お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

必殺仕掛人 梅安蟻地獄

G

緒形拳、林与一といった待望のキャストを迎えて贈る、池波正太郎原作の“必殺”劇場版第2弾!

表向きは鍼医者、裏では仕掛人として暗躍する梅安は、ある夜、医師の宗伯に間違われ、浪人から斬られそうになる。その数日後、羽振りのいい伊豆屋の暗殺を依頼されたため、伊豆屋と医師・宗伯の密会現場を見張っていた梅安は、そこで自分を襲った浪人・小杉十五郎とばったり遭遇する。小杉もまた、ある娘を窮地に追いやった宗伯の命を狙っていた。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
1973
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2014-05-30 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

時代劇・歴史劇邦画ランキング

必殺仕掛人 梅安蟻地獄の評価・レビュー

3.3
観た人
103
観たい人
36
  • 3.8

    サリーさん2021/03/30 16:43

    テレビシリーズ終了後に シリーズメンバーで撮影された作品。

    梅安を演じる 緒形 拳さんは 36才位だろうか、鬼籍に入られたあともみれることに感謝です。

  • 3.0

    ルチアさん2021/02/17 19:34

    WOWOWプラスにて鑑賞

    TVの必殺シリーズは3作目の「助け人走る」から観てて、第1作である「必殺仕掛人」は再放送で観てました。
    なので、やっぱり梅安=緒形拳さんがしっくり来ますね。
    映画版1作めの田宮さん版は見てませんが、梅安は緒形さん以外には考えられません。

    そんな映画版を今さらながら初見。
    どうしてもTV版と比べてしまうのですが、林さんが西村左内じゃない浪人役で登場するので混乱します(笑)
    悪党も悪党らしくて素晴らしく、梅安の殺しのシーンもワクワクします。

    しかしながら、やっぱりTV版に慣れてるとキャストが同じで別物という感じもしてしまって残念。
    後の仕事人主水さんの映画シリーズみたいにTVの拡大版みたいなを期待したせいかちょっと期待外れでした。

  • 2.4

    上海十月さん2020/08/15 22:09

    テレビドラマの配役そのままだそうな。テレビドラマ見ているような作品。せっかく映画なんでエログロともにパワーアップしないと面白くもなんともないような気がしますね。

  • −−

    ピロ子さん2020/07/04 16:32

    蟻地獄?←順番間違い。

    このシリーズ、特に前作からの梅安さん(緒形拳)裸の女性の上にいる時が多い。いいのかな?と心配になるくらい上半身裸の女性がワラワラ出てくるし。
    でも、緒形拳=梅安さんにはお似合い。

    身構えて観てたのに、痛快時代劇に戻ってた。しかも、梅安さんが付き物が落ちたように、笑う笑う笑う。御用聞き?のせんぞう(秋野大作さん)との掛け合いとかコメディで、違う驚き。また次作で落とされるやも?次作は、さっき観た作品ですよ過去の私。

    小杉十五郎?(林与一さん)が前作同様「生きがい」を見付けて、そこに全力投球で、眩しかった。生きがいが、自分の得になる生きがいではなくて、後光が差してた。

    梅安さん鬼おろしを作ってて、何作ってるんだろ?と思ったら、初物のサンマでヨダレが。千造?さんが焦がしてましたけど。

    だからだからの蟻地獄。感慨深い。

  • 3.5

    ピッコロさん2020/07/03 01:32

    世のため、人のためにならない者は、お命頂戴致す!!!

    自分も世のため、人のためにならないレビューを書いてるので、そろそろ"仕掛人"に命を頂戴されそうだ!
    鍼でブスブスされないように、気をつけにゃいといけないにゃん!!!

    1作目を観てるから、世界観に入りやすい!
    そうそう!名前をちゃんと覚えましたよ!
    主人公は、藤枝梅安(ふじえだばいあん)!
    なんて!カッチョえぇ名前なんだ!ばいあん!!!
    表の仕事は鍼医者さん。
    仕掛人の元締めをしてるおじさんから、仕事の依頼を受け仕掛けを行う。
    今作では、仕掛人のルールも登場!
    依頼人の名前は、ぜーーったいに内緒なんですって~!!!

    で、梅安さんは、女好き!
    自分は、ちょこーっとだけ女の子が好き!
    仕事が終われば、女遊びが梅安さんの生き甲斐?
    なので、お色気シーンがちょこちょこ出てくる!やっほい!

    そうそう!肝心なことを言い忘れてました。
    前作では、梅安さんは、田宮さんが演じてたけど、今作は、緒形拳さんに変更。緒形さんは、テレビ版でも梅安さんを演じてるんですって!
    なので、こっちが本当の仕掛人なのかな?
    テレビ版で演じてるのもあってか、キャラが凄く魅力的になってる!
    田宮さんも悪くなかったけど・・・。
    こっちの梅安さんの方が、大好きよ!

    で、もう一人魅力的なキャラが小杉十五郎っていう浪人さん。
    仕掛人のメンバーじゃないけど、今作で梅安さんと一緒に行動する!
    正直、こちらのお侍さんの方がカッコよかったような・・・。
    うそうそ!梅安ちゃん!怒っちゃやーよ!!!

    見どころは、タイトルにある蟻地獄。
    梅安さんの家が、蟻地獄に変身。
    命を狙う刺客どもが家に潜んでて、お侍さんと梅安さんを殺そうとする。
    狭い家での殺陣シーンが、カッコええ!!!
    梅安さんは、鍼使いだから、鍼でブスブス刺して戦うわけだけど・・・。
    さすがに剣が相手では・・・。
    なので、結構苦戦してた・・・。

    それでも、キメル時はキメル梅安さんなのでした!


    ※梅安さんって、名前を覚えたのが嬉しくて、梅安さん、梅安さんって!
    少し多めに書いちゃった。テヘペロッ(๑´ڡ`๑)

  • 3.5

    ニックさん2020/06/26 23:48

    2020年春鑑賞。

    テレビ版第一作の緒形拳と林与一がいよいよ登場。田宮二郎の上品さもいいけど、やっぱり緒形拳の野生がいいなあ!

  • 3.6

    62355cinema5さん2020/06/15 18:36


    72点

    TVシリーズの劇場版 第2弾🎬
    晴らせぬ恨みを晴らし、許せぬろくでなしを消す仕掛人たちの活躍を描いた作品🗡

    本作の要は、やはり池波先生作が創り出した藤枝梅安というキャラクターの二面性👤
    昼は針医者で命を救い、夜は仕掛人として命を奪うという、仕掛人・藤枝梅安が
    人間の中に存在する相反したパーソナリティを合せ持っているというのが本作の最大の魅力👍

    聖人と思われていた人物がとんでもない裏の顔を持っているという、いつの時代にも存在しそうな人物像がリアルに描かれています👤
    (TVの必殺シリーズでは、第2弾「必殺仕置人」の ‘念仏の鉄’ に受け継がれていましたが、やはりここでも骨接ぎという職業が人間の生死を分けていたというのが魅力でした)💀

    鍼医者の梅安を演じるのは TVシリーズと同じ緒形拳🗡
    そして同じく林与一のキャスティング....ただし林与一の役名は小杉十五郎で西村左内ではない(小杉の方が原作に忠実)📺

    二人の仕掛人たちが仕掛けるシーンは、闇の中のシーンと昼間のシーンを対照的に上手く繋げた仕上がり👍
    後者の場面は、梅安と小杉が二元同時に仕掛けを行う展開になっていて面白い👍
    白昼堂々と実行される仕掛けで、悪がついえて行く爽快感がたまりません👍
    これこそ必殺シリーズの醍醐味🤗

    脇を固める敵役もなかなかのキャスティング💀
    これは性格俳優 ‘佐藤慶’の独断場とも言える作品かもしれません🎬
    悪徳商人のオーラを余すとこなく発散させて、梅安に仕掛けられても仕方ないという気にさせる怪演😱
    また、刑事コロンボの初代吹き替えを務めていた小池朝雄も雰囲気が並でないですね👍
    こうした名優の方々の不在が現在の日本の時代劇を衰退させたのでしょうかと思ってしまいます🤔

    最後にドラマ版の方に「必殺仕掛人」のタイトルがエントリーされていないので、TV版のマイエピソードベスト3を記しておきます📺

    第3位 「正義にからまれた仕掛人」...性格俳優・伊藤雄之助がゲスト、珍しく元締の音羽屋半右衛門(山村聰)が仕掛けに加わります🤭

    第2位「仕掛けに来た死んだ男」...のちに「助け人走る」で中山文十郎を演じる ’田村高廣‘ (田村正和の長兄)が登場するエピソード⚔️

    第1位「理想に仕掛けろ」...佐藤慶がゲスト出演する珠玉のエピソードです👍

    こうやって見てみると、やはり現代の俳優陣にはない独特のオーラを持っていた方々ばかり...昭和の時代の役者陣の層の厚さを実感しました📺
    昔のTV時代劇は凄かったんだとつくづく...🤔

  • 3.2

    ka28marさん2019/08/30 21:10

    映画化の第2作目。
    TVシリーズと同じ、緒形拳と林与一のコンビ。知ってる仕掛人の本家本元ね。
    やっぱりイイネwww
    悪役の佐藤慶と小池朝雄がええ味だわw

  • 3.6

    滝和也さん2019/06/22 08:17

    晴らせぬ恨みをはらし
    許せぬ人でなしを消す
    いづれも人知れず
    仕掛けて仕損じなし
    人呼んで仕掛け人
    ただしこの稼業
    江戸職業尽くしには
    のっていない

    「必殺仕掛人 梅安蟻地獄」

    必殺仕掛人映画版、真打ち登場!鍼師藤枝梅安に緒形拳!そして相棒に同じく林与一。元締め音羽屋に山村聡とTV版のメンバーが揃う初作品にして映画第二作です。

    でも…あれ?林与一が西村左内じゃない。しかも初めから仲間じゃない?小杉十五郎…? 調べてみたら、原作版からの登場なんですね。このキャラクター。素浪人の剣の使い手である故にほぼ同じ。TV版の西村左内の影響で作られたキャラだそうで、途中で違和感はなくなりました(^^)

    梅安は愛妾のお問の井筒屋から出た後、いきなり浪人に切りつけられる。だがその浪人は人違いをしたとその場を去る。井筒屋に戻った後、自分と似た姿の男が、商人と来ているのを見る。翌朝元締めから依頼された仕掛の相手は、その商人伊豆屋だった…。ある藩のお家騒動の秘密を握り、ゆすりを行う伊豆屋、そしてそれに加担した弟の医者。その医者も藩内である女を自殺に追い込んだ悪…。二つの悪を追う仕掛人と仇うちを狙う素浪人。二つの正義が重なる時、一世一代の大仕掛けが始まる…。

    やはり梅安は緒形拳でないと、と感じさます。その軽妙洒脱さ。江戸のイキを感じさせてくれる演技がいい。いい意味での女好きや軽さが市井にいる人物に溶け込み、仕掛シーンとのギャップを楽しませてくれる。このキャラが仕置人の念仏の鉄や八丁堀、中村主水に分派して引き継がれるのが分かります(^^)

    的になる伊豆屋に佐藤慶。その弟に小池朝雄と強面兄弟が揃い、中々厄介(笑) 兎に角用心深い。まぁそりゃそうですよね。藩を揺する奴らだけにガードが硬い。暗殺者である仕掛人にはこれが厄介。しかも頭が切れて反撃してくる。襲うものは立場が逆転すると辛いもの。狭く暗い梅安の屋敷内の殺陣が見所として用意されていました。

    ガードが硬いゆえに、梅安が一計を案じる大仕掛がやはり見所。小杉の仇討とのカットバックで繋がれた演出がなされて中々面白い。小杉の山中の川辺での殺陣も泥臭さが良く、川に流れる血の演出も鮮やかです。惜しむらくは繋ぎのラストの順番がイマイチかなと思うものの、後期必殺の闇夜の仕事シーンとは、また違う味わいがあり、楽しめました。

    因みに…初期必殺はお色気シーンもあって(笑) その一翼を担う女優さんに松尾嘉代さんが(^^) あの物憂げな色気は素晴らしい(笑) 最近良く見てますし(^^)

    必殺をシリーズ化させた第一作だけにやはり面白い。時代劇が衰退した今こそ、きっちりとした役者さんで復活しないかなぁ(T_T)

  • 3.3

    としさん2019/04/30 21:42

    2019年4月30日 #必殺仕掛人梅安蟻地獄 鑑賞
    劇場版第2作。前作は #田宮二郎、#高橋幸治 主演だったが今回はドラマと同じく #緒形拳、#林与一 のコンビ。緒形拳はこの頃から色気と迫力は異次元ですね。トランペットの音が裏稼業の雰囲気に合ってますね!お色気シーンもたっぷりあります。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す