お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

世界でいちばん美しい村

G

ネパール大地震で壊滅したヒマラヤ山岳地帯の村ラプラックを取材し、様々な困難に直面しながらも復興を目指す村人たちを捉えたドキュメンタリー

写真家でありノンフィクション作家の石川梵が、自然豊かなヒマラヤ奥地でとらえた、あたたかな日常! ネパール大地震を乗り越え、力強く生きる人々と家族の絆を描いた感動のドキュメンタリー!2015年4月、ネパールを襲った大地震。写真家・石川梵は震災直後カトマンズへと飛び、ジャーナリストとして初めて、最も被害が深刻なヒマラヤ奥地の村・ラプラックへと入った。壊滅した村で出会ったひとりの少年。彼の村を想う気持ちに石川もまた思いを寄せ、別れ際、二人はふたつの約束をする。ひとつは、また村に戻ってくること。そしてもうひとつは、この孤立した村の惨状を世界に伝えること。こうして支援のためにと臨んだ初の映画制作だったが、震災からの復興の様子を収める予定が、現地の人々のあまりの魅力に虜となり、テーマが移り変わっていく。貧しくても明るい家族、子供たちの輝く眼差し、寄り添うように生きる村人たち、そして祈り。そこには、忘れていた人間本来の生き方があった。「伊勢神宮、遷宮とその秘儀」「The Days After 東日本大震災の記憶」など数々の写真作品を手がけた石川による、ヒマラヤという壮大なロケーションのもと、圧倒的な映像美で綴った人々の日常の記録。制作には、クラウドファンディングで約600万円にものぼる支援が集まり、映画監督・山田洋次を筆頭に、石川の活動に賛同する数々の著名人もオフィシャルサポーターとして名を連ねている。ナレーションは、東日本大震災から今もなお復興活動に参加する国民的女優・倍賞千恵子がつとめる。

詳細情報

原題
世界でいちばん美しい村
音声言語
日本語
制作年
2017
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2020-11-04 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

ヒューマン邦画ランキング

世界でいちばん美しい村の評価・レビュー

3.6
観た人
159
観たい人
719
  • 4.1

    TOKYOZOMBIEさん2021/04/26 00:39

    貧しき中にも幸せを見出す美しきコミュニティーを見せつけられ気づく。我々は分断される前から選んで分断されてきたところあるなと。時代の波と共になくなりかねない美しき文化の記録。

  • −−

    ズックにロックさん2020/04/15 18:46


    2020年 #23
    YouTubeで無料公開されており視聴。
    貧しくても笑いの絶えない家族。
    人と自然。友情を織り交ぜながら復興を描く、ネパールに行きたくなるドキュメンタリー

  • 3.6

    空さん2020/04/13 12:54

    最後に映る夜空の星、何十年も前にネパールトレッキングの山奥の宿で見上げた満天の星と同じで、あぁ〜〜ってなる
    本当にびっくりするくらいの満天なんよなぁ

    人は生まれる場所で行き方が全て変わってくる
    牛と同じ小屋で住みながら牛に頭を舐められながら生きる生活の中にも人生がある

    ネパール大地震の後の山奥の村で生きる人々の生活を美しい景色と共に映し出す

    山の子たちの瞳はなぜにあんなに美しいのだろう

    淡々と映し出される景色と人々を観ているだけで心が洗われる気がした

    ネパールいいよなぁ

  • 3.3

    SetsukoAzumaさん2020/03/09 08:55

    ネパール大地震の震源地に近いヒマラヤの山奥にあるラプラック村に密着取材したカメラマンの監督が長編ドキュメンタリー映画にした作品で、先週3日間だけ無料で見れました。

    コロナで異様に除菌しまくってると、この村の生活は無理な人がほとんどでしょうね。。

    そもそもインフラ整ってないから…

    こんな山奥でも人間は生活出来るんだなと改めて本来の生命力を感じました。

    監督と友情を育んだ1人の少年の家族を中心に、素朴な村の人たちの再生の道のりを描いてて、震災跡地の村はめちゃくちゃですが、それ以外の自然はとても美しい。

    自然にとっては、人間の営みなんて小さな事で、地震の後も壮大で、神秘的でした。

    長回しのシーンがちょい長過ぎるので、眠い時はあまりオススメしません。

    厳しい自然に囲まれて育つ素朴な子供達が癒しのドキュメンタリー。

    ここまではコロナも来れまい。(^^)

  • 3.3

    まさまささん2020/03/08 23:25

    2020.03.08
    無料配信にて

    2015.4.25 ネパール大地震で壊滅的打撃を受けた村のお話。
    ドキュメンタリー。

    絶望の先に希望がある。

    手触りの生活・営みの確かさに美しさを感じる。

    信仰や宗教
    揺るがない拠り所・信じるものがある、というのは、前に進むうえではつよいなと思ったのでした。

  • 4.0

    persimmon1aさん2020/03/08 11:12

    ネパール大地震の震源地にほぼ近い村の現状と再生へのドキュメンタリー映画。

    この人らのような暮らしを続けることが、人間という一生物としては、きっと上で、強いんだろうと思う。よくある地球滅亡的な映画のようなことが起こったら生き延びていくのは彼らのような人たちだろう。
    彼らの営みに確かに美しさを感じた。

    いわゆる先進国の生活観点からしたら、衛生的に受け付けられないと感じる人も多いと思うけど、何も問題なく生きている人間もいるわけで。今巷に出回る抗菌製品類は所詮現代人の退化、異常なコンシャスネス、言うまでもなく消費社会の産物だと個人的には考えているので、私は基本買わない。

  • 3.1

    ぴよまろさん2020/03/04 22:13

    ネパール大地震によって壊滅的な被害を受けた、ヒマラヤ奥地のラプラック村に暮らす人々を撮ったドキュメンタリー映画。

    ただでさえ交通の便が悪いヒマラヤ奥地で地震による被害を受けても、その土地の人々は、信仰や家族を守るために逞しく暮らしています。NHKドキュメンタリーっぽくはありますが、写真家の石川梵監督が、その土地の生活を間近に撮影されており、人々の逞しさや豊かな感情、自然とともに生きる美しさが映し出されていました。

  • 2.3

    きっこさん2019/09/28 20:26

    これは映画なのか?


    意義はあると思うのですが、
    ほとんどナレーションで語るこの映像、テレビのプログラムみたいだった。
    映画館で見るためのものではない気がする。
    気がついたら、あの夫婦が戻ってきていた‥とこで、
    途中意識がない部分があるのは心苦しいのですが、退屈したのは仕方ないもの。
    ‥ですが、エンディングの写真は素晴らしい!
    家で見る分にはいいんじゃないかな。
    (映画生活投稿分2018)

  • 3.8

    Shihoさん2018/07/14 15:20

    人はそれぞれ自分の中に大切なものを持っている。この村の人たちは伝統や文化、信仰や家族を大切にしながら逞しく生きていた。他者の多様性や個性に触れることは自分の心の豊かさにも繋がる気がする。ドキュメンタリーを通じてラプラック村という土地で生きている人たちを知ることができたのはとても貴重だった。世界でいちばん美しい村に住む人々は世界でいちばん美しい人々でもあった。

  • 3.8

    Toyofumiさん2018/07/14 09:23

    ネパール地震で被災した村と、残された人々の選択。命か、信仰か。
    先祖の霊に祈れば、蜂に刺されないし、滑落もしない。本気でそういう考え方ができるのは、素直に羨ましい。

    神の土地はあると思うし、先祖の霊が守護してくれるのもわかるけど、色々もう少し柔軟でもいいのかな、とは思う。けど、そこを崩せないのが信仰であり、宗教のいいところ。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す