お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

必殺仕掛人 梅安蟻地獄

G

緒形拳、林与一といった待望のキャストを迎えて贈る、池波正太郎原作の“必殺”劇場版第2弾!

表向きは鍼医者、裏では仕掛人として暗躍する梅安は、ある夜、医師の宗伯に間違われ、浪人から斬られそうになる。その数日後、羽振りのいい伊豆屋の暗殺を依頼されたため、伊豆屋と医師・宗伯の密会現場を見張っていた梅安は、そこで自分を襲った浪人・小杉十五郎とばったり遭遇する。小杉もまた、ある娘を窮地に追いやった宗伯の命を狙っていた。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
1973
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2014-05-30 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

時代劇・歴史劇邦画ランキング

必殺仕掛人 梅安蟻地獄の評価・レビュー

3.3
観た人
146
観たい人
46
  • 3.8

    TakejirouNakamaさん2022/01/07 06:34

    2022 1.7
    三度目か?
    時代劇シリーズでは好きな部類
    緒方拳が若い
    佐藤慶は悪役が似合う!

  • 3.5

    あんばたりあんさん2021/12/28 21:41

    劇場版1作目では梅安と西村左内役が違うキャストでしたが、今回の2作目ではテレビ版と同じキャストで製作されています。それなのに林与一さんは西村左内役では無く、小杉十五郎という役だから複雑です、西村左内で良いのに。
    しかし雰囲気はテレビ版と同じなので必殺シリーズ好きならば違和感なく楽しめます
    最後の殺しのシーンは『仕掛けて仕損じなし』です

  • 3.5

    こやちさん2021/12/27 16:09

    緒形拳の藤枝梅安。林与一が浪人小杉で登場。

    50年近く前の作品であるが、なかなか軽妙洒脱で古さを感じない。緒形拳がチャーミング。小杉は仕掛人が金で人を殺す事に嫌悪感を持つが、じゃあ自分は何なんだという矛盾を孕む。悪人役の佐藤慶と小池朝雄の二人の人物描写が通り一遍ではなくて面白い。
    結構色事が出てきてここは時代を感じる。浮世風呂と浮世床で情報収集。蟻地獄というほどの蟻地獄感は薄い。
    それにしてもみんな若い。緒形拳もツヤツヤしてた。

  • 3.2

    三人寄ればデントナ内野手さん2021/12/24 21:58

    銭湯で秋野太作がしゃべってるうしろを横切った全裸女性、ビキニパンツの日焼け跡がくっきりだったんだけどあれはええんか。

  • 3.0

    コブレッティさん2021/12/24 06:42

    緒形拳、ギラギラしてますね。オープニングからトランペットとギターという時代劇というより西部劇のような曲。

    江戸時代、鍼灸、按摩は盲人の専任職業だと思ったらそうではないのね。詳しい方がいたら教えて下さい。

    あと江戸時代でガチで混浴だったんですよね…凄いですね昔の日本人。当然風紀が乱れて銭湯という看板の風俗店になってたという事もあったそうです。ペリー提督がビックリして混浴をやめさせたと聞いたことがあります。

    ドリフの映画を撮った監督なので時々コントみたいな演出がありますね。梅安の弟分の人、寅さんの舎弟の登ですね。ケレン味たっぷりの娯楽大作でした。

  • 3.0

    かずシネマさん2021/09/08 21:20

    話はまぁ説明無用のお決まりの感じ。
    そして安定。

    天下の大商人に俺はなる!な佐藤慶と、「うちのカミさんがね」な小池朝雄が必殺される側の兄弟。似てない兄弟やなw
    兄ちゃんが子供時代の自分達を思い出して非道になりきれない演出が好き。
    佐藤慶はドラマも含めて4回くらいターゲットにされてるのだっけ。

    餅投げくらい終わるまで待ってあげてもええやん。やぐらの下にいるお祭りに来た人達もあんな事になったらトラウマもんやし、降ってくる包を待ってるのに人間が降ってくるなんて迷惑やし…
    というか、不審なひょっとこからカゴを受け取るのはよせ!と思ったw

    で、兄弟は悪人には変わりないが、正直必殺される程悪人か?と思ってしまった。
    特に兄貴は、都合が悪くなったから尻尾を切られただけに思えた。
    シリーズの各作品毎の主役・悪役の演技を見ることに重きを置かれた作品とは思うから、その辺はあまり重要ではないのかな。
    あと折角の佐藤慶なんやから、もっと狡猾な感じのキャラでも良かったと思うな。
    ちょっとだけ詰めが甘い人だったから。
    不審なひょっとこから平気でカゴを受け取ってしまうし。(2回目)

    緒形拳は好演だった。
    うっっっさんくさいw笑顔がええね。
    菅原文太なんかもそうなんだが、内面がより表情に出る様になるからなのか歳を重ねられて優しい顔になってからよりも、ある程度若い時の方が普通に顔が怖い。それが役柄に合っていて良い。
    人違いで殺されかけたの、笑えないのにお間抜けで笑ってしまう…。
    裏の仕事から抜けたいのに抜けられないのが蟻地獄って事なんやろか。

    自分も緒形拳にマッサージしてもらいたいわw 鍼って効くんかなぁ。

    水羊羹とお蕎麦美味しそうだった。

  • 4.0

    スターさん2021/09/02 22:23

     面白かった。出演者みんな若いなあ。物語は、表は鍼師、裏では殺し屋の梅安の活躍を描く時代劇。
     刑事コロンボの吹き替えで有名な小池朝雄も悪役で登場。怒った時の声は、コロンボまんまですw

  • 3.8

    MiYAさん2021/08/31 22:12

    やはり藤枝梅安は面白いよ! もっと見たい!

    池波正太郎の原作の魅力は「殺しを依頼したのは誰か」と「どうやって殺すか」という2つのミステリーが絡まっているところにあります。本作は前者の要素は希薄ですが、憎々しい悪役2人を、梅安と小杉三十郎が連携しながら、それぞれを殺めるという展開がすこぶるスリリング。もっとも原作ファンとしては吹矢の彦次郎がいないのは残念ですが(しつこい)。

    前作の田宮二郎の梅安も良かったですが、緒形拳の仕掛人としての凄みのある表情と、時折り見せる剽軽な顔とのギャップが良いなぁ。お調子者の秋野太作もいて、仕掛人の本領であるノワールな部分と、ユーモラスな部分とが映画の中でうまいこと併存していますね。

    BS日テレ「特選時代劇」にて。

  • 3.9

    ゴン吉さん2021/08/28 03:28

    金で暗殺を請け負う必殺仕掛人シリーズの第二作目。
    主演は緒形拳。 

    江戸時代が舞台。
    人違いで浪人侍に斬りかかられた鍼医者の梅安(緒形拳)。
    浪人侍は梅安を仇の相手と間違えていた。
    そんな折、梅安は蝋燭問屋の主である伊豆屋長兵衛の暗殺を引き受ける。
    梅安の標的と侍の仇には意外な接点があった..........  

    梅安と侍のコンビが楽しめます。
    特に梅安を演じる緒形拳が好演しています。
    一方で、悪人の悪行が十分に描き切れていないような気がします。
    副題の蟻地獄は梅安の自宅に仕掛けられた罠のことですが、蟻地獄のイメージとはほど遠く、少し拍子抜けしたのが残念。  

    「一人でやる 銭金じゃねえんだ!」
    「いっしょにやりましょう(笑)」

    BS TVで鑑賞(BS日テレ)

  • 3.2

    scotchさん2021/08/26 23:09

    梅安は田宮二郎から緒形拳へ。元々TVドラマはそうだったようですね。田宮の衝撃自害への影響はなさそうです。林与一もTVドラマからのようです、微妙に役名は違うよう。
    佐藤慶と小池朝雄が今回の悪、ハマってます。前作からの津坂匡章(秋野太作)もいい味。
    話は安定、安定のど定番。ただ、そんな人目のあるところでやらなくても(笑)緒形梅安は好色度が強いですね。
    BS日テレ

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました