お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

余命1ヶ月の花嫁【TBSオンデマンド】

G

2007年4月5日、一組のカップルが都内で結婚式を挙げた。一見、どこにでもいる幸せなふたり。けれど、その24歳の愛らしい花嫁は末期のがんに冒され、親族や恋人には「余命1ヵ月」と宣告されていた…。---榮倉奈々×瑛太主演。日本中が涙した、ある恋人たちの実話を映画化! 若年性乳がんと闘いながら、生きることの素晴らしさと検診の大切さを伝え続けた長島千恵さん。そして、彼女を深い愛で支えた恋人・赤須太郎さん、心優しき父や叔母、親友たちが紡いだ〈愛といのち〉の物語。共演は手塚理美、安田美沙子、柄本明ほか。

 イベントコンパニオンとして働く長島千恵(榮倉奈々)は、ある展示会場で知り合った会社員・赤須太郎(瑛太)から交際を申し込まれた。乳がんと診断されていた千恵は、悩みながらも交際をスタートさせることに。しかし数ヵ月後、自分の病気のこと、そして胸を切除しなければならないことを告白。太郎に別れを告げたまま、姿を消してしまう。
 千恵を追って屋久島にたどり着いた太郎は、「俺は変わらない。一緒に頑張ろう」と彼女に伝える。その言葉に動かされ、千恵は再び太郎と生きていくことを決意するが…。

詳細情報

関連情報
プロデューサー:平野隆 監督・ディレクター:廣木隆一 主題歌:「明日がくるなら」JUJU with JAY’ED(ソニー・ミュージック アソシエイテッド レコーズ)
制作年
2007
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2014-04-21 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ヒューマン邦画ランキング

余命1ヶ月の花嫁【TBSオンデマンド】の評価・レビュー

3.2
観た人
15275
観たい人
2004
  • −−

    青さん2021/06/19 11:36

    JUJU with JAY'ED『明日がくるなら』
    流すタイミングに全てが集約されていた。
    あそこしかない。
    JUJUがカバーした『The Rose』もいい。
    曲の演出は感情に激しく働きかけていた。

    しかし

    心に働きかける曲、若い人に降りかかる残酷な運命という構成で涙を誘ってはくるが映像化することに意味があったのかは謎である。
    本とドキュメンタリーで十分だったのではないだろうか。そもそも人の癌発症から死までの過程だけを描いている映画を点数化することは人の尊厳に対する冒瀆ではないだろうか。こういう事を言うとひねくれてるとか冷たいだとか言われると思うが、人1人の命を悲しむだけの生き方を自分はできているのか、ということに帰着される。

    時々日頃の行いが自分のためだけの人とかが、人の命を救いたいんだとかSNSとかで言ってるけど、あれほど寒い発言はない。自分の感情保つためだけに生きてる人に他者のたった1つの人生に対して一喜一憂する権利なんてない。

    もう少し人間は「伝える」ということに慎重になった方がいいのではないだろうか。
    ノンフィクションに音楽なんて必要ない。
    時間ある時にドキュメンタリーや本読もうかなと思う。

    「皆さんに明日が来るのは奇跡です。
    それを知っているだけで日常は幸せな事だらけで溢れています。」(映画冒頭引用)
    高尚な言葉として受け止めさせていただきます。

  • 2.5

    おまちさん2021/06/18 18:11

    自分が同じような状況に陥った時、どうするのか考えたけど全く想像できなくて、他人の気持ちを理解するのはそう簡単なことではないなと改めて感じさせられた
    だからこそ想いを伝え合うって大切なことだと思った

  • 3.4

    まなんさん2021/06/18 15:27

    主人公の女性は24歳と言う若さで余命宣告を受ける
    私自身そんなに歳が離れているわけでないので、人っていつどうなるのかわからないんだと怖くなった
    残された時間を後悔なく過ごそうとする
    悲しんだりする様子も見せずに常に明るいちえ
    私がもし病気になったら明るく振る舞えるのだろうか
    悲しんでる時間がもったいないと頭ではわかっていても普通にしてられるのかな
    若くして亡くなられる方も多くいる中で、健康に暮らせている私は幸せ者だ
    明日は我が身かもしれないということを忘れないように後悔しない人生を歩みたい
    大切な人とも離れないようにしよう

  • 3.7

    やむやむさん2021/06/13 21:37

    ドキュメンタリーだからこそ響く名作。
    余命という金でも権利でも愛情でも逆らえない存在を目の当たりにした時、人は残りの人生をどう生きるべきか。
    自分が誰かと楽しいことをすると、自分がいなくなったときに悲しみは大きくなる。

    最後くらいわがままに生きていこう、

  • −−

    ももちゃんさん2021/06/11 21:18


    テレビで千恵さんのドキュメンタリー番組見て、そのあと公開されたこの映画は最近鑑賞。24歳って若いなぁ😭

  • −−

    JURIさん2021/06/11 12:29

    ずっと封印していた作品
    ドキュメンタリーを当時見ていて
    しばらく引きずったので
    手が出せずにいました。
    やはり話を知っていても涙が止まらない…
    柄本明さんはさすがの存在感ですが
    瑛太ってやはり上手いなって思います。
    同時色々賛否もあったし、映画の中でもあることないこと言われるってありましたがメディアに出るとはやし立てられてしまう。ホントに千恵さんが伝えたかったことが伝わるといいな…

  • 2.8

    ミヤウチさん2021/06/10 18:21

    なんか、泣くことを強いられる感じで悔しい。愚直な愛の物語としてなら実話である以上ドキュメンタリーには敵わないし、映画として再編集にしたにしては、何かしら物語としてのカタルシスが用意されてるわけでもなく。

    ただ、もし後者に振ってるとしたらそれはそれで実話である以上不謹慎なのでこれでいいのかも知れない。

  • 3.1

    ぽぽさん2021/06/09 21:14

    10年以上前に鑑賞。
    自分が同じように余命僅かでもしその時恋人がいたとして残りの数日心にぽっかり穴あけたくないんやけど。
    でも相手の為を思うと病気のことは言わずに去るのがいいって判断しちゃうんだろうね。

  • 3.2

    kazu1961さん2021/06/09 20:26

    ▪️JPTitle :「余命1ヶ月の花嫁」
    ORTitle: ※※※
    ▪️First Release Year : 2009
    ▪️JP Release Date : 2009/05/09
    ▪️Production Country : 日本
    🏆Main Awards : ※※※
    ▪️Appreciation Record : 2022-318 再鑑賞
    🕰Running Time : 129分
    ▪️Director : 廣木隆一
    ▪️Writer : 斉藤ひろし
    ▪️MusicD : 大橋好規
    ▪️Cast : 榮倉奈々、瑛太、柄本明、手塚里美

    ▪️Review •••••••••••••••••••••••••••••••••
    🖋実話がドキュメンタリーになり、そして書籍、映画化となった作品なので、その内容に関しては事実として受け止めるしかなく、本来なら評価すべき作品ではないかと思います。。。当然のことながら悲しくて涙が出るシーンからも多いのですが、それよりは愛し合った2人が愛を全うした物語として、長嶋千恵さんが明日が来ることの奇跡と生きることの素晴らしさをメッセージとして残した作品として捉えていきたい。。。そんな想いで再鑑賞しました。

    🖋演じるのはまだ若手俳優時代の榮倉奈々と瑛太。素人っぽさが返ってドキュメンタリー的な作品としては良かったかと思います。それとやっぱり柄本明の存在感が素晴らしく、父親として涙するシーンにはやられました。。。

    😢物語は。。。
    2005年(平成17年)10月イベントコンパニオンをしている千恵は、幕張メッセで開催されるCEATEC JAPANでソニーのブラビア発表イベント会場で知り合った太郎と交際を始めますが、千恵は乳がんに侵され、太郎の元を離れようとします。太郎の千恵への想いは変わることがなく、千恵を屋久島まで追いかけ一緒に生きることを伝え、千恵も太郎と生きることを決意します。しかし千恵は乳がんを再発し、父・貞士と叔母・加代子に医師から余命1ヶ月と告知されてしまいます。。。

    ▪️Overview (映画. comより)
    2007年、がんのため24歳6カ月で生涯を閉じた女性の最後の1カ月間をカメラに収めて話題となったTBS系ドキュメンタリー番組「余命1ヶ月の花嫁/乳がんと闘った24歳 最後のメッセージ」を映画化。主演は榮倉奈々と瑛太。監督は「ヴァイブレータ」の廣木隆一。乳がんに冒され、余命1カ月を宣告された千恵の夢は「ウェディングドレスを着ること」。その夢を叶えようと、友人たちは彼女の恋人・太郎とともに結婚式の準備を進める。

  • 3.5

    まことさん2021/06/07 00:02

    疲れてなんかわからへんけどめちゃめちゃ眠たいのをめっちゃ頑張って堪えてみた。隣の人、いつもうるさいのに珍しく静かにみてた。やっぱりこういう系ってわかってても悲しくなるねぇ

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す