お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

青春の門

G

五木寛之の同名小説を映画化。北九州・筑豊を舞台に、混沌とする時代のなかで成長していく青年の姿を描く。主演は佐藤浩市。

北九州・筑豊の炭坑地帯に生まれた伊吹信介。父・重蔵は筑豊の顔役としてその存在を北九州一帯に広く知られる人物だ。その重蔵が新興やくざとの激しい死闘の末、手に入れたカフェーの女給、タエ。タエは信介の二人目の母親となる。ある日、鉱山の落盤事故が発生! 坑内に閉じ込められた坑夫たちを救出に行った重蔵だったが……。

詳細情報

関連情報
原作:五木寛之
音声言語
日本語
制作年
1981
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2014-02-06 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330

青春・学園邦画ランキング

青春の門の評価・レビュー

3.2
観た人
216
観たい人
134
  • 3.0

    じろじろさん2021/01/07 22:58

    コロナ禍の中、駅の書店で買った五木寛之さん「大河の一滴」が読みやすかったので、レンタルしました。

    青春の門とは
    ロダンの地獄の門かな?
    盛りだくさん、波瀾万丈の義理の親子のお話し

    飯塚は、車イステニスの国際大会開催されるすごいテニスコートがある場所です。
    炭鉱の町だったんだね。

    杉田かおるちゃん演技上手だなぁ。

    最初のダイナマイトドカン、ドカ〰️ンは、仮面ライダー思い出しました。



  • 3.6

    花椒さん2020/12/18 11:19

    中二病の佐藤浩市。映画デビューがこの作品らしい。レビューを漁っていたら三國連太郎の息子と知った若山富三郎から俳優としての心構えを叩き込まれたとのこと。

    三國連太郎は佐藤浩市が幼い頃に離婚しており、ある意味佐藤浩市の半生と被るものがあったのかもしれない。

    松坂慶子、リアルタイムではお姉さんというよりもおばさん、というイメージだったが、こうして過去の作品として見るとめちゃくちゃ美人だな😳☺️

  • 4.0

    映画男さん2020/11/19 03:35

    めちゃくちゃ良かったな。登場人物全員に血肉が通っているから、すべてのアクションにつくづく胸を動かされる。菅原文太が特にすごい。主人公の親父役で、物語の途中で亡くなり、そこから登場シーンも無いけど、存在感で周りの役者に影響与えている。登場人物の誰かが親父(菅原文太)の話題をするとき、菅原文太は確かにその場に存在していた。いやまあおらんねんけど、そのくらいオーラがあった。息子役の佐藤浩市、幼なじみの杉田かおる、母親役の松坂慶子。この辺も果てしなく立派やった。

  • 3.0

    くろねこコロちさん2020/08/10 20:20

    若い松坂慶子がかわいい。
    筑豊万歳のロケーション。雰囲気いいなぁ。
    瓦山(?)、最高です。

    今となっては豪華なキャスト。
    若い佐藤浩一、若い時任三郎、今とあんまり変わらないトレンディ石田純一。
    あ、石田純一って俳優だったよねって思う。

    多分だけど佐藤浩一には黒歴史な気がする。

  • −−

    tomtomさん2020/07/06 17:03

    東映ヤクザ映画の俳優が揃え、佐藤浩市の若い姿に目を見張る。松坂慶子の母役が綺麗すぎてヤバめ。戦中から韓国戦争の終わりまでを描いている。在日朝鮮人の描き方や韓国語の使い方、彼らの登場に伝統民謡を歌わせるのも興味ぶかい。続きも楽しみ。

  • 3.2

    マーくんパパさん2019/08/31 00:37

    東宝系が先発、本編は後発東映系、強みの任侠系スターの菅原文太、若山富三郎、鶴田浩二が揃い踏み。昇り竜の遺児伊吹信介が大きくなっても一向に老けない母ちゃんの松坂慶子。佐藤浩市、石田純一らの若いこと!織江の杉田かおるは東宝系の大竹しのぶのイメージには勝てない。

  • 2.4

    aoaoさん2019/08/10 00:52

    暴力的な扱いした幼馴染みの杉田かおるを簡単に捨ててしまうんかい?
    とか、喧嘩しただけの仲なのに、兄弟以上の仲だとか言って、その奥さんと息子を育てるヤクザの親分。
    そして、親分を捨てて東京にアッサリといってしまうまでの話。

    なんだか、あり得ない展開やら、同情出来ない場面やらが多くて、しっくりこなかった。

  • 4.0

    すーさん2018/09/30 02:37

    炭鉱で働く人々の生活、朝鮮の方のこととかも通して、現代日本史を学んだ。こんな形でないと、リアリティを持って知れない。こんな時代だったんだな。

    強い母は美しい〜!

  • 3.0

    ピピンさん2018/09/09 19:15

    少し話がダイジェスト的なのが残念だが、ギラギラした人間の生命力を感じる作品。

    話は直球で特にどうというわけでは無いが、役者の説得力が凄いので観ていられる。

    デビュー作だけに佐藤浩市の演技はまだまだなのだが、思春期の悶々とした感じがよく出てるのが良い。

    しかし、この頃の松坂慶子の美貌は凄い!

  • 3.5

    しゅうまさん2018/08/13 18:43

    青春って楽しいばかりじゃなくて、悲しいこと寂しいことも悩み乗り越えていくものなのかな。
    自分も悩みはあったが自分で乗り越えようとせず、時間の流れるままに流れてしまったことが悔やまれる。自分をしっかり持って生き方を考えるべきであった。
    今の時代、デフレと言いつつも贅沢しなければそこそこ生きていける。まず生きることを考えなければならなかった時代に生きたものとは比べ物にならないくらい甘い考え方だろう。この時代の生き方を見習いたい。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す