お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

冒険者たち

G
  • 字幕

パリの大空、煌めくアフリカの海、そして海底に眠る財宝…三人の男女の愛と友情を描いたロマンあふれる青春レクイエム!

パリ郊外の飛行クラブで教官を務めるマヌー(アラン・ドロン)、レーシングカーの画期的なエンジン開発にいそしむローラン(リノ・ヴァンチュラ)、そして前衛彫刻家の卵、レティシア(ジョアンナ・シムカス)。微妙なバランスの友情で結ばれた三人は、コンゴ動乱の際に海底深く沈んだ5億フランの財宝を引き上げるため、アフリカの海に旅立った。しかし、その財宝をつけ狙う一味が現れ……。

詳細情報

原題
LES AVENTURIERS
関連情報
原作:ジョゼ・ジョヴァンニ『生き残った者の掟』 撮影監督:ジャン・ボフェティ 音楽:フランソワ・ド・ルーベ 美術監督:ジャック・ドヴィディオ 製作:ポール・ラファーギュ,ソサエテ・ヌーヴェル・ドゥ・シネマトグラフィ
音声言語
フランス語
字幕言語
日本語
制作年
1967
制作国
フランス
対応端末
公開開始日
2020-11-06 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入220円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
220
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
220
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

クラシック洋画ランキング

冒険者たちの評価・レビュー

3.9
観た人
2203
観たい人
3073
  • 5.0

    tsumumikiさん2021/05/14 06:17

    アラン・ドロンの新たな一面を見たような気がした。三者三様、魅力的。古い映画とは思えない新鮮さですぐに映画の世界に引き込まれていった。水葬するシーンは幻想的で哀しみが沈みゆく海と同じように深まっていく。 アラン・ドロンのラストのセリフと美しい顔がたまらなく良かった。

  • 4.5

    植松眞人さん2021/05/02 18:37

    シネフィルWOWOWで。
    学生の頃、名画座で見たときには音楽の付け方やカット割の古臭さが気になって仕方がなかった。
    でも、僕も大人になりました。いろんなものを超えて、この映画の面白さがわかるようになりました。
    細かなっての問題よりも、主人公三人の生き生きとした表情がなによりもいい。そして、たゆたう光の中を大人買いうろうろする様がいい。
    個人的に主人公の職業が面白い映画にハズレなし、と思っているんだけど、この映画の主人公たちも熱い思いで金にならない仕事をしているというところで僕のセオリー通り。見事に面白い。

  • 4.2

    notebookさん2021/04/25 18:27

    レーシングカーの新型エンジンの開発を目指す中年男・ローランと、曲芸飛行のパイロットの若者マヌー、ローランの工房に材料探しにやってきた駆け出しの彫刻家レティシア、それぞれに夢を持った三人が出会う。しかし、三人それぞれに挫折がやってくる。傷心の三人は莫大な財宝が沈んでいるとされるコンゴの海に向かう…。

    男女3人の愛と友情を描いた、青春映画の代名詞。青春とは何も若者だけの特権ではない。

    3部構成の物語のどれもが輝いて見える。
    男2人の危険で無謀な挑戦と、レティシアとの出逢い。
    永遠の夏休みのようなコンゴの海での宝探し。3人の不思議な三角関係とでもいうような微妙な関係と男の友情。
    そして、愛するレティシアを失い、彼女の生まれ故郷で過ごす悲しみに浸る日々。

    青春というには、3人は良い歳をした大人に見えるのだが、夢を抱いて邁進する姿は瑞々しく、羨ましい。

    自分たちの描く「夢」が敗れ、現実的な「夢」を買える大金を掴んだが、「夢」のような関係を失う。
    レティシアを失ってからは、まるで通過儀礼に失敗したかのような虚無感が残る。

    冒険とは、日常とかけ離れた状況の中で、なんらかの目的のために危険に満ちた体験の中に身を置くことだ。
    その多くは、若さに身任せた無謀で貴重な人生経験だ。

    ネットの仮想現実に夢中になる現代の人々に、本作は輝いて見えるのか?
    冒険とは自分の殻の外に出てこそ味わえる発見であることを本作は今も教えてくれる。

  • 3.0

    Jeffreyさん2021/04/25 18:17

    「冒険者たち」

    本作は1967年にロベール・アンリコが監督、脚本を務め、主演にアラン・ドロン、リノ・ヴァンチュラ、ジョアンナ・シムカスが出ている。あの黒人初の主演俳優賞を手にした「野のユリ」のシドニー・ポワチエとの結婚で若くして映画界を引退した女優ジョアンナ・シムカスの代表作であるのは有名だろう。フランソワ・ド・ルーベが作曲し、シムカス扮するヒロインの名を与えられたテーマ曲"レティシア"は劇中で繰り返し使われているのも特徴。年代を超える素晴らしい内容の映画で、水も滴るいい男ドロンが兎に角イケメンやわ。ジョゼ・ジョヴァンニの小説"生き残った者の掟"の第1部を映画化した作品で、それぞれの夢に破れた男2人と女1人の3人組が、共に宝探しの冒険へ旅立ち、財宝を得の手にしようとした結果の悲劇的運命を描写した作品である。夢に敗れた3人の物語は必見。

  • 3.5

    いきさん2021/04/24 17:16


    ビターな青春。
    波の音が良い


    なんか最後のあたりずっと昔に観たことある気がする。
    アランドロンのいろんな姿が見れてお得。無精髭も良いね〜!

  • 3.7

    トシオ88さん2021/04/24 02:46

    フランス映画🇫🇷、ビターな香りとでもいうのか、ハリウッドとは違う苦い個性がまだこの当時は作品の中に濃厚に漂っていたと思う。

    サムネイルの写真からは明るい雰囲気、男2人と美人が1人、そんな空気感を漂わせているが、終幕、やるせない沈黙と波の音と鴎の鳴き声が映画を支配するなんて誰も思わない😢

    とある事から知り合った3人、やがて挫折を各々経て、曖昧な情報を頼りにアフリカコンゴの沖の海底に沈んだ財宝に人生の夢を賭けて探索に挑むが…

    主役の3人が見事に個性を活かして映画に華を添える。アランドロンの端正な佇まいは、やはり彼ならではもの。珍しく無精髭の姿も見せるが、後半の🕶サングラスと🧥コートを身につけたスーツ姿は格好良すぎます😆
    映画は終幕に近づくほどにビターになるけど、理想を追う自由な3人の描写の前半の演出は、今の時代にはない愉しさに満ちていて堪らないです😃🇫🇷

  • 4.5

    cuummaさん2021/04/20 20:49

    イケおじ2人と女性1人の三角関係を、切なく美しく描いた大人の青春映画。

    後半、海を舞台にしたところが特にいい。夢を求めて漂っている3人の心を表すかのようで…。アラン・ドロンは海が似合います!!

  • −−

    ssさん2021/04/17 17:58

    フランス!!
    年始、なんとなくこの作品から。
    情景も俳優陣もキラキラしている。

    一見アンバランスな3人なのに、この3人ではなくてはならない感。
    というか、アラン・ドロンはやっぱりどの角度から見ても美しいもんだ…。

    2021/1/4

  • 4.2

    よっすさん2021/04/15 00:05

    1967年、フランス映画。

    車のエンジニア、パイロット、アーティストの卵の3人の男女が5億フランの財宝を求めて赤道直下コンゴの海を探検する。

    地中海のオージャンブルーがひたすら美しい。
    あとアランドロンが渋かっこいい。

    恋、友情、冒険と見どころ満載でした〜

  • 3.0

    いち麦さん2021/04/11 14:20

    (新・午前十時の映画祭) 一獲千金の夢を追って飽くなきチャレンジを続ける男二人と陽気な女性前衛芸術家の親交を描いた名作ドラマ。度肝を抜く複葉機のアクロバット飛行や美しい廃墟島の全景シーンを大画面で観られて幸せ。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す