お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

アリゾナ・ドリーム

G
  • 字幕

アリゾナで叔父レオが営む自動車販売を手伝うことになったアクセル。そこで、アクセルは未亡人エレインと彼女の義娘に出会う。アクセルは彼女らの家に住みつき、美しい二人に夢中になっていくが…。

詳細情報

原題
ARIZONA DREAM
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
1993
制作国
アメリカ/フランス
対応端末
公開開始日
2020-10-21 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ヒューマン洋画ランキング

アリゾナ・ドリームの評価・レビュー

3.6
観た人
1558
観たい人
1706
  • 3.8

    はっさくさん2021/05/05 23:28

    こういう普通の青年を演じるジョニー・デップがホントにカッコいい!
    娘が自殺しようとするシーン、めっちゃ笑える。ビヨヨヨ~ンって笑!

  • 4.2

    雨丘もびりさん2021/04/09 22:15

    これ、レビュアーの菩薩さん(@aiueonakaneko)じゃないと感想書けないヤツ(敗)。

    "お金儲け"から距離を置き、頭の中を夢でいっぱいにして、日々楽しく暮らす男女四人の悲喜劇。
    彼らのキャラ説明が支離滅裂(情報の出し方がちぐはぐでわかりにくい)なのは、まるで「筋道を立てて計画的に生きられない人たち」を作劇で表現しているよう。

    本作はニューシネマでなくナンセンスコメディ(フェイ=ダナウェイは社会体制に反抗せず夢の世界に引き籠り)。
    自分勝手な世界観で生きる人物たちを、否定的にも肯定的にも描いていないので、この映画がどういう結末に向かうのか途中まったくわからない。

    ハイスぺじゃないくせに自分の脳で考えたがり、皆と同じものを凝視して突き進めない私には、泣きたくなるほど馴染む映画でした。うぅ、わかる。

  • 3.5

    Franroseさん2021/04/09 17:14

    魚の映像がなぜかすごく頭に
    焼き付いています。

    不思議な感じの映画でした。はるか
    昔に観たのですが、魚の映像が
    なんだかとても印象的でした。

    内容は人間ドラマなのですが、
    映像がところどころスタイリッシュ
    だったり、考えたら監督は
    エミール・クストリッツァだし、
    フランス作品ということもあるん
    でしょうね。
    いつかまた見直してみたい映画です。

  • 3.7

    蛙ドーナツさん2021/03/23 13:18

    一秒たりとも話は覚えてないんだけど、若くてイケメンのジョニデがババアのフェイ・ダナウェイとセックスするので、ババアに生きる希望を与えてくれる優しい映画なのではないかと思ったことだけお伝えします。

  • 4.4

    朱香さん2021/03/17 00:41

    2回連続で観た🐟
    日々の泡読み終わった時と同じ感覚。。
    こういう世界観好き!音楽も癖になる。dvd買おう。
    同監督のオンザミルキーロードも観た事あるけどあれはトラウマ映画だったw
    エミール・クストリッツァ作品に関心を持った!

  • 3.8

    けんさんさん2021/03/11 00:22

    空を泳ぐ魚。

    動物好きの監督が今回この作品に
    送り込んできたのは「オヒョウ」。

    「オヒョウ」はカレイの仲間。
    と言っても我々が食するカレイとは違い、
    体長が1〜2メートルの大魚で、
    大きいのは3メートルを超えるらしい。

    より大きいことに価値を見出すのは
    アメリカ、まさに「オヒョウ」?

    思わず、遠い昔にチョコレートのCMで
    「大きいことは良いことだ!」なんて
    キャッチコピーが一世風靡したことを
    思い出したが、これは余計な話・・・

    話はもとに戻り、
    「オヒョウ」はカレイ科であるので、
    成長すると目が片方に寄っていき、
    自分の片側が見えなくなる。

    生後2週間までは普通の魚と同様に
    両側に目があるとのことだが、
    段々と片側に移動するらしい。

    これも人間と一緒?
    歳を重ねる毎に心と頭の視界が狭くなっていく・・・
    そして描いていたドリームが遠ざかっていく・・・
    のかも知れない。

    この作品は、今まで鑑賞をしてきた
    クストリッツァ監督の他の作品とは
    趣きが違うので、多少面食らった感はあるが、
    それもどうやら理由があるようなので、
    これはこれで同監督らしい作品とも言える。

    特筆しておきたいのは、
    DVDに収録されている未公開シーンが
    大変面白くて興味深い。

    特に結婚式のシーンでの
    ジョニーの酔っ払い演技は神業だ。
    構成上の事情があるにせよ、
    カットされたのは惜しい。

    さて、次は
    ライフ・イズ・ミラクル・・・

  • 3.0

    erincoさん2021/02/08 22:34

    **
    久しぶりに普通の?化粧なしジョニーを見た気がする。が、このときから個性は顕在。
    いきなり雪原シーンで、違う映画始まったかと思ったよ。コメディとシリアス。理想と現実。想像のシーンがとても美しく印象的。報われない現実との対比となっている。白昼夢。とても感情的でかまってちゃんの世界がフランスっぽい。
    オヒョウ:カレイ目だけどカレイよりも大味。えんがわの代用として使用される。
    DVD特典映像:未公開シーンはアメリカンドリームが叶った世界、クローディー・オサールプロデューサーとジョニーの対談。オサールはフランス語、ジョニーは英語で会話をする。お互いに聞き取れている。。プライベート葉巻を器用に巻いてマッチで火を付けるジョニー。これは色っぽい。
    アメリカが舞台のフランス映画だから、アメリが好きな人におすすめ。

  • 4.0

    leylaさん2021/01/18 22:52

    舞台もアメリカで俳優陣もハリウッドスター、独特の寓話感はあるけど、いつもよりドタバタ劇は少なくクストリッツァ色は抑えめ。私はけっこう好きな作品でした。
    途中までコメディとして見ていたけど後半は深刻になっていきます。

    NYで働くアクセル(ジョニデ)は叔父の結婚式に呼ばれアリゾナへ。そこで出会う未亡人と義娘2人との恋と別れを描く。

    夢が1つのキーワードとなっていて、登場人物全員に夢がある。
    アラスカで魚のオヒョウを釣りたい、キャデラックを売ってアメリカン・ドリームを掴みたい、映画スターになりたい、空を飛びたい、亀になりたい。

    しかし、誰一人として夢を叶えることができず、暗い現実の中を生きて行かなければならない。

    「おはよう、コロンブス。アメリカには新たな発見がないんだよ」
    アメリカ(=アリゾナ)にはもう夢はないのだとクストリッツァが言っているように思えた。

    「子供が大人になる時は悪夢をみるんだ」
    アリゾナで起きる出来事は、23歳の主人公アクセルが大人になるための悪夢(=通過儀礼)だったのだと思いました。

    「俺たちに明日はない」でカッコよかったフェイ・ダナウェイが年配の未亡人役に。当時20代後半のジョニデと40代後半のフェイ・ダナウェイが恋愛するという設定がゴージャス。

    魚が空を飛んだり、ヴィンセント・ギャロが「北北西に進路を取れ」の真似をしたり、フェイ・ダナウェイが手作り飛行機で空を飛んだり、楽しいシーンも多々あって面白かった!

    観終わって調べてみると、クストリッツァが大学で講師をしているときに生徒から持ち込まれたシナリオを映画化した作品なのだとか。

    この撮影中にボスニア紛争が起こり、故郷を案じるあまり制作自体が危ぶまれたという。この映画の後すぐに「アンダーグラウンド」を制作したそうです。

  • 4.5

    岩男さん2020/12/31 00:21

    べサメムーチョ♪
    これめちゃくちゃ面白い
    ジョニデがニワトリの真似してる
    魚が街を泳いでいる
    救急車が空を飛んでいく
    とりあえず奇妙な世界観
    開始1秒から謎過ぎて作品間違えたかと思った

    中古車屋で働くことになった青年アクセルが未亡人エレインに恋して家に住み込む

    このエレインが凄いメンヘラ
    アラスカに"飛行機で行きたくない"と言ったからアクセルが列車のチケットを予約したら、"年増扱いすんな、飛行機で行きたくないなんて言ってない"と
    でアクセルが列車をキャンセルして飛行機のチケットを取ったら"アラスカの空は寒いから列車にして"と
    あーめんどくせえ、こんなおばさんくたばっちまえとか思った😂笑

    エレインにはアクセルと年齢の近いグレースという娘がいて、エレインとグレースはアクセルの存在が原因で度々対立する
    この対立やグレースが首吊り自殺をしようとするシーンがめちゃくちゃ面白い

    そしてエレインは空を飛びたい願望があって、アクセルが飛行機を作り模擬飛行するシーン
    軽快な音楽と撮り方が絶妙過ぎて1番のお気に入り

    総括
    とりあえずブラックユーモア炸裂
    心地良くなる音楽がたまらない
    クセになる絶妙な映画
    アメリカンドリームじゃない、アリゾナドリームだ(すげー良いタイトル)
    このジョニデは今まで観た中で1番格好良いのでジョニデ好きなフォロワーさんいらっしゃればお勧めします

    ※初めてTSUTAYAで店舗在庫にないDVDを3枚取り寄せてみたその①

  • 3.7

    rikoさん2020/12/24 13:49

    映画をそんなに見ていない時にパッケージとジョニデならいけるやろと思って見たやつ。全っぜん意味は分からなかった。夢かな?夢かも。って感じ。けど、この映画のことずっと覚えてるんだよなあ。この後色々見ても、この映画のこと覚えてる。変な映画。ギャロのモノマネも今なら笑えるかも。見直さなきゃ。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す