お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

居眠り磐音

G

この男、切ないほどに、強く、優しい。

坂崎磐音は、故郷・豊後関前藩で起きた、ある哀しい事件により、2人の幼馴染を失い、祝言を間近に控えた許嫁の奈緒を残して脱藩。すべてを失い、浪人の身となった──。江戸で長屋暮らしを始めた磐音は、長屋の大家・金兵衛の紹介もあり、昼間はうなぎ屋、夜は両替屋・今津屋の用心棒として働き始める。春風のように穏やかで、誰に対しても礼節を重んじる優しい人柄に加え、剣も立つ磐音は次第に周囲から信頼され、金兵衛の娘・おこんからも好意を持たれるように。そんな折、幕府が流通させた新貨幣をめぐる陰謀に巻き込まれ、磐音は江戸で出会った大切な人たちを守るため、哀しみを胸に悪に立ち向かう──。

詳細情報

関連情報
原作 佐伯泰英『居眠り磐音決定版』(文春文庫刊):企画 藤村直人:プロデュース 藤村直人:製作 今村:大角正,谷和男,中部嘉人,有馬一昭,安部順一,エグゼクティブプロデューサー 伊藤響:吉田繁暁,プロデューサー 西麻美:福島大輔,ラインプロデューサー 砥川元宏:撮影 安田雅彦:照明 はのひろし:録音 山本研二:整音 鈴木肇:音響効果 岡瀬晶彦:美術 原田哲男:倉田智子,装飾 郷原慶太:中込秀志,編集 川瀬功:音楽 高見優:主題歌 MISIA『LOVED』(アリオラジャパン):音楽プロデューサー 千陽崇之:音楽ディレクター 岩崎充徳:アクションコーディネーター 諸鍛冶裕太:VFXプロデューサー 斎藤大輔:VFXディレクター 土師翔太:助監督 井上昌典:演技事務 城野浩人:記録 西岡智子:制作担当 高塚映里香:村山大輔
音声言語
日本語
制作年
2019
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2019-11-06 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

時代劇・歴史劇邦画ランキング

居眠り磐音の評価・レビュー

3.6
観た人
3631
観たい人
3524
  • 2.8

    bluemercenaryさん2021/06/14 16:15

    最初の20分弱で関前でのエピソードを濃縮濃密に語り、物語は江戸に。
    その展開と松坂桃李はじめとする役者キャラ立ちで作品はそれなりに成立していたけれども、そもそも脚本が弱い。
    更に演出も弱い。
    序盤の緊迫感から一気に抜けた以降、肝心の磐音の内面の苦悩が薄っぺらいから仕上がりが軽くなった感じが否めない。
    決して駄作ではないけれど平凡で消化不良な作品。


    この作品に限らず時代劇は普段劇場に来ない中高年の観客が多い訳ですが、この中高年の皆様が私語が多すぎ。

  • 3.5

    メイさん2021/06/05 12:31

    原作は長すぎて途中で断念しました、、

    知っている限りでは、原作が綺麗ーに映像化された印象
    柄本明の役めっちゃ悪い印象だったけど、実写でこんな悪さを全身で表現できる、、?すご、、?

    あとキャストとても豪華でした
    陣内孝則出てきたときなんかダメ押し感あって笑ってしまった

  • 3.5

    片腕マシンボーイさん2021/06/05 03:55

    好きな味を選んで👌🏻して見てね!っつ〜日清さんのCMで、マシンボーイはベーシック味のカップヌードルが1番好きやけども、もちろん👌🏻して真ん中の沙良ちゃんだけ観ているマシンボーイはね、たまらずつられて沙良ちゃん出演未見作品なかったか?って探して本作にたどりついたよね!ぺろぺろ

    地元でなんやかんやあって親友を斬る羽目になった殿が脱藩して江戸へと逃げるぞ!そこで今度は両替屋の用心棒になるが、江戸幕府老中まで絡むいざこざに巻き込まれてもう大変!って話

    ぐふぅ…沙良ちゃんは殿の妹の役なんやが出番はあまり多くなかったぞぉ、👌🏻して沙良ちゃん覗く準備満々やったのにぃ
    でもむぎむぎの出番は思ったより多かったけどおもんなかった「合葬」と違って、こっちは沙良ちゃんの出番は思った通り少なかったけどもなかなか面白かった……ぐふぅ、たすくが可哀想やぁ!スンスン
    そうね、沙良ちゃんの出番もそら少ななるわぁ!ってくらい豪華なキャストがチョイ役で出ていてな、たすくは前半のキーキャラクターなんやが、途中で…とんでもない悲劇に巻き込まれてしまうんよぉ、スンスン
    でもたすくの殺陣のシーンはめちゃカッコ良かったよね!血まみれのたすく、ぺろぺろ

    そうな!本作の主人公である殿はな、たすくとは幼い頃からの親友でな、たすくの妹と殿は結婚も目前なんやけどな…なんたる悲劇!たすくと殿は斬り合わざるを得ない状況になってしまうんよ!ひゃー!
    殿はな!もちろん殿やからな!侍戦隊シンケンジャーの殿やからな!剣術が様になるんは当然やけどな、たすくは時代劇のイメージは全くなかったけどカッコ良くて最高やったぞぉ、もう殿とたすくが仲良く悪人退治するヤツなら最高やったよなぁ…

    んでなんやかんやあって、殿が江戸に逃げる中盤後半なるとな、そこまでのスンスンの雰囲気は薄れ、能天気に観れるエンタメになっていた、普段は温厚な殿が悪いヤツをバッサリ斬り捨てるシーンはカッコ良かったし!ぺろぺろ
    悪役は明よ!めちゃ楽しそうに濃い悪役していたよね、ちなみにたすくと明の共演シーンは無かったよね、この親子けっこう絡み無しで同じ作品出てること多くない?
    そして、この江戸シーンで殿の最強の敵になるんが波岡一喜ってのも良かったよね!この豪華キャストの中で最強の敵が波岡一喜!ひゃー!

    他にも水澤伸吾、阿部亮平、ゆっきー、山本浩司、とかマシンボーイ得なキャストがいっぱい!仮面ライダービーストもキャスト欄にあるんやが…出ていたっけ?

    ただ悪人共を殿が討ち滅ぼすまで観て、マシンボーイは満足満足!って満福丸やったんやがね…そっからが長かったなぁ、終わったぁ!思ってからの15分は長ぇ
    そうね、ラストにぶっ込まれた殿の婚約者である芳根京子のシーンには鼻ほじった、ホジホジ、なんか時代劇で美女に起こる悲劇って結果この結末しか無い気がするよね、時代劇そんな観ないマシンボーイでさえ既視感しかなくて、このシーンいる?なった
    このシーン要らんから奥田瑛二だけ叩き斬って欲しかったね!

    あとついでに言うなら決闘シーンの血飛沫とか鍔迫り合いの火花?みたいなんがCGで描いていたんは安っぽくてどうも…
    どうせCG使うなら殿の剣技なんやからな、火炎を纏った烈火大斬刀で敵を斬り倒す必殺技〝百火繚乱〟を放ち、奥田瑛二が倒れて爆発するんが見たかったよなぁ!やったー!

    うん、本来の目的である沙良ちゃんはあまり堪能できなかったんやけども、殿の時代劇としては、あの傑作「侍戦隊シンケンジャー 銀幕版 天下分け目の戦」に引けを取らない良作やったからね!オススメ〜、とにかく前半のたすくがカッケーからオススメ〜



    あ…主題歌がヒデェからスコア−0.1しとこぉ

  • 4.5

    まー坊茄子さん2021/06/03 09:27

    近年、コメディ調の時代劇映画が多くなっているが、それらと異なり骨太でドラマチックな時代劇だ。

    それもそのはず。原作が時代劇の名手である佐伯泰英で納得。

    シリーズ物が多いせいか監督が手を出しにくいのか、あとはNHKで映像化(本作の居眠り磐音を含む)されたくらいで、初の映画化作品が本作というのが驚きだ。
    佐伯泰英作品はかなりファンが多いのでなおさらである。

    監督は「超高速!参勤交代」の本木克英で、コメディタッチの過去作とは真逆でもあるのも面白いところである……。

    無駄なシーンもほとんどない。中だるみもなく一気に見てしまった。

    私ごとながら、佐伯泰英のトークショーに昔行ったことがあり、その時の発言で現代社会で起こるようなことをなぞって執筆していると聞いたことがある。
    ストーリーについては触れないが、なるほどまさに本作がそれである。

    そんな小気味よい現代にも通ずるストーリー展開も相まって、主演の松坂桃李を始めとしてとにかく豪華すぎる出演陣の配役がピシャリとはまっていた。
    柄本明の怪演も見どころ。
    随所に見られる殺陣シーンも緊張感があって見応えがある。

    近年稀に見る時代劇の傑作と言っても過言ではないと思う。

    しかしながら全51巻に渡る著作なので、原作ファンにはダイジェストともとれる展開の速さにもしかしたら物足りなさを感じるかもしれない。
    原作ファンの声も聞いてみたいものだ。








  • 3.3

    川ちゃん77さん2021/05/27 17:59

    剣術、悪政、悪人、恋と別れと切なさ
    時代劇の典型的な構成。役者の演技はそれなりによかった。
    必殺仕事人に使われそうな脚本だなとも思った

  • 4.0

    じゃがのめさん2021/05/26 15:20

    日本映画には珍しく、ハッピーエンドで終わらないかと思いきや、謎のお似合いだと思うのになぁと言う一言で終幕。
    それは必要だったのか?

    ちょっと疑問は残るけど、理不尽さと戒めとそれに向き合う心の内を描いた良作でした。

  • 4.6

    鷺宮テラスさん2021/05/23 00:58

    田沼意次(たぬまおきつぐ)の政策を題材に揺れ動く江戸を垣間見れた。

    中村梅雀さんの江戸弁のおかげで笑いあり涙ありの人情噺もぐっと味が出て落語を聴いているかのように時代劇に浸ることが出来て。

    ドラマでも大活躍されてる松坂桃李さん、柄本佑さん、杉野遥亮さん御三方の髷姿がサイコーでした。彼らの故郷大分の景色も良かった。


    ちょうど梅雨入りのいまは南天(南天のど飴のナンテン)の木は蕾がついて6月にはきれいな白い花が咲いて、秋には葉が紅く染まり、冬には鮮やかな赤い実がなる、そして新緑の葉が春の訪れを知らせてくれる。江戸時代のひとたちも本作のように一年の月日を思うことの出来る対象だったのだなって思わせてくれる。

    宮下かな子さんお綺麗でしたー。

  • 3.8

    saturnさん2021/05/16 01:46

    何か観るものないかな〜ってアマプラ探してたら引っかかりました、前に観ようと思ってた「居眠り磐音」です(^^)

    時々、時代劇観るんですけど、観始めは何となくでも、最後はグッとのめり込んでしまいます(^^)特に合戦ものより、こういう一人の武士の生き様を描いたのは好物です(^^)

    さて、磐音さんですが、最初はかなり悲しい展開ですね。親友を失い、愛する人との別離、けど、業を背負って生きると決めた松坂桃李=磐音さん、カッコいいです。
    お話もお家騒動だの、敵討ちだのがテーマじゃなくて、ちょっとヒーローものチックなのがいいですね。

    続編があれば必ず観ちゃいそうですし、なければ原作読もうかと思います(^^)

  • −−

    しばわんこさん2021/05/15 23:27

    松坂桃李主演のチャンバラ時代劇。面白かった!チャンバラ時代劇の新しいヒーロー像を作った。
    殺陣のシーンも良いし、ドラマシーンも良い。
    芳根京子、木村文乃の女優たちの演技が良かった。ラストの芳根京子の美しさは見事だった。
    原作は佐伯泰英の人気時代劇小説「居眠り磐音 決定版」シリーズ。続編を期待したい。

  • 3.7

    Hunter2759さん2021/05/08 17:30

    盛りだくさんで、時代劇としては好きな映画だった。終わりに向かってスカッとしつつも、切ないエンディングが良かった。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す