お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

はやぶさ/HAYABUSA

G

JAXA全面協力! 日本中に勇気をくれた“はやぶさ”と、それを支えた人々を描く感動の物語!!

2010年6月13日、日本から打ち上げられた小惑星探査機<はやぶさ>が、いくつもの絶体絶命のピンチを乗り越えて、地球に帰って来た。月以外の天体からサンプルを採取して持ち帰るという、NASAでさえ成し得なかったミッションを果たすために―。わずか1~2メートル四方の小さな<はやぶさ>の7年間・60億キロに及ぶ旅を支えたのは、ユニークな経歴を持つメンバーで構成されたプロジェクトチームだった。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ヒューマン邦画ランキング

はやぶさ/HAYABUSAの評価・レビュー

3.3
観た人
2342
観たい人
528
  • 3.3

    chloeさん2021/05/31 17:29

    最後のハヤブサ帰還のシーンは、リアルのニュースを観ている時点から、感動して泣いていたので、竹内結子の声で擬人化したハヤブサが健気で泣けてきた。そこにいくまでのストーリーは淡々と、テレビで観た覚えのある内容を辿る感じだった。

  • 3.5

    もりぴよんさん2021/05/26 20:32

    夢を仕事にする楽しさと辛さの両方を教えてくれた映画。
    特に給料体系については何となく高給取りがやってるイメージがあったが、そうばかりでもないらしい。
    映像が綺麗で感動した。何故かはやぶさが地球から飛んだ時に泣きそうになった。

  • 3.9

    テラYUすさん2021/05/21 22:52

    JAXAがNASAに超えた瞬間

    10年以上経ってるけど最近の出来事のように感じる


    はやぶさが帰還したときの報道を今でも覚えてるし

    それを見て胸アツになったのも覚えてるわー

    ラストの竹内結子が命を語るのが考え深い。

  • 3.5

    nanaさん2021/05/18 12:19

    宇宙って改めて果てしないし、科学者も未知なるものを探求して、それはあてもない戦いで本当にすごいことだなと思った。
    はやぶさが探知出来なくてなって、でも諦めずにレーダーを送り続けて、ピタっと受信した奇跡。
    いまコロナ禍だけど、先の見えない戦いはいつまで続くのか、無駄なんじゃないかと思わされる。
    はやぶさも、もう無理だろうと経費削減されそうになってたけど、どこまでお金を注ぎ込むか、これは難しいところ。無駄だと切り捨てていいのか…
    最後、竹内結子さんが命について講演してるシーンがあってすこし胸が苦しくなった。はやぶさくんの声が優しくって、とっても可愛らしかった。他キャストも豪華な印象だった。

  • 3.8

    Tやまさん2021/05/09 01:38

    偶然にも、はやぶさ誕生日に鑑賞。
    今話題のクルードラゴンで宇宙ブーム。JAXAもこれからもどんどん功績を残してもらいたい。コロナで大変だが、予算削らないであげてくれ。。。

  • 3.0

    Mizukiさん2021/05/08 08:45

    めちゃくちゃわかりやすかった。映画としては少し冗長かもしれないけど。

    竹内結子さんのこういう役、はじめてみました。幅広い演技のできる女優さん何だなと改めて感心しました。他の役者さんもみなさんそれぞれ良さを発揮されてました。

    これで勉強できたので、もう一個のはやぶさの方も見ようと思います

  • 3.5

    ゆりさん2021/04/24 22:40

    はやぶさ③

    個人的にはこれが一番好き
    ポップでちょっとファンタジー、キャラは若干濃いめ。アニメっぽい、はやぶさ目線のナレーションは好きだし他と比べて状態が一番解りやすかったから感情移入もしやすい。
    オタク要素ある癖のある主人公は男性が演じるとクドくなりそうだけど、竹内結子さんが演じるととても良い。

  • 3.9

    Michihiroさん2021/04/19 20:35

    はやぶさのこと全然知らなかったんだけどJAXAを見学したらかなりすごいということがわかったので、ついでに映画も鑑賞。
    どういうトラブルがあって、どう切り抜けたのかということがよくわかるいい映画でした。結構面白いのに何で評価低いのかな。
    JAXA全面協力ということで、ほんとにJAXAでロケしてました。

  • 2.7

    RYOTAFUKAIさん2021/04/04 10:07

    長くつまらなくおとなしくまとまった作品。

    堤さんの映画は全体の流れがつまらない+ウケ狙いのシーンに腹が立つという相乗効果でなかなかのっていけない。特にはやぶさマニアの生瀬さんという完全不要キャラと、サンプラー班のマギーの適当なおどけ演技。

    一般の人にしたら、竹内結子が何をしてる人なのかよくわからないはず。JAXAには何をやってるかわからない人達がたくさんいて、ミッションがあるたびにわらわらと集まってくる傾向がある。高嶋(臨時職員)との関係を感動げに示していたが、特に起伏あるエピソードもなく、任期が切れただけという...。

    ずっと竹内結子の視点ならまだ見やすい気もするが、後半はマギー視点になったり、はやぶさ視点になったりとかなりゴチャゴチャ。全員を客観的に撮れば群像劇になると思うけど、中途半端に誰かの視点で撮ればそれは達成されない。

    イトカワ着陸のCG映像はとても良かった。傾いたはやぶさも(個人的には)新鮮でgood。ただこれを作ったのはJAXA?

  • 3.8

    akさん2021/03/14 23:51

    「鼻息みたいなエンジン」
    「イトカワビデオーー日本のロケットの父」
    「糸川先生は失敗という言葉を使わなかった。失敗があるからこそ成果がある」
    「子どもは核心をついたことを聞いてくる」
    「雌伏ーー逆境に身を任せながら、いずれ訪れるであろうチャンスを待ってじっと耐えること」

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す