お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

映画としての音楽

G

映画が音楽と出会ったのはいつのことだろう?

19世紀末にパリで生まれた映画と上演されなかった戯曲「サロメ」の奇妙な連関を、字幕とボイスパフォーミングで語り起こす実験的な映画偽史。「音から作る映画」シリーズ第一作。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2014
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2020-01-01 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

その他邦画ランキング

映画としての音楽の評価・レビュー

3.3
観た人
64
観たい人
93
  • 3.4

    川本凌さん2021/02/05 20:38

    “映画”と“音楽”の関係性についてのコンセプチュアルな探究。

    光を固定する発明が生まれ、音を固定する発明が生まれ、それがいつしか出会って、映画が音と共に過ごすようになった。
    だが、光も音も、どちらも波。同じように記述ができる。
    それを象徴するように、何度も波が映し出される。生き物が海の中から生まれたように、光も音も、波から生まれた。

    ものに光が当たると、影が生まれる。影は、ものがそこにある証。
    “映画の言葉”にとっての影は、字幕だろうか?
    大きさを変え、位置を変え、色を変え、濃さを変え、言葉が放たれるたび字幕は画面に姿を現す。
    荒波のように言葉の音が押し寄せる中でも、字幕が姿を現せば、少なくともその言葉は、そこにある。

    デレク・ジャーマンの「BLUE」観た時も思ったけど、こういうコンセプト重視の映画って映画館じゃないと観るのが大変だと思う。家のテレビじゃ周りに邪魔なものが多すぎる。

    勝手に藝大っぽい感性だな〜と思ってたら、全然ベテランの監督でした...

  • −−

    忘却白書さん2021/01/14 20:38

    ビデオインスタレーションとしてなら有。映画としても音楽としても無。無音と沈黙が違うように映画と映像も別なのでは? と思う。俯瞰で重ねたら同一面に見えてもレイヤーは分かれてる訳だし。まあ、こんなこと映画を撮ってもいない奴になんか言われたくもないだろうけどさ。プロセスだけ観させられてもそんなのメイキングと見分けが付かないよ。

  • −−

    しをさん2020/11/08 21:39

    今日ともだちがここ行ったみたいんだよねと言って見せてくれたところにそっくりなところが出てきた。なのに肝心のそれがどこだったのかが思い出せない。いつか忘れた頃にはっと思い出すんだろうな、なんでこれ覚えてるんだっけ?みたいな感じで。

  • −−

    たむランボー怒りの脱出さん2016/12/11 17:29

    インターナショナル版の『Music as film』を。

    日本語の声、英語の声、日本語の文字、英語の文字、男の声、女の声、それと映像。
    情報が多くて、とにかく頭の中がうるさくなる。

    個々の音はときに別々に、ときに合わさって一つの音楽になったり。

    何の始まり/終わりを告げるカウントダウンか分からないカウントダウンが何回も来る。そのために身構える。

    音が女で画が男なのはどうしてか。

  • 4.0

    笹川パンダさん2015/08/11 01:32

    衝撃的でした。
    実験映画と称される流れにあるどの作品よりも先鋭的で、全く目にしたことのない未知の可能性を感じました。一見の価値あり。

  • 3.5

    ホリグチさん2015/05/07 00:30

    映画館の暗闇の中で、多層的に連なるような音響が迫りくる。蝉の鳴き声は実際は暗闇で映っていないのに、動きが伝わってきて目で追うことができるようだった。七里圭という人の映画は「観る」という感じがしない。まるで映画館それ自体がインスタレーション作品のよう。

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る