamaさん2019/08/28 16:58

    公開当時、劇場でも見たが内容を殆ど覚えて無かった。強いて言えばオープニングのお祭り騒ぎくらいが記憶にあったくらい。物語は完全に失念してた。

    嫁ちゃんが ますむらひろし好きなので、嫁所有の原作本を読みながらDVDを再鑑賞。
    うーん。こんな判り辛い話だったかな…

    原作はアタゴオルシリーズの外伝「ギルドマ」より。
    ヒデヨシが開けてしまった箱から女王ピレアが復活!世界を植物の為に生まれ変わらせようとする。
    同じく植物の王の子供、輝 彦の宮はヒデヨシを父とし、ヒデコと名付けられピレアと戦う。
    テンプラやギルバルスらと共闘し、ヒデヨシは常に引っ掻き回す。

    これがどうにも判り辛い映画で、色々要因があるとは思うのだが、やはり状況説明がテンション高く続くだけな所が問題なんじゃなかろうか?

    例えば歌のシーンが結構ある。が、これが全部イメージソングばっかり。ミュージカルにとって歌は本来、キャラの心情やシチュエーションを簡潔に説明してくれる便利なアイテムなのだ。でもこの映画では歌は只の歌でしかない。

    賑やかなだけで何がどう話が進んでいるか、油断すると置いてけぼりを喰らう。物語に入り込み辛いんだよな。

    また、ますむらキャラを3DCGにすること自体は意味はあったのだろうが、正直言って原作タッチで見たかった、という感想以外は出てこない。ますむらタッチの魅力を3Dで引き出せなかったのが惜しい。

    2Dで、ペンタッチの細かい絵柄のアニメーションを見たかったな。
    そして ますむら漫画なら、アタゴオルよりも“コスモス楽園記”等の方が一見さんにも受け入れやすかったのでは無かろうか?

  • 2.9

    映さん2018/08/21 10:58

    「銀河鉄道の夜」や「グスコーブドリの伝記」のような雰囲気や世界観を期待して借りたのだが、そういうのとは全然違ったし、なんかよく分からなかった…。

  • 3.7

    はにさん2017/11/16 14:26

    良かったんだけど、作風に石井竜也の歌は合わない気がする
    ヒデヨシとヒデコが仲良くなる掘り下げをもう少しして欲しかったところ
    ピレアの不気味さは原作の持つ不気味さが表現できてて良かった
    アタゴオルはほのぼのだけじゃなくてほの暗さもあるよね

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す