楽天TV
アダルト
  • ホーム
  • ランキング
  • 無料動画
  • 定額見放題
  • キャンペーン
  • 配信カレンダー
  • パ・リーグ
  • ジャンル
  • 洋画
  • 邦画
  • 海外ドラマ
  • 韓国ドラマ
  • 中国・台湾ドラマ
  • 国内ドラマ
  • アニメ
  • キッズ
  • 宝塚
  • 舞台
  • グラビア
  • パチ・スロ
  • スポーツ
  • バラエティ
  • ミュージック
  • ドキュメンタリー
  • アダルト
  • 洋画
  • 邦画
  • 海外ドラマ
  • 韓国ドラマ
  • 中国・台湾ドラマ
  • 国内ドラマ
  • アニメ
  • キッズ
  • 宝塚
  • 舞台
  • グラビア
  • パチ・スロ
  • スポーツ
  • バラエティ
  • ミュージック
  • ドキュメンタリー
  • アダルト
楽天TV > 邦画 > ヒューマン > アルキメデスの大戦

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

アルキメデスの大戦

G アプリでDL可: レンタル
2時間9分 音声:日本語

戦艦大和VS天才数学者

1933年(昭和8年)。欧米列強との対立を深め、軍拡路線を歩み始めた日本。海軍省は、世界最大の戦艦を建造する計画を秘密裏に進めていた。だが省内は決して一枚岩ではなく、この計画に反対する者も。「今後の海戦は航空機が主流」という自論を持つ海軍少将・山本五十六は、巨大戦艦の建造がいかに国家予算の無駄遣いか、独自に見積もりを算出して明白にしようと考えていた。しかし戦艦に関する一切の情報は、建造推進派の者たちが秘匿している。必要なのは、軍部の息がかかっていない協力者…続きを見る

アルキメデスの大戦

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

詳細情報

イメージを拡大する

場面写真

あらすじ

1933年(昭和8年)。欧米列強との対立を深め、軍拡路線を歩み始めた日本。海軍省は、世界最大の戦艦を建造する計画を秘密裏に進めていた。だが省内は決して一枚岩ではなく、この計画に反対する者も。「今後の海戦は航空機が主流」という自論を持つ海軍少将・山本五十六は、巨大戦艦の建造がいかに国家予算の無駄遣いか、独自に見積もりを算出して明白にしようと考えていた。しかし戦艦に関する一切の情報は、建造推進派の者たちが秘匿している。必要なのは、軍部の息がかかっていない協力者…。山本が目を付けたのは、100年に一人の天才と言われる元帝国大学の数学者・櫂直。ところがこの櫂という男は、数学を偏愛し、大の軍隊嫌いという一筋縄ではいかない変わり者だった。頑なに協力を拒む櫂に、山本は衝撃の一言を叩きつける。「巨大戦艦を建造すれば、その力を過信した日本は、必ず戦争を始める」…この言葉に意を決した櫂は、帝国海軍という巨大な権力の中枢に、たったひとりで飛び込んでいく。天才数学者VS海軍、かつてない頭脳戦が始まった。同調圧力と妨害工作のなか、巨大戦艦の秘密に迫る櫂。その艦の名は、「大和」…。

関連情報

原作:三田紀房

最新!ヒューマン邦画月間ランキングもっと見る

人間失格 太宰治と3人の女たち 人間失格 太宰治と3人の女たち

世界的ベストセラーの誕生の裏にあった「死ぬほどの恋」― ヤバすぎる実話

¥440

(3.5)

小栗旬

1

アルキメデスの大戦 アルキメデスの大戦

戦艦大和VS天才数学者 これは、数学で戦争を止めようとした男の物語。

¥440

(4.4)

菅田将暉

2

閉鎖病棟-それぞれの朝- 閉鎖病棟-それぞれの朝-

精神科医を務めながら、珠玉の人間ドラマを生み出してきた帚木蓬生の山本周五郎賞受賞作、累計90万部を超える感動のベストセラー『閉鎖病棟』(新潮文庫刊)を、『愛を乞うひと』『エヴェレスト 神々の山嶺』の平山秀幸監督が、原作に惚れ込み初めて自ら脚本を執筆、11年越しで映画を完成させた。第43回日本アカデミー賞 優秀作品賞、優秀監督賞、優秀主演男優賞ほか11部門受賞作品。

¥440

(3.7)

笑福亭鶴瓶

3

蜜蜂と遠雷 蜜蜂と遠雷

恩田陸原作。史上初の直木賞と本屋大賞を受賞した製造課不可能と言われた傑作を実写映画化した作品

¥440

(3.3)

松岡茉優

4

最高の人生の見つけ方 最高の人生の見つけ方

家庭のために生きてきた幸枝と、会社のために生きてきたマ子。主婦業と仕事以外に何もやりたいことのない人生の虚しさに気づいた幸枝とマ子は、たまたま手にした12歳の少女の「死ぬまでにやりたいことリスト」を実行するという無謀な旅に出る。

¥440

(5.0)

吉永小百合

5

楽園 楽園

国内外で多数の映画賞に輝いた『悪人』『怒り』と映像化が続く吉田修一の原作小説を名匠・瀬々敬久の監督・脚本により映画化!!

¥440

(3.0)

綾野剛

6

彼らが本気で編むときは、 彼らが本気で編むときは、

『かもめ食堂』『めがね』などの荻上直子監督が手掛けたオリジナル脚本の人間ドラマ。母親に育児放棄された少女が叔父とその恋人に出会い、共同生活をするさまを描く。女性として人生を歩もうとするトランスジェンダーの主人公リンコを生田斗真、その恋人マキオを桐谷健太、母親に置き去りにされたトモを子役の柿原りんかが好演。第67回ベルリン国際映画祭で、日本映画初となるテディ審査員特別賞と観客賞(2nd Place)をW受賞。

¥330

(5.0)

生田斗真

7

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話 こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話

車いす人生を駆け抜けた男の笑いと涙の感動実話

¥440

(4.2)

大泉洋

8

アルキメデスの大戦の評価・レビュー

3.9
観た人
19714
観たい人
20742
  • 4.1

    お望月さんさん2020/06/02 00:45

    物語の論点が縦横無尽にストレッチされ勝利条件が覆されていく傑作オシゴトムービー。旧態依然の組織に破天荒な若者が風穴を開けていくテンプレに則りながらも、終盤の田中泯の凄まじさはどうだ。「それがどうした!」どっしりと構えた盤石の横綱相撲。
    天才と天才は惹かれあい、天才ならではの大局を算出をして馬鹿げた計画に現実性が乗ってしまう。歴史上の事実に新たな光を当てるエンターテイメントでした。

  • 4.0

    龍馬さん2020/06/02 00:36

    「ドラゴン桜」の三田紀房さんの人気コミック「アルキメデスの大戦」の実写版の映画化。監督は『永遠の0』『ALWAYS 三丁目の夕日』 の山崎貴監督です。

    戦前の帝国海軍司令部が進めていた戦艦「大和」の建造計画に反対する若き天才数学者が、アメリカとの戦争を避けるために軍部の陰謀を暴くストーリーです。

    最初から最後までサスペンス風に描かれており、切迫した緊迫感のあるストーリーとテンポの良さに引き込まれ、画面に釘付けで見ていました。正直、劇場での鑑賞を見送り期待はしていなかったのですが、想像以上に面白かったです。

    歴史を知らない方も、戦争映画が嫌いな方でも興味深く見れるのではないでしょうか。

    天才数学者を演じる主演の菅田将暉をはじめ、山本五十六を演じる舘ひろしが渋い。この映画のキーマンにもなっている笑福亭鶴瓶も、いつもの関西弁で熱演。

    唯一のヒロインには、浜辺美波、そして國村隼、柄本佑、橋爪功、小日向文世といった名役者も脇を固め完成度の高い作品になっています。

    こうやって国民の税金が無駄遣いされているのは、今の安倍政権の政治と重なるところもあり、さらに楽しめました。

    最後に、やっぱり人間「調子こいだらあかんわ」

  • 3.5

    きあんさん2020/06/01 20:17

    血の流れない戦争映画。
    菅田将暉と柄本佑のバディが良い。
    理不尽なことばっかりだよね〜…ラストが好きだ

  • 3.7

    aran1016さん2020/06/01 02:37

    戦争系映画でもフィクションだからか飽きずに観れて面白かった

    高祖父が海軍中将だったので、実際この時代に生きていたと考えると感慨深い。

  • 4.0

    すぎうらけいさん2020/05/31 21:31

    大和という名に込められた意味、そしてその結末。海軍の死生感には率直にリスペクト。

    NetflixのWW2最前線というドキュメンタリーにも描かれてるけど
    日本海軍と違い、日本陸軍のドメスティック思考の人材の偏りが、世界の政治観を見誤らせた、と指摘されてますが
    まさに考えさせられる作品。

    しかし、菅田将暉の存在感は素晴らしい。そして、浜辺美波、将来が楽しみな女優さんですね。また次の作品もみてみたい。

  • 4.0

    Tetoさん2020/05/31 20:57

    2020-46

    国の一番の優先順位は国民であってほしい。
    今もたいして変わらないことしてるんじゃないかなぁ…

  • 3.8

    あおさん2020/05/31 19:51

    戦争映画だけど、その水面下の、計算のお話……と思っていたけど、ある意味で、核心にも近くしっかりと戦争映画だった。

    脳がフル回転して、
    数字がカチカチとハマっていく気持ちよさ、
    あ!なるほど!
    そうか!すごい!!!
    と計算とストーリーの波にのせられて、
    はらはらどきどき。
    うわーやったーー、決まったー!
    …と、思いきや。

    そこから語られる本質に、
    それを知っている人と知らない人との
    見えるものの違いに、
    うわぁ…と言葉を失った。

    スピード感や、たまにクスッとくるやり取りが
    いいバランスで、内容の割には観やすく、楽しかった!
    あと、役者さんの声が、みんなキャラにピッタリハマってて、私はそこも好きだったなぁ。

    美しいものを測りたいと豪語する人こそ最強のシルエットだったりする。

  • 4.2

    Marikoさん2020/05/31 18:36

    後半展開読めず、おもしろかった!
    終わり方がこの映画を、このときの時代を、全て表してるような感じで切なくて好きだった。

    菅田将暉が終始かっこいい。。。

  • 4.0

    gattyさん2020/05/31 16:16

    戦艦『大和』の建造計画に携わった天才数学者。第二次世界大戦の最中から終戦までの政治の考え方がよく分かった。国の考え、国民の願い、複雑な思いがありながら、この戦争の結末を迎えたこと考えさせられた。菅田将暉は、こういった作品でもベテラン大御所俳優陣に負けず、魅力的な演技をしていて感動した。

  • −−

    なーのんさん2020/05/31 16:08

    良くできた娯楽映画!テンポも良いし目標に向かって物語が一直線に進むし、楽しく観れた。
    菅田氏and柄本氏の好演。チョークの音が心地よく耳に残る。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

「アルキメデスの大戦」:評価・レビュー

レビューを投稿してください。
平均評価:

(5点満点中 点 / レビュー数 件 )

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。



    Rakuten TV ガイド

    Rakuten TVアプリ

    表示モード:
    スマートフォン
    PC