お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

女王蜂

G

石坂浩二主演による金田一耕助シリーズ第4作。

石坂浩二主演による金田一耕助シリーズ第4作。大道寺家の美女・智子をめぐり、婚約者の座を狙う男たちが次々と殺されるという不可解な連続殺人事件に金田一耕助が挑む。だがそこには意外な結末が…。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
1978
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2015-10-06 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

サスペンス邦画ランキング

女王蜂の評価・レビュー

3.4
観た人
1239
観たい人
362
  • −−

    macoさん2020/07/08 11:14

    金田一はやっぱり女性が魅力的だ。とくに純真な若い女と、苦労を重ねてきた母親世代の女との対比は毎回見事だし、残酷でもあるなと思う。

  • 3.3

    文学したいさん2020/07/05 15:35

    岸惠子がお綺麗で。
    原作・テレビ版含めて金田一耕助シリーズは有名どころ見ましたが、女王蜂は他の作品よりも人間関係が読み取りやすい気が。「こいつ死ぬな」と思っていると、「あっ!!」と叫んで死ぬシーンがタイミングよく現れるので思わず笑う他ない。
    智子が小娘すぎてあまり魅力的に見えなかったのは残念。
    邦画に疎いわたしが見るにも女性キャストたちは豪華だった。

  • 3.5

    50Kenzoさん2020/07/05 03:07

    市川崑監督、金田一シリーズの4作目。

    本作の見所は、仲代達矢と岸恵子の、道ならぬ愛の行く末だと思います。なんでこの人こんなに虚ろな表情してるんやと思いながら観てましたが、終盤に合点がいきました。

    ただ一点、ヒロインの中井貴恵に、女王蜂と呼ばれるほどの妖艶さがなかったのがアレでした(-_-;

  • 4.0

    チェケさん2020/07/04 17:24

    金田一映画は結局いつも似たような因果ものになるので、ストーリーよりも映像と役者の力量で面白く感じるかどうかが決まる。今回は、ラスト1分で全てを持っていく加藤武の「粋」と、岸恵子の凄絶さが見事だった。大滝秀治の「えぇ!?」には笑った。中井貴恵は大根。

  • −−

    ぽんぽちゅりさん2020/06/27 18:10

    小学生の時見た女王蜂、時計のネジネジんとこのシーンめちゃ怖かったせいで、大人になってから見たカーズ2の時計ネジネジのシーンが妙に怖かったという

  • 3.5

    banchouさん2020/06/27 15:03

    横溝正史ものっておどろおどろしいという子供の頃の勝手なイメージで敬遠していました。
    が、意外と観れるというのが率直な印象。
    俳優陣も豪華だし、セットも手が込んでいますね。
    市川崑の斬新なカメラワークも大変興味深いものでした。
    田中健の殺され方と仲代達矢の学生服姿にはちょっと笑っちゃいました。

  • 3.8

    ダオさん2020/06/25 23:14

    1978年につくられた市川崑監督作品。石坂浩二演じる金田一耕助シリーズの第4弾。

    長い時間をかけて犬神家、悪魔、獄門島とみてきましたがね、役者陣はメインどころだいたい一緒なんですよね、なんかおもしろい。

    だんだんと複雑なお話になってきましたこのシリーズ、『女王蜂』では男女問題がずいぶんと複雑に絡み合ってしまいましたね、あやうく置いてきぼりをくらうところでした。

    にしてもこの『女王蜂』ってタイトルはどのあたりからくるんですかねぇ? もう少し蜂のイメージあっても良かったような気がしないでもないですかね。

    沖雅也カツコイイ!

  • 4.0

    しゃちょーさん2020/06/24 01:27

    市川+石坂の金田一シリーズで最も映像演出が好きな作品。何回か登場人物の顔がずらっと並ぶ画面分割のシーンが印象的。仲代の学生服は物語の上で仕方ないとは思うが、ちょっと笑ってしまう。

  • 3.6

    Itasinさん2020/06/23 00:34

    市川×石坂金田一シリーズを変わった順番で観る3本目。
    伴淳三郎と三木のり平に全部持ってかれた感が凄いが、石坂浩二の金田一にも自身が満ちてきた感じ。

  • 3.0

    SYUさん2020/06/22 17:47

    2020/06/22
    2020年59本目
    監督 市川 崑
    石坂浩二
    仲代達矢

    【 唇にミステリー】

    旧家の跡取りである、美しき娘の周りで次々と起きる殺人事件に挑む金田一耕助と、哀しき事件の結末を描く市川崑×石坂浩二による金田一耕助シリーズ第4作。

    このシリーズは、昔大晦日の深夜映画としてよくTV放送されていたが、子供の頃に一回見た時に冒頭の時計台のシーンがあまりにも怖くて見るのをそこでやめた、そのトラウマでこれまで5作中本作だけが未見だったがこの度やっと勇気をだして見る事ができました。

    前述のシーンを除けば、他作品に比べるとおどろおどろしさは控えめですが、過去のシリーズに出演した女優達が総出で出演しているのは見応えあり、当時新人として出演した中井貴恵が美しい。

    勿論、加藤武の等々力警部、坂口良子の宿屋の娘等お馴染みのキャラもしっかり登場。
    他キャストも仲代達矢はじめかなり豪華、沖雅也(スコッチ!)、小林昭二(おやっさん!)、佐々木剛(2号ライダー!)等、TVっ子だった自分には懐かしの役者さん達の登場に嬉しく思いました。
    ただ、個人的には神山繁演じるクズな霊能力者の髪型が1番ツボでした。

    一応密室の謎解きもあるがトリックは弱め、ただ登場人物達の意外な繋がりが明かされるクライマックスの謎解きシーンはやはり盛り上がります。

    哀愁漂う、お決まりの終わり方が良い一本。
    シリーズで1番好きなのは「悪魔の手鞠歌」、
    久しぶりになんかまた見たくなりました。

    余談ですが、伴淳演じる巡査の妹役で登場する女優さんが、めちゃバービーに似ていてこれがまたツボでした、自分だけかもしれませんが、これから見る人はちょっとだけ注目して見てください。

    "市川版「金田一女優オールスターズ」"

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す