お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ゆきゆきて、神軍

G

今村昌平企画、原一男監督による異色ドキュメンタリー。

兵庫県神戸市兵庫区荒田町。色褪せたジャンパーを着た中年男が、シャッターを上げていた。看板にはキケンな(「キケンな」に傍点)メッセージがびっしり、大書されている。バッテリー・中古車修理店店長にして〝天皇にパチンコ玉を撃った男″奥崎謙三の登場である。 兵庫県養父町。太田垣家の婚礼、媒酌人を務める奥崎が、居並ぶ親類縁者・長老達の前で祝辞を述べる。「花婿ならびに媒酌人、共に反体制活動をした前科者であるがゆえに実現した、類稀なる結婚式でございます」天皇誕生日当日。「神軍平等兵奥崎謙三」「田中角栄を殺すために記す」「ヤマザキ、天皇を撃て!」「捨身即救身」……奥崎の物騒な宣伝車は公安によって行く手を阻まれる。車に立てこもって演説をぶつ奥崎。「自宅屋上に独居房を作ろう」。そう思い付いた奥崎は、その実寸を測るため、神戸拘置所に向かう。静止する職員を罵倒する奥崎。「ロボットみたいな顔しやがって!」「人間ならば腹立ててみよ!」 喪服の黒いスーツ姿に正装した奥崎は、ニューギニアで亡くなった元独立工第36連隊の戦友達の慰霊に出発する。“神軍”の旗をなびかせて疾駆する街宣車。広島・江田島町。同年兵・島本一等兵の墓前で、島本の母・イセコをニューギニアにお連れすると約束する奥崎。兵庫県浜坂町に、ジャングルで餓死した山崎上等兵、次いで南淡町に、毒矢で狂死した田中軍曹、と奥崎の慰霊行脚は続く。 終戦から23日後、36連隊ウェワク残留隊内で隊長・古清水による2名の部下銃殺事件が起こった。その真相究明のため奥崎は、かつての上官たちの家を次々、アポなしで襲撃してゆく。その追求の果てに〝究極の禁忌(タブー)″が日々の営みの一部となっていた戦場の狂気が、生々しく証言されることになる――。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
1987
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2021-03-25 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ヒューマン邦画ランキング

ゆきゆきて、神軍の評価・レビュー

4
観た人
4219
観たい人
3944
  • −−

    山内さん2021/06/12 14:05

    根建が勧めてたから見た
    おもしろかった

    https://m.youtube.com/watch?v=sue3cA8NZPQ

  • 5.0

    けんじまるさん2021/06/12 01:37

    射殺の真相や人肉食の話など、戦争してることより生きることしか考えてなかったって言葉に戦争の恐ろしさを再確認した。真実を隠したい人達と真実を知りたい人達のぶつかり合いがすごい迫力。孫の前で年寄りにも殴るし病人の首締めるのやばいけど、真実を知ってる数少ない人達やからその人達の言葉はすごく貴重だった。こんな時間に見んかったらよかった寝れん。とにかくパワーに圧倒された。苦痛を愛せなんか言ってる場合じゃないわ戦争

  • −−

    Bigsさん2021/06/06 22:25

    2020/1/19 梅田プライベートシアターにて。
    2021/5/6 配信にて。

    2021/5/6配信にて再鑑賞。
    先週観た『三島由紀夫vs東大全共闘』を受けて、もう一度観たくなったので再鑑賞。太平洋戦争、天皇制によって狂気に走った男たち。

    やはり凄いドキュメンタリー。
    2回目だと起きる事象の強烈さに引っ張られすぎずに、映る人物それぞれの言動に注視できた。奥崎謙三はかなり危うい人だと思うけど、今の自分の生き方に返ってくる部分もあった。

    序盤は破天荒でアナーキー、時に暴力的な奥崎の人物像に迫り、次に戦友の遺族を訪問し、映画の大部分は軍隊内部で起きた処刑事件の真相を探るため当時の関係者(元陸軍軍人)を訪ねていく。
    奥崎のアナーキズムや、街宣カーや書籍「宇宙人からの聖書」といったもののいかがわしさ、戦争犯罪の追及といった言動は、実は一貫して、太平洋戦争時に体制から強いられる命令や法に従ってしまった(せざるを得なかった)がために、とんでもない地獄を味わわされたことへの反逆のように思えた。一般市民を虫けらのように扱い、とんでもない誤ちを犯してもなお責任を取らない体制側の言うことなぞ全く信用しないし、警察や裁判官にも反抗する。道路で揉める刑務官に「お前らは人間か、ロボットか」と問い詰めたり、奥崎がしばしば口にする「私の判断と責任で以って」というのも、為政者や権力者が作ったルールや常識に安直に従うのではなく、自分自身でその是非を考えて行動することを示していて、何よりこちらにその生き様をアピールしてくるようだった。「聖書」なるものを出版しているのも、世間の法とは隔絶した自分の信念をまとめているのではないかという気も。
    関連書籍は未読だが、かなり演じているフシもあるようで、後半奥崎が戦争の惨さを伝えたいと山田に迫るとおり、反戦・反体制の宣伝活動として自覚的にパフォーマンスをしてたのではないかとも思える。

    月並みな言葉になってしまうけど、今見るとやはり直接的な戦争体験者、特に兵隊として『野火』のような東南アジア諸島での悲惨な体験をした者の生の言葉はものすごく貴重だし、この映画を通して語り継ぐべきだと思う。結局どこからの命令で、どういう理由で(人肉が絡んでいたのか)、処刑事件が起きてしまったのかはっきりしない。でも、いざ当事者たちが重い口を開くと、かなり克明に細部まで覚えていて、あまりに酷い体験として記憶に鮮明に刻まれてしまっているんじゃないかというようにも感じる。
    最後に訪れた山田の言葉が重い。自分でも勘が良いと言っていたように、実はかなり自分の状況や隊内外の関係性をわかっていたようで、人肉食が横行して日本兵も食べていたこと、隊の人数が少なくなると狙われてつまり日本兵同士で殺し合っていたこと、自分も殺されかけたがすれすれの所で命拾いしたことなど、『野火』で観たようなあまりに酷い構造が本当にあったのだと思わされる。個人として罰せられるべき人間がいたのだとも思うけど、それと同時にやはりその体制や構造を作った人間や社会を憎む。
    当時の軍人や奥崎自身のように狂気に陥る個人を浮かび上がらせることで、その状況を作り出した戦前戦中そして戦後の日本社会にも目を向けさせるような作品だった。


    銃殺の状況をミカンで示すのとか、事の重大さに対してあまりに不釣り合いな絵面。
    戦後は飲食店を営んでいる元衛生兵が、よりによって人肉食を告白するという皮肉さ。

    最低限のテロップやドライな編集、危険性も含めて奥崎を描出している点等、対象との距離感も絶妙。

    長田の商店街、昔はあんな活気があったんだな。

    原一男が書いた本作の舞台裏を書いた書籍も読みたい。

    天皇狙撃とか、銀座ビラばらまき事件とか、『太陽を盗んだ男』と似た部分もあるけど、これって奥崎謙三から来てるのか?

    「靖国神社で、英霊が救われると思うのか、貴様」

  • 4.0

    lovelyohnoさん2021/06/04 23:36

    ドキュメンタリーとしては最高な映画やないかなぁ。。いいか悪いかは別にして、信じているものをぶつけ貫いている様は観ておくべきかと思う。

  • 4.5

    Aoyaさん2021/06/03 16:21

    過ぎ去った時代の昭和にも、その中には確かに二つの時代があったことがわかった。戦争が放置していった感覚は死ぬまで拭えないだろうし、あらゆる人間の狂気の製造にまでも発展している話だ。
    ドキュメンタリー映画の最高点。

  • 3.5

    リースケさん2021/06/01 01:10

    人肉食とかゾッとするけど、昭和世代らしい堅めの口調で語られることで「ああこれはもう本当にあったことなんだなぁ」と納得してしまう。日本人が日本語で聞くから分かる、この口調による真に迫ってくるかんじが、真面目に怖くてリアル。

  • 4.2

    ビタミンDさん2021/05/30 10:43

    下北沢のザ・スズナリで鑑賞。完璧にヤバいものを見せつけられ、感情を消失して帰宅。
    ドキュメンタリー映画の極北。

  • −−

    はやとさん2021/05/28 21:28

    評価ってなに、っていう映画なのでスコアとかは付けられないです。

    なんて言えばいいのでしょうね。

    題材の勝利と言いますか、人物の勝利ですよね。

  • 3.9

    まるこさん2021/05/24 18:52

    ドキュメンタリーは全体的にあんまり得意ではないんだけど、これは凄かった。

    この人の信念というか、行動力というか、
    ものすごかった。

    戦争とは、、もちろんいけません。

  • 2.0

    キリンさん2021/05/24 11:11

    間違いなく好きではない作品

    戦争は悲惨だよ、二度と起こしてはいけないよ
    そこでの事実を世界で共有し省みることも必要だと思うよ
    だからと言って、ある一定の結論を求めてずかずかと
    踏み込むのはどうかと思う
    あまつさえ、自分が望むストーリーにならないとなるや
    暴力に訴えるのは言語道断

    抑々、行動自体が暴力的だよね
    有無を言わさず、自分が効きたい答えを求めて他人の
    生活に踏み込む
    拒否されると開き直って「警察を呼べ」となる
    「自分の責任で暴力も使う」と堂々と言っているし

    「暴力に訴えなければ良いのか?」となるとそうでもない
    「肉体的な強制力」だけではなく「有無を言わさない」
    「一方的である」ということも暴力ではないのか
    そういう意味で言うと「言論の自由」を盾にして好き勝手に
    行動するマスコミも暴力だよね
    挙句の果てには「報道しない自由」とか言い出すし

    掲げている看板、言葉からして尋常とは思えない
    「表現の自由」という言葉はあるけれど、「何をやっても良い」
    というものではないと思う
    総じて全ての行動に一切共感できない

    唯一この作品で良かったのは、当時の風景、車とかが
    見られた点かな

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る