お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

極私的エロス・恋歌1974

G

監督自らが、かつて一緒に暮らし、子供を産んだ女を、そして今自らが共に暮らしている女を執拗にカメラで追いつづけ、「極私」の極致へと到達したこの映画は、未踏のドキュメンタリーとして歴史にその名を刻んだ。

全裸の臨月の女性が、こちらを真っ直ぐ見ている。今は「元妻」となった武田美由紀を、正面・背中、そして横から捉えた、原一男によるスチール写真だ。原は返還前後の沖縄に降り立ち、武田を訪ねる。彼女は「すが子」と呼ばれる女と暮らしていた。「何も言えんのか」「テメエの事も分からんのか。はっきりしないじゃないか。何で嫌気さしたんか」「うるせえクソガキ」ひたすらすが子を罵倒する、武田の姿がそこにはあった。原の訪問が決定的な亀裂を走らせたのか、二人の生活は終わりを迎える。在沖縄米軍基地から解放された黒人たちが陽気に踊る<バー銀座>。そこに、見事なアフロヘアに長くてカールしたつけまつ毛の14歳の少女・チチがいる。彼女は黒人との子どもを妊娠していた。武田は言う。「解放感より戦慄感の方がずっと強い。私生児に徹しきるよ、野性児にするぞ。そんなガキがいいさ」「これは二年前からの約束だけど、私がひとり出産するところを原くん、フィルム撮っといてね。アンタに出産の場面を見せたいのさ」そう武田は言い放つ。東京に戻った原のもとに、武田からの手紙が届く。沖縄の男との子どもを妊娠しているという。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
1974
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2021-03-15 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

ヒューマン邦画ランキング

極私的エロス・恋歌1974の評価・レビュー

3.8
観た人
530
観たい人
620
  • 3.6

    うさん2021/05/22 10:40

    よく分かんないけど「なんかすごかった」と漠然と感じた。
    あまりこのような映画が得意ではないのでこの評価にします

  • −−

    コージーさん2021/05/05 20:19

    軽い気持ちで見ちゃダメだ。

    本作の出産シーンを観ながら、河瀬直美『垂乳女』との違いを考えていた。根本から違う作品なのだけど。

    ピンボケはそれ自体が何かを表現しているようでもあったな。

    平野勝之『監督失格』に近い作品だと思う。

  • 1.5

    iRさん2021/05/03 23:20

    出産て尊い。
    産まれたての赤ちゃんあんな雑に扱って大丈夫なんだ(笑)産婆さんなのかな?さすがです。
    子ども好きじゃないし産まないと思っていたけど、なんだか、子どもを産みたくなってしまった。みんなでお風呂かわいい。
    2021_110

  • 4.0

    紫亭京太郎さん2021/04/17 09:45

    生物学的にのみならず人間という生き物における性としての女性の強さにとどまらない、生命体として強靭な様子をまざまざと見せつけられる、圧巻の超私的ドキュメンタリー。
    原一男監督作品の初見は、衝撃度が激烈過ぎて言葉が出ない…

  • 4.8

    オラぁオラぁさん2021/03/24 15:26

    昭和に生きる女の強さがよく知れたドキュメンタリーだった。

    子を1人連れてそしてもう1人お腹に赤ん坊を宿しつつ、沖縄を行き来して。そして戻ってきてすぐ出産。

    途中の手紙の描写では、黒人兵との人種間の性格の不一致など様々な要素があった。そして最終的に生まれてきたのは黒人とのハーフの子供。

    それでも強く育てていくてと決めた彼女の覚悟というか信念は尊敬に値する。

  • 4.0

    chelseaさん2021/03/21 20:12

    武田美由紀という人は本当にパワフルな女性。
    パワフルで聡明で、自分の欲に忠実で本能のままに生きている。

    あのパワーで周りをどんどんと巻き込んでいくから、関わったら大変そうと思いつつも、あんな風に生きられたら、なんて羨ましくも思う。

  • 3.9

    okimeeさん2021/03/20 20:34

    やっとみた。
    けども声がききとりにくく喋り方が特徴的なのでなんと言っているのかわからない。

    女が強すぎる。

    自力出産すごい。
    「ちょっと、胎盤だす..」。。
    一部始終見ていた上の子もびっくりよな。お母さんは苦しそうにして、血がガンガンでて、、そして赤ちゃんがでてくる。。

    ..出生証明書はどうするんだろ。。戸籍の登録。。

    まさか2人の出産がみれるとは。
    赤ちゃん4人のお風呂めちゃいい。。。


    Aサインの女がわからず、調べてみた
    --------
    Aサインとは、米軍の軍人・軍属・関係者が立ち入ってもいい店に与えられた営業許可証である。「APPROVED(許可済)」の頭文字「A」を大きく表示したデザインで、米軍風紀取締委員会による衛生基準に合格した飲食店・風俗店の内外に掲げられた。沖縄の民間業者に一定の基準を課すことで米軍関係者を守るのが目的だった。

  • −−

    高橋さん2021/03/19 17:34

    私は受精にもそれに伴う行為にも出産にも神秘じゃなくグロを感じてきた人間だからそれがそのまま映像としてある。そうそうこのグロさがこの感情わたし別に間違ってないじゃんと思った。

  • 4.2

    だいごろーさん2021/03/13 10:59

    @国立映画アーカイブ

    前から観たかった作品でやっと鑑賞できたけど衝撃的。
    原監督の元カノが中心となり、その元カノが沖縄で同棲してた女性(序盤、ずっと元カノと喧嘩してるんだけど、話を聞くとお互い好きだった?同性愛的な関係?)、更に監督の今の彼女(はっきりしない関係性なので進行形なのかは不明)と様々な女性が出てくるのだけれど、最終的には女性が男性に頼らずとも生きていけるようなコミュニティを作るという結構先進的な話のようにも思えた。
    元カノがとにかく強烈で逞しい。自力で原監督の自宅で出産するシーンなんかは、生命力の強さを感じた。
    2度も出産シーンを見せられるとは思ってなかったし、あんな風に子どもがヌルンと出てくるなんて衝撃的だった。

  • 2.5

    サコさん2021/03/13 01:05

    女の本気
    本気は女

    なのに本気になる前に、男がいる、
    男のためではないのに、いる
    本能を、奮い立たせる時に必ずいる

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る