お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

おくりびと【TBSオンデマンド】

G

「人は誰でもいつか、おくりびと、おくられびと」…。ひょんなことから遺体を棺に納める納棺師となった若者が、仕事を通して成長していく姿とその周囲の人間模様を描いた物語。“死者を弔い送り出す”という儀式を通して浮かび上がる、夫婦の愛、子への愛、父や母への思い、友情、そして仕事への矜持を丹念に描き、観る者に大きな感動を与える。監督は滝田洋二郎。キャストには、本木雅弘、広末涼子、山崎努ら実力派が揃い、放送作家・小山薫堂が脚本を担当した。米国アカデミー賞外国語映画賞をはじめ国内外で数々の賞を受賞。第32回日本アカデミー賞では監督賞、主演男優賞など10部門の最優秀賞を総なめにした。

 「年齢問わず、高給保証! 実質労働時間わずか。旅のお手伝い。NKエージェント!!」
 この求人広告を手に「NKエージェント」を訪れた元チェロ奏者の小林大悟(本木雅弘)は、社長の佐々木(山崎努)から思いもよらない業務内容を告げられる。その仕事とは、遺体を棺に収める“納棺”という仕事だった。戸惑いながらも、大悟は妻・美香(広末涼子)に仕事内容を偽り、納棺師の見習いとして働き出す。

詳細情報

関連情報
監督・ディレクター:滝田洋二郎 脚本:小山薫堂 音楽:久石譲
制作年
2008
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2014-02-06 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ヒューマン邦画ランキング

おくりびと【TBSオンデマンド】の評価・レビュー

3.6
観た人
41958
観たい人
9564
  • 4.5

    レイさん2020/07/03 19:08

    納棺までの儀式、
    まだ人生で一度も見たことないけど
    こうやって仕事として働いている人が
    いるんだなあって思ったし、
    こうゆう人たちがいるからこそ
    お葬式まで行うこともできてるんだなあって

    映画の中で、この仕事の人たちを
    違う目で見るようなシーンがあったけど
    「普通の仕事じゃない」って見るのも
    違うと思う

    映画の中だからこその
    いろいろな繋がりが
    感動的だったなあ

  • 4.0

    花花さん2020/07/03 09:55

    再鑑賞

    美しい映画
    街の風景
    人の心
    流れる音楽
    納棺夫の所作

    初見では気にならなかったが
    納棺師という仕事に対して
    「汚らわしい」というセリフがある。
    そんな事を思うのか?
    そんな事言う人いるの?
    今回すごく気になった。
    自分が身内の死を経験したからか?

    人は皆死んで行くのに…
    「汚らわしい」なんて愚かな言葉

    あんなに尊厳を持って納棺してもらえるなんて、
    なんて幸せな事!

    モッくんの自然な演技。時々コミカルが好き。
    他のキャストもベテランばかりで安心して観れる。良作。

  • 5.0

    めろんぱんさん2020/07/02 22:02

    旅のお手伝いか。
    もう本当に山形の景色といい音楽といい素晴らしかった。

    ふと映る白鳥に、昔のことを思い出してじーんとした。

    「死は門」

    終わりではなく、次の未来へ進む。
    だけど、そこに私はいないから、どうしても寂しく感じてしまう。

    「いつかまた逢おうの。」

    本当に。いつか逢いたいな。

    亡くなった大切な人たちを重ねて、寂しくも温かい気持ちになった。

    そして、納棺士の方のお仕事の美しさは尋常ではない。まさにこの映画の通り。


    ゆったりと流れる美しい時間を故人とともに過ごすことができるような映画で、とても好きだった。

  • −−

    あやさん2020/07/02 01:07

    汚らわしい、と避けられる職業。しかし大切な人の死と最後に向き合わせてくれる、唯一無二の職だと感じた。

  • 4.4

    Junさん2020/06/29 07:32

    意外に笑えるシーンが多かった。特に本木雅弘が銭湯で思いっきり体洗うシーンは笑った。

    山崎努の説得力ある演技。

    初めて「死」についてちゃんと考えた。「死」って悲しいものじゃないのかも。

    久石譲の音楽はさすが。

  • 3.7

    いぐあなさん2020/06/29 05:14

    所作が綺麗で見入った記憶。
    音楽が映像、とくに風景映像にぴったりしっくり。

    広末涼子だと可愛いが強いので、もっと大人な雰囲気の女優さんだともっとよかったかな。

  • 3.3

    mさん2020/06/27 22:11

    普段出会うことはない、納棺師の仕事。
    人が肉体を持った状態の最後となる瞬間を助ける丁寧な仕事。
    登場人物たちはなぜそんなに納棺師に対し拒絶反応があったのだろう?
    そこだけ腑に落ちなかった。

  • 3.7

    soragumiさん2020/06/27 18:48

    こんな世界もあるんだなと感嘆。
    にしても、一つ一つの作法が綺麗すぎてビックリです。
    むちゃくちゃ練習したんだろうなぁ。

    この作品では親族みんなの前で着替えや化粧を施してたが、時代や地域性もあるんだろうか?何度か実父や叔父が喪主の祖父母の通夜や葬式に立ち会ったことはあるが、目の前でこの納棺師の仕事を見た記憶は無い気がする。
    覚えてないだけかな。 

  • 4.2

    wavyさん2020/06/25 16:17

    人間の最後を綺麗にして見届ける。その人の人生を締めくくる最後を預かる大切な仕事。なかなかそんな仕事に出会うことはないけど、こういう形で仕事をしている人がいてくれるから、亡くなった人に気持ちよくお別れを告げられたり感謝の気持ちを伝えられるんだと思う。難しい。

  • −−

    Talkさん2020/06/25 07:52

    静かに、穏やかに。誰にでも来るお別れの時。いっぱい悲しんで、受け入れて、忘れないで生きていく。
    ばあちゃんの死に立ち会って、見たくなった。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す