お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話

G

あなたと過ごした日々は宝物でした――体は不自由、心は自由!

北海道札幌市。鹿野靖明は幼い頃より難病の筋ジストロフィーを患い、体で動かせるのが首と手だけ。24時間365日だれかの介助がないと生きていけない体にも関わらず、医師の反対を押し切って病院を飛び出し、自ら集めた大勢のボラ(ボランティアの略称)たちと、自立生活を送っている。夜中に突然「バナナ食べたい」と言い出したりする自由すぎる鹿野を介助するボラの一人、医大生の田中はいつも振り回される日々。ある日たまたま鹿野宅を訪れた田中の恋人・美咲まで新人ボラに勘違いされてしまう。おまけに鹿野は美咲に一目ぼれし、田中は彼の代わりに愛の告白まで頼まれる始末!最初は戸惑う美咲だが、鹿野やボラたちと共に時間を過ごす内に、自分に素直になること、夢を追うことの大切さを知っていく。ところが鹿野が突然倒れ、命の危機を迎えてしまう…。

詳細情報

作品公開日
2018-12-28
音声言語
日本語
作品公開日
2018-12-28
制作年
2018
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2019-07-10 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ヒューマン邦画ランキング

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話の評価・レビュー

3.7
観た人
18401
観たい人
17656
  • 3.3

    supaidammaさん2020/07/05 18:47

    敢えて言おう。
    偏見ではなく。
    こういう性格の方は多い気がする。
    財力が為せる技が、人脈かはどちらでもいいが、好きなことをして毎日とにかく生きてるという本当の意味を改めて知った。

    歳を重ねると毎日は早い。
    早いからこそ、常に進みたい。
    やりたいことしたい。

  • 4.0

    tetsuyanabeさん2020/07/05 15:24

    期待しないで観たんですがとっても良い映画でした。

    人は死ぬ。でも普通は死を意識して今日1日を生きていない。
    夢に向かって日々進んでいるかな。
    1日1日をもっと大事に生きないとな。

    これどこまでが実話なんだろう。

  • 4.7

    eさん2020/07/05 15:12

    どんな状況でも夢を諦めないで強く生きることは大切だと感じた。
    自分の心持ち次第で何にでもなれると思った。

  • 3.4

    nanananaさん2020/07/05 15:05

    ちょっと現実離れじゃないのかな、と思うところも。
    でも暗くも重くもなくいい話だったのと、生き方がかっこよかった。

  • −−

    ムラチさん2020/07/05 13:37

    ムカつくぐらい勝手なのに構わずにはいられない、
    支えられないと生きていけないことを改めて感じさせられる映画

  • 3.6

    kazuuさん2020/07/05 12:05

    大泉洋!高畑充希ちゃんの…を触るなんて羨ましすぎるだろ!

    北海道と大泉洋氏、三部作シリーズ?とも思ってしまったが、食べ物は出てこない😅

    フィクションじゃなく、実話なんですよねー。
    実際にこういう人がいて、大勢のボランティアと生活を共にしてきた。
    自分の振る舞いがわがままである自覚と同時に、ボランティアの方にも影響を及ぼしてきた。
    人を頼らないと生きていけない人生、でも卑屈ばかりにもなっていられない。
    自分は健常者なので、水一杯飲むのに苦労はいらない。でも彼はそれすらもかなわない。障害者の方が人のありがたみを実感できるのかも。普段できている事が、やってもらっている事が、ありがたいと思う事は本当に大事だと思った。
    親になったり、いつもの生活が出来なくなったり、そういう時にしか実感出来ないのは、やはり悲しい。

    映画自体は、ラスト号泣させられるパターンかと思ったが、そこまではいかなかった。それでもラストはホロっとくる。

    大泉洋氏いいよなー。普段はおちゃらけキャラだけど、役はバッチリハマり役。この映画がそこまで悲壮感なく、振る舞いにイライラせず見られるのは彼の演技によるところが大きい。
    周囲の役者さんも良く、高畑充希ちゃんも上手いと思う。春馬君も頼りない男感良く出てる。
    佐藤浩市氏が出てくるシーンは、画面がいきなりヘビーになる。いやーすげー存在感だわ。

    障害者を扱った映画だが、そこまで気負わず見れ、そして色々考えさせられる映画でした。

  • 4.0

    ヘビメタおやじさん2020/07/05 06:49

    1624本目。本人の生き方が素晴らしいので、映画もよいものになっています。助けが必要な人は助けられて当然という哲学がいいです。そして、助ける側にも得るものがあるというボランティア本来のあり方も素敵です。大きな事件が起きるわけでもないけれど、彼の振り撒くわがままが楽しくて一気に見られました。役者たちの演技も安心できます。

  • 4.2

    nokonokoさん2020/07/05 05:13

    大泉洋さんでないと、こんなに愛おしいキャラにはならなかったのではないかな。

    無茶苦茶な奴だと思ってたら、一生懸命でひたむきで…。

    人は支え合って生きている。

    諦めないこと。正直に生きること。

    見習いたいとさえ思った。ありがとう。

  • 3.8

    ぼぼっちさん2020/07/04 23:32

    実話というのはある意味安心して観れますし、脚色付いていたとしてもこの方がいた証として残るので個人的には好きです。

    どんな展開かおおよそ予想ついても、泣いてしまうんですよね〜。

    綺麗事だけじゃない、みんな不器用な人間なところがいいと思いました。

  • 3.6

    tamu1616さん2020/07/04 23:29

    大泉洋がよかった。
    そしてボラの精神に感動。
    で、ボラをボラと思わせない人間関係に主人公の人柄がある。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る