お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ティファニーで朝食を

G
  • 字幕

輝く宝石のようなオードリーの魅力をちりばめた、素敵でおしゃれなラブ・ストーリー。

朝の宝石店ティファニーの前でデニッシュを食べる娼婦のホリーは、引っ越してきたばかりの駆け出し作家ポールと出会う。酔っぱらいから逃げて部屋へ来て、眠り込んでしまった彼女にポールは興味を抱く。ホリーの夫ドクが彼女を連れ戻そうとするが、彼女は断ってしまう。ホリーがブラジルの外交官と結婚するのを知って傷ついたポールは、小説を売って得たお金をつきつけるが…。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

クラシック洋画ランキング

ティファニーで朝食をの評価・レビュー

3.7
観た人
58416
観たい人
27769
  • 3.2

    むーびぃさん2021/12/01 01:25

    名作中の名作と言われているので
    内容もまだ分からずに見ましたが
    思っていた感じとは違いました^^;
    純粋なのかズル賢いのか、、
    オードリーヘップバーンさんの美しさが際立つ映画でしたが、彼女が演じるからこそ許される?可愛く見える映画な感じがしました。
    映画の話ですが、
    昔からそういう世界ってあるんですね^ ^

  • 3.0

    duneさん2021/11/30 22:31

    脚本にしろ演出にしろ、オードリー・ヘップバーンのチャーミングさに頼りすぎてる感じだけど事実魅力的だし、ローマの休日とは打って変わって影のあるキャラクターというのも良かった。

  • 5.0

    中山弦さん2021/11/30 03:40

    2021
    卒論研究の合間に二時間休憩を作って鑑賞。
    以前はこのような時間を作ると多くの時間を小説にあてていたのだけど、卒論の締め切りが近づくにつれ進捗への不安が小説への没入を妨げるようになった。
    そういうわけで最近は専ら映画ばかりになったのだけど、映画は映画で誘惑として大きすぎるし、安易に触れられる場所にありすぎる…もうひっきりなしに観てしまう…
    明日の教授への進捗報告を機に、時間の使い方を考え直したいなぁ。

    さて、今晩は、友人に
    「映画の教養を身に付けたい気がする」
    とラインを送ったところ、話が巡った挙句に本作を勧められたので鑑賞することにした。
    Amazonのレンタル。本当なら駅前の(今は潰れた)TSUTAYAまで歩いていかなくちゃならないのに。アマプラにない、ネトフリにないってなっても家で寝転がりながら300円払えば観れる。夜散歩の言い訳が減っていくね。

    この作品は、流石の僕でも名前くらいは知っていて、カポーティ著の原作を2年前だかに買ったのだけど、あれは積読したままだなぁ…
    高校の頃に、オードリー・ヘプバーンが被写体の写真展に通りかかって、当時は彼女のことをまるで知らなかったのだけど、兎に角、自己中心的だと感じられてしまうほどの美しさ、媚びへつらいだとかそういうのをまるで感じない、自由ってこういう人のことを言うのかなぁ、って考えながら大きな写真を見てた。

    話があちこちに飛び散っちゃうから、映画の話に。
    この作品は色味が良くて、華やかなのだけど淡くて脆い感じがとても好きだったなぁ…高潔な美しさというよりも、時間が積まれたことによる美しさ、こっちの方がより触れ難い感じがするというか…それだけでとても好きだった。

    この映画を観ていて
    "人間は自由の刑に処せられている"
    って言葉がずーっと頭を巡ってた。
    自分も、いつまでも幸福な檻を探し続けなければなぁ、と思う。

  • 3.6

    Nomさん2021/11/29 02:57

    クラシック作品いいですね〜。あの色味、荒さが心を落ち着かせます。

    ホリーの自由奔放さには「おいおい」ってなるけど、オードリーヘップバーンの綺麗さ、無邪気さが相まって素晴らしいものになりますね。

  • 4.0

    Nealさん2021/11/29 02:29

    この映画について人種差別的
    だのオードリーに似合わない役
    だとか色々聞く…

    個人的には50年以上過去の映画に
    現代の価値観を当てはめるのも
    どうかと思うし…

    女性に純潔さや清純さを求める
    固定観念は視野を狭めるだけの
    それこそ古い価値観だと思う。
    (清純派とか言われるの女性俳優だけな
    気がする…)

    永遠の妖精と呼ばれるオードリー自身
    もこの役は当初やりたがらなかった
    らしいが、彼女が演じたからこそ
    ホリーの役は金や地位を好みながらも
    どこか品があり、自由奔放で気さくな
    ようでいてどこか影がある男を振り回す
    猫のような女性として光っていて
    冒頭シーンのような洗練された魅力が
    生まれた。

    ストーリーはシンプルで突飛だけどホリーの気まぐれさが際立って個人的には好き

  • 3.7

    うっちーさん2021/11/28 20:35

    アイドル映画のハシリ的な?オードリーのギャラ、衣装代のコストが嵩んで監督と脚本にお金が回らなかった感凄い…ですが、moon riverが頭から離れません。オードリーの魅力爆発。こりゃ永遠に語り継がれますね…
    このお方を超える女優は果たして誕生するのでしょうか!ちょっとだけ期待!

  • 3.8

    じゅさん2021/11/26 19:56

    オードリーヘップバーンがただただ美しすぎた。
    当時の海外にあるティファニーってこんなにキラキラしてたんかな〜

  • 3.8

    あやかさん2021/11/26 02:42

     オードリー・ヘップバーンが出てる作品初めて見た!めちゃくちゃ見てみたかったから良い機会になりました。
     メッセージ性を深く考えるとあんまりハマらないけど、ストーリーがロマンチックすぎて昔から愛される魅力が私もわかっちゃいました!特に今までやったことがないことをしようデートのシーンが好きすぎて私もこんなデート一生のうちにしなきゃってな感じで憧れます。
     オードリー・ヘップバーンが演じる女性は小悪魔的なんだけどわがままで若干もやってする人物像だけどオードリー・ヘップバーンがチャーミングすぎてドンドン引き寄せられてしまう、、、。オードリー・ヘップバーンって時代を超えても超魅力的な人なんだなあって思い知らされました。

  • −−

    hayakaさん2021/11/25 21:54

    「俺が好きなんだろーそうよ、さよなら」
    「彼さえいれば私は絶対彼女よりお金持ちよ」
    「ここを出るのに4秒かかるけど2秒で出てって」
    仮面
    「檻じゃない、愛だーどっちも同じことよ」
    「自分だけが自由の気でいても生きるのが恐ろしいのだ。自分で作った檻の中にいるのだ。その折はテキサスでも南米でもついて回る、自分からは逃れないからだ」

  • 4.3

    Mikさん2021/11/24 00:47

    初めて観たのは中学生の時で
    オードリーの可愛らしさ以外は
    ハチャメチャでまったく意味が分からなかった
    この度改めて観たけれど
    やっぱハチャメチャだよね笑
    1960年頃のニューヨークが
    文化的にいかに華やかで勢いがあったかがよく分かる
    なにあの可愛い耳栓!欲しい!笑

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました