お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

真ひきこさん

G

「口裂け女」よりも恐ろしい、「ひきこさん」。彼女は何のために、子供ばかりを餌食にするのか!?

「ひきこさん」とは?本名は、森妃姫子。姓名を逆に読むと「ひきこもり」になる。いじめと虐待を受けて、ひきこもりとなった彼女が、その恨みから小学生を襲う。「口裂け女」に次ぐ都市伝説のひとつ。 小学生時代、「ひきこさん」に襲われた鈴木篤志と、それを目撃した5人の同級生たち。篤志はそのまま行方不明となった。 10年後、同級生のひとりが交通事故で亡くなって、4人は再会する。しかし、新聞記事にもなった篤志の事件の記憶は全員が失っていた。あまりにもショックが大きすぎたためか? それとも…。 彼らの担任だった久野瑞穂は、事件の責任を負って教師を辞職していた。彼女は4人に、この地区が「ひきこさん」の発祥地であると語る。瑞穂が小学生の頃、ひたすら男子生徒からいじめられていた森妃姫子という同級生がいた。彼女こそが「ひきこさん」なのか? そして4人は、ひとりずつ行方不明になっていく。元生徒たちを救うため、瑞穂は「ひきこさん」の正体を暴こうとするが…!?

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2009
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2016-07-29 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330

ホラー邦画ランキング

真ひきこさんの評価・レビュー

1.8
観た人
59
観たい人
9
  • 1.4

    薔薇乙女さん2021/06/09 17:22

    あらすじ

    学校にいた子供たちが、ひきこさんを見たと大騒ぎ。

    10年後に再開した面々だが、次第に一人ずつひきこさんに連れて行かれ、、、というお話。

    んー、退屈でした🥱

  • 1.0

    マサショウさん2021/05/07 10:56

    すごい笑った〜
    ツッコミが追いつかない〜
    ひきこさん昼間から出るし
    ひきこさん出てる後ろで人が普通に通るし
    車も通るし見逃しただけで撮影見てる人いるんとちゃう? www
    間違い探しとしては、いいと思います。

  • 1.8

    モモジェンヌさん2021/05/05 12:04

    ビジュアル重視のホラーやな〜
    なんで題材がひきこさんの映画って面白くないんやろ?

    てか、ひきこさんの弱点知ったならちゃんと用意してからバトリに行けよ😣
    事前準備って大事やな

  • 1.0

    焙煎マンさん2019/10/01 16:01

    前回のひきこさんの続編というわけではなく、同レーベルでリブートされた全く別のひきこさん
    そもそもの話をしてしまうと、僕はこのひきこさんという怪談自体が怖いか?と思ってしまっているので、あまり引き込まれるものが無かった。
    血まみれで顔が傷だらけの女が肉片になるまで引きずり回す。という現実離れした設定がリアリティとかビジュアルの非現実感を引き立てていて「あるわけないでしょ!」が先立ってしまうんですよ

    まあ設定に関しては、元の都市伝説自体の問題なのでこの作品に大して言うことでもないと思います
    それに、前回の無印ひきこさんと比べるとこちらのほうがちゃんとモンスター「ひきこ」をメインに添えていてホラーしていたので良かったとは思う
    演技も滑舌の怪しい人が何人かいましたが、前回より良かったです(一番酷かったのが被害にあった小学生の父親役…お香をあげるシーンだったので、神妙なセリフが全て棒になっていて妙な空気になっていた…)

    それでもこの作品に良いをあげられないのは、ひきこさんに翻弄される人々に感情移入出来なかったから
    数年前にひきこさんと対峙した高校生?の彼らが立ち向かうまでは良いんですけど、結束とか仲良いシーンとかが「あの頃よく遊んだよね」という会話だけで終わってしまったので、仲良しが怪物に引き裂かれる悲劇性というか、ドラマが無く淡々と一人ひとり死んでしまう感じに見えてしまう
    それに、彼らの人物像もあまり見えてこないので死んで欲しくないと思えるキャラクターになる前に死なれても、こっちの感情は揺さぶられない

    人物で良かったのは久野先生かな。
    教え子が行方不明になってその後亡くなってしまった負い目から、ひきこさんを追い続ける。大した証拠も無いけど執念でひきこさんの噂に辿り着く
    飛び抜けて魅力的な人物かと言われると微妙だけど、しっかりとした行動に対する理由付けがハッキリとしている人物なので彼女が主人公なのかと…
    ひきこさんの噂は信じていない。犯人は別にいるのでは?と考えるクールな一面もあって、変にオカルティックなキャラになっていないのも良かった
    不満があるとすれば、ひきこは元同級生のいじめられっ子で見て見ぬふりをしていたことに負い目を感じる描写があったのに、ひきこと対峙するシーンで特に何もなかったこと…その上、久野先生だけおいてけぼりENDなので逆に元同級生だとかそういう設定持て余してしまったなぁ…

    無印ひきこよりも惜しさは感じる一作。終わり方自体は好きだけど、前述した人物描写に対する不満からのめり込めなかった

  • 2.1

    ひでりんstarさん2019/09/15 00:03

    前作がひきこさんの伝説に影響された少女がひきこさんになる話だったので、今度こそ真のひきこさんが観れる!と思ったのに、何だよこの劣化貞子みたいなモンスターはよ!!!

  • 2.2

    ポーさん2019/03/03 16:43

    GYAO!で3/25まで観れるよ。
    前回ひきこさんが序章的なので、
    今回からひきこさん本格始動です。
    演技力ゼロのアイドル河西さんがなぜか生き返って別名で出演w
    時系列とかいろいろw
    元AKBの河西智美の姉らしい。
    次作のエクスリベンジャーズ ひきこさんwにも出演してるというから驚き。
    何のコネw
    エクスリベンジャーズもGYAO!で3/5から配信とのことで、とりあえず観ますか(くそだりぃ)。

    とりあえず、ひきこさんがクソメンヘラ女ということがわかった今作でした。
    あと、先生気づいてあげてw

  • 1.4

    ちゃんこなべさん2018/05/17 12:27

    「ひきこさん」シリーズの2作目「真ひきこさん」

    何が「真」やね~~ん。
    1では爪に針とか椅子に画鋲とか謎にイジメシーンに力を入れてたから
    それと比べると1よりはしっかりホラーしてたかな?
    それでもあたしが見れるぐらいのレベルなんで全然怖くないんだけどね。

    今回もまじでやばかったわあ。
    1で死んだっぽい役した女の子がまた別の役で出てるし、
    1で出てきた家とまったく同じ家で撮影してるやん。監督の家なん?

    時間の無駄にもほどがあるよ~ん。

  • 1.1

    やらぎさん2017/08/24 21:40

    誰が主人公か最後にならなきゃ感情移入出来なかったりイジメッ子が何で今さら襲われて先生が無事なのかとか突っ込み所が多い

  • 2.0

    Shinnosukeさん2017/07/24 00:53

    他のシリーズよりしっかりホラーしてます。
    でも演技が酷い。
    大学生のサークルの方が良いのではないかと思うレベル。

  • 2.0

    ノッチさん2017/01/03 22:29

    ひとりの小学生が同級生5人の目の前で“ひきこさん”に襲われ、行方不明となった。

    その10年後、目撃していた同級生たちが次々に消えていき、彼らの担任だった久野瑞穂は調査に乗り出すが…。

    いじめと虐待を受けてひきこもりになり、その恨みから小学生を襲うという都市伝説のひとつ、「ひきこさん」を描いた第2弾。

    ひきこさんのビジュアルは冒頭からグッド。

    何も前触れもなく登場するひきこさんのビジュアルは前作より力が入っていたと思います。

    カエルをムシャムシャするシーンは今までにないし、昼間にバケモンと格闘するシーンはある意味斬新。

    昔のことを思い出したら襲われるという恐怖感の煽り方は防ぎようが無く、『エルム街の悪夢』みたいで良かった。

    ただ、ストーリーは最初の方は怪談的な恐さがあるが、話が進むにつれ昼間のシーンが多くなっていくせいで怖さ半減。

    そして何より、キャストの演技が素人級で萎える。

    特に中年のオッサン3人。

    その辺で適当に捕まえたド素人じゃないのかと思うほど。

    このテの映画で演技力がどうのと言いたくないが、ここまでしょぼいと泣けてしまう。

    あと、ひきこさんの犠牲者は行方不明になる場合と、死体が見つかる場合があるけど、なんでだろう?

    オチもこれと言って深い意味もないし、なんだかなぁ。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る