お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

3月のライオン 前編

G

羽海野チカ原作。17歳の将棋のプロ棋士・桐山零と、彼をめぐる人々の終わりなき冒険の物語。

中学生でプロ棋士としてデビューした桐山零は、東京の下町に一人で暮らしている。幼い頃に交通事故で家族を失い、父の友人である棋士の幸田に引き取られたが、自分のせいで幸田家に亀裂が入り、家を出るしかなかったからだ。深い孤独を抱えてすがりつくように将棋を指し続けていたある日、零は近隣の町に住む川本家の3姉妹と出会い、彼女たちとのにぎやかな食卓に居場所を見出していく。温かな支えを胸に、闘いへと飛び込む零。若手NO.1を決める新人戦、最高峰を決める師子王戦― それは、様々な人生を背負った棋士たちが、頭脳と肉体と精神のすべてを賭ける壮絶な闘いだった。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

青春・学園邦画ランキング

3月のライオン 前編の評価・レビュー

3.6
観た人
26745
観たい人
16021
  • 3.7

    tuki53さん2021/09/20 00:02

    めちゃめちゃ豪華なキャスト!!出てくる人みんなわぁーってなる♥︎
    神木くんひとつひとつ演技がうまいなーやっぱり!
    将棋の世界も大変だなぁ。。

  • 3.9

    いなばさん2021/09/18 13:10

    将棋を知らなくても楽しめる作品。
    役者の感情表現が上手すぎる。それだけで魅せられる。
    将棋という少し難しい内容のように思えるが、アクションと同じような感覚。主人公の強さや挫折、成長に惹き込まれる。

    全体的に暗いシーンが多いが、明るい温かいシーンが対を成すように描かれている。だが、その温かさにも背景が存在する。二対の中にも複雑さがある。

    人物一人一人の背景がうまく描かれていて、少し入れこみすぎてる気もするが、感情移入しやすくなっていて、この映画の魅せ方には必要不可欠なのではないか。個人的にはこの魅せ方大好き。

    高橋一生のキャラ好きだな。
    有村架純かわいい。清原果耶かわいい。倉科カナかわいい。

  • 4.5

    yukihiro084さん2021/09/17 18:46

    妻と知り合って22年。妻は今も、僕の
    姿が見えなくなるまで手を振り続ける。

    結婚してから、妻は鍋をよく作った。
    僕ら2人しかいないのに、妻が買って
    きた鍋は、どう見ても、4〜5人分の鍋で、
    頑張って食べた後、ニコニコしながら妻は
    言う。『おかわり、あるからね。』
    そして今、在宅。冷蔵庫を開ける。
    妻が用意した僕のお昼用のおかずが
    見える。それぞれの小皿に、四角い
    ポストイットが貼ってある。
    『〇〇もあるでよ!』『〇〇も食べて
    ちょ!』手書きのコメント。そのポスト
    イットを捨てれずに取っておくと
    妻は『何で取っておくのよ?』と笑う。

    見たことも、出会ったこともない、
    温かさに、最初僕は、戸惑っていた。

    Netflixにあって、いつか見よう、
    いつか見ようと思っていた作品。
    やっと観ました。

    すごく良かったです。すごく。

    語りたいこといっぱいあります。
    まず、音楽。
    音楽が印象深かったです。
    詳しくはわからないんですが、
    心音のようなドラムのソロ、
    悲鳴のようなバイオリン、
    深く落ちていきそうなチェロ、
    時には即興のようにも聞こえる、
    ジャズのような音色。

    ジャズ。セッション。即興の音楽の
    イメージ。相手がいて生まれる音色。

    なんか、将棋に通じるなって、
    なんか、演技にも通じるなって。
    もっと言っちゃうと、
    生きることにも通じるなって。

    だって、全て、
    ひとりじゃ、何も出来ない。

    過去の(痛み)からひとりぼっちの
    高校生棋士が、ある日、近所に住む
    3人姉妹に(拾われる)。
    全ての人と距離を取って生きてきた
    彼は、その出会いをキッカケに
    自分を取り巻く環境を見つめ直してゆく。

    そして、役者さんたち。
    あ〜みんな良かった。

    問題、染谷将太はどこにいたでしょう?
    問題、中村倫也はどこにいたでしょう?
    そんなクイズを出したくなる。
    言われなければ気付かないだろう。
    実際、僕は、中村倫也に気付かなかった。
    僕は、上野樹里と中村倫也が夫婦を
    演じているダイワハウスのCMが好きだ。
    放送されてから数年経つが、上野樹里の
    相手役が中村倫也だと言うことに気付いた
    のは、つい最近だ。俳優って凄いね。
    今作はそれ程大きな役ではなかったけど、
    目が言ってしまうキャラクターだった。

    染谷将太も上手いね。二階堂役、
    素晴らしかった。その熱さ、その声。
    言霊とも呼んでいい、けっして軽くない
    二階堂から発せられ言葉。それを発する
    俳優力。染谷将太、あっぱれでした。

    同じく、島田を演じた佐々木蔵之介。
    蔵之介さんの佇まい。表情、その声。
    声。全てを包み込むような、その声。

    伊藤英明も良かったです。
    草食系ばかりのキャラクターの中で
    強烈な異物感。禍々しいほどの、
    魔物感、野生感、デ・オウ感。

    主人公の零が対戦することになる
    個性的な棋士たち。
    特に、甲本雅裕。魂か、良心か、
    人間味か、何かが擦り切れてしまった
    感じが、素晴らしかった。

    お父さんを演じた豊川悦司さんと
    神木くんのシーン好きでした。
    有村架純と神木くんのシーンと
    好きでした。家族のようで
    家族ではない、そんな家族の
    再生は、そんなに簡単じゃない。
    あと、あと、先生役の高橋一生と
    神木くんとの屋上のシーン。
    零と先生の距離が近くてニヤニヤ。

    そして、神木くん。
    テンポアップするドラムの音。
    走る神木くん。そして、、、
    誰か優しくハグしてあげて、と思う。
    玉子焼きをパクッとして、
    (おろっ?)となって、もう一つ
    パクッとするところが好き。

    なかなか素を見せなかった主人公が
    見せた、素直な反応。それは、
    これまで出会ったことのない、温かさ
    だったのだろう。

    そして、川本家3姉妹。
    倉科カナのお姉さんぶりも、
    ももちゃんの可愛いさもたまらないが、
    とにかく、清原果耶が素晴らしい。
    何だろう、あの目の力は?
    あの間は、何だろう?
    引き寄せられてしまう。

    妻はズルい。
    体型も丸ければ、顔も丸い。
    ニコッとすると、さらに丸くなる。
    絵本に出てくるスノーマンみたいだ。
    自分はyogiboのクッションみたいなのに
    『はい、休憩、休憩。』と言って、よく
    居眠りをしている。『くかぁ〜』と
    寝息を立てながら。

    見たことも、出会ったこともない、
    温かさに、もう僕は戸惑うこともない。

    後編も続けて観た。一気に観た。
    可能なら続けて観て欲しい。
    まずは前編のレビューを。

  • 3.7

    TadashiSakabeさん2021/09/17 12:19

    藤井聡太三冠記念で鑑賞
    将棋はルールをちょっと知ってるだけで、興味も何も無いけど、それでもこの作品は充分面白い👍
    藤井聡太のやってることは本当に偉業なんだと思った😳
    ただ、あんな有村架純は見たくない😩

  • 2.9

    なめこさん2021/09/15 19:04

    映画評価基準
     
    この映画が好きか 5
    没入感 6
    脚本 6
    映像 6
    キャスト 8
    感情移入度 7
    音楽 6
    余韻 5
    おすすめ度 6
    何度も見たくなるか 4
     
    計59点

  • 3.6

    Wataさん2021/09/14 22:00

    "そうして今、僕はここにいる。"


    モノローグの多い原作なので、どうやって映画化するのかな、と思いながら鑑賞。

    ちょっと説明ゼリフ感でちゃうけれど、原作の雰囲気いい感じに出ていました。
    将棋の駆け引きはちょっと厳しいものがあったけれど…。


    駆け足で、端折られてたシーンも多かったかな…?
    川本家大好き人間なので、後編では川本家のあったかさをもっと出して欲しいな〜。笑


    それにしても神木くんの零は完璧だし、配役みんな良すぎじゃないですか!?

    有村架純てっきりあかりさん役かと思っていたのですが、まさか香子だったとは!

    全然イメージなかったのですが、意外と意地の悪さと色気出ていてしっくり来ていたし、倉科カナのあかりさんも良かったし、島田8段もナイスキャスティング!


    後編も観ます。

  • 3.2

    たけこさん2021/09/12 22:06

    原作知ってて、「こんなシーンあったな〜」とか思いながら楽しめたけど

    原作知らなかったら、暗くて楽しめる自信ないなぁ。

    登場人物の人間模様がかなり複雑な作品だと思うから2時間では消化できないのかなぁ。
    比喩とかも結構使うイメージあるから、声だけじゃ掴みにくいしなぁ。
    島田8段はピッタリやったで。

  • 3.0

    azunagaさん2021/09/10 14:43

    大友監督は人の揺れ動く感情を映すのが本当に上手いなと常々思う。漫画に忠実で、だけどそこにリアルがある映画ならではの描写は自然と主人公の背中を押したくなる。神木くんは憑依型だといつも思うのだけれど、これが2017年…青年になって深みを増す神木くんを追いかけ続けたい。

  • −−

    Mayuさん2021/09/10 12:15

    '21 72作目

    ヘアスタイルでこんなにも印象変わるんだって思わせてくる神木隆之介(笑)
    架純ちゃん出てたの知らなくて出てきて歓喜した!複雑な思い持ってるねお姉ちゃん。

    三日月堂の方々が優しくて温かい!
    将棋のルール覚えたくなった〜

  • 3.8

    じゅんきちさん2021/09/09 10:06

    この映画は観ていなかった訳じゃない。
    いまとなっては思い出せないけど、原作の大ファンであることなのか、ひどかったイメージしかなかった。

    それで今まで敬遠してたけど
    新巻がでるタイミングで再視聴
    うん。
    悪くない。
    何であんなに嫌だったのだろ
    それがわからないくらいだった

    原作はゆっくりとゆっくりとそれこそ10年以上紡いできた物語
    それがだった二時間で表現しないといけない難しさ。これが一番大きいかな
    原作もずっと読んでなかったし、フラットな目で見れたからかな。

    まだ完結していない作品の難しかった
    エピソードを切り取ることの難しさを感じた一本

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る