お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

3月のライオン 後編

G

羽海野チカ原作。17歳の将棋のプロ棋士・桐山零と、彼をめぐる人々の終わりなき冒険の物語。

桐山零の川本家3姉妹との出会いから1年、今年も獅子王戦トーナメントが始まったが、最高峰を目指す棋士たちに様々な試練が降りかかる。トップに立つ将棋の神の子と恐れられる宗谷名人でさえ、ある秘密を抱えていた。一方、零が別れを告げた師匠の家庭は崩壊へと向かっていく。さらに、ある事件が川本家を襲い、川本家の3姉妹を捨てた父親が現れ、耳を疑う要求を突き付ける。強くならなければ大切な人たちは守れない―

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

青春・学園邦画ランキング

3月のライオン 後編の評価・レビュー

3.6
観た人
19622
観たい人
10334
  • −−

    wakoさん2021/04/17 13:33

    どちらかと言うと、
    聖の青春、もっかい見たくなったな
    ちょび髭ちょっといやだけど、
    やっぱり高橋一生いい役者だな〜〜

  • 1.3

    みーごさん2021/04/16 13:02

    原作の大ファンだが、残念すぎた。
    前編はまだ良かった。後編が最悪。

    俳優の将棋を指すシーンはなかなか良かった。新人王対決の奥野瑛太さんはすごい熱量を放っていた。
    しかし俳優陣がどんなに頑張ろうとシナリオが悪ければどうしよもうない。

    ひなのいじめ問題は割と原作に忠実だったのに、家族問題に関しては本当に最悪のシナリオ。思わずコーヒー吹いた。
    ドラマとか映画って何でこういう綺麗物語にしちゃうかなぁ…
    良かったねぇ。ちゃん。ちゃん。と終わらせるためだけに、原作者の思いを簡単に踏みにじる。
    原作の羽海野チカといえば「ハチミツとクローバー」だが、このドラマ化も映画化も本当にクソ(関係ない)。
    映画見て、こんなもんか。ってなった方は、ぜひ、原作を読んでください。
    まったく悲しくなっちゃう。ほんと実写化に良い作品なし。あー改悪。改悪。

  • 4.1

    OBAKEさん2021/04/14 07:41

    後編は将棋のお話のスポ根ものかなと思っていたが、家族を考える人間ドラマだった。キャストが皆ハマり役だし、敵役の方にも感情移入できるようなシナリオなのでとても良い。

  • −−

    みづきちさん2021/04/10 19:05

    面白かった!し、いい話だった
    将棋のシーンはルール知らなくても熱くなる

    私もショックなことがあると視野が狭くなって1人で生きてるような気になってしまうけど、周りに人がいてくれることを忘れないようにしたいな...と思いました

  • 3.6

    ちゃんさん2021/04/07 00:53

    前半からイッキ見おもしろかった!
    引き続きの感想になるけど、お父さん出てきたことによって余計にお母さんというか後妻感しかなかった~
    長女だけやっぱりなんか違う。

  • −−

    Asianlilyさん2021/04/05 18:10

    将棋もなかなかじゃん〜と思って将棋ウォーズしたけど、映画見たところで案の定特に強くはなってなかった...

  • 5.0

    ハングリーピッグさん2021/04/05 01:22

    将棋の話ってよりは完全に成長物語ですね。
    正直将棋じゃなくてもいい気がするけど、一歩一歩進んでと金になるって意味で将棋なのかな。
    後藤戦でそんな感じの描写あったもんね。

    主人公が色んな問題にぶつかるけど、それでも前に進む姿は勇気を貰えますね。

    役者たちも、将棋っていう競技で、静かに燃える闘志や悔しさを表現するのはすごいと思った。
    個人的に伊藤英明さんのが良かった。

  • 3.4

    UUさん2021/04/04 00:21


    しかし、話が話なので暗い部分を描いた後の救いのターンがあんまり浮かないのは映像のせいなのか。暗いシーンの中にもコミカルな笑いが差し込まれている原作はいい塩梅で見やすく描かれていたのだと気付かされる。2部作であるならそこにフォーカスを当てて欲しかったかなと。

    あと原作で1番好きな林田先生ね、ああいう先生に出会いたかった。

  • −−

    Binchosさん2021/04/03 08:19

    あくまで盤上の戦いがメインだった前編に比べると、後編は群像劇の比重が大きくなっている。
    複雑に絡んだ人間関係を丁寧に整理し、いい塩梅に着地している。二部作にする意義が充分にあったと思う。
    その分、個性豊かな棋士たちの描写が薄まったのは否めない。原作や将棋が好きな人から不満が挙がるのもわかる。
    やはり二兎は追えないということか。

  • 3.5

    オクトパス先生さん2021/04/02 20:39

    今まで全て自分のせいにされて嫌気を感じつつも、その方法しかないと思っていた主人公が相手のために行動しようと変化していく。けれども、方法を知らないため悩みながら進んでいく。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る