お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ヘブンズ・ドア

G

生きろ!あと三日の命。最高のエンディングが心に突き刺さるアクション・ロードムービー!!

好き勝手に生きてきた28歳の勝人(マサト)は、ある日突然、余命わずかと宣告される。途方に暮れる彼が出会ったのは、幼い頃から病院で暮らし、外の世界を知らない14歳の少女・春海(ハルミ)。彼女も病で、勝人と同じように長くは生きられない。海を見たことがない春海のため、勝人たちは病院を抜け出し、海を目指すことに。ところが盗んだ車には、拳銃と大金が積まれていた。警察、謎の組織、死の恐怖に追われながら、「死ぬまでにやりたいこと」を叶えていく二人。残された時間は、あとわずか。はたして二人だけの“天国”には、たどりつけるのだろうか?!

詳細情報

関連情報
原案 映画『ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア』:エグゼクティブ・プロデューサー 豊島雅郎:亀山千広,藤島ジュリーK.,スーパーバイザー 小川真司:石原隆長,松谷太郎,プロデューサー 宇田充:関口大輔,原藤一輝,オリジナル脚本 トーマス・ヤーン:ティル・シュバイガー,撮影 小松高志(JVC):照明 苗時友一郎:サウンド・デザイン Mitch Osias:美術 岩城南海子:編集 武宮むつみ:音楽 Plaid(サウンドトラック:BEATING):主題歌 :アンジェラ・アキ「Knockin’ On Heaven’s Door」(EPICレコードジャパン)
音声言語
日本語
制作年
2009
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2019-12-20 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

キャンセル

ヒューマン邦画ランキング

ヘブンズ・ドアの評価・レビュー

3.1
観た人
1365
観たい人
514
  • 4.0

    あいさん2021/12/03 05:13

    https://twitter.com/cham_ai/status/1467168602990481409?s=21

  • 4.6

    キャシーさん2021/11/07 00:09

    雨の中踊るシーン、カメラが切り替わってビチビチしてる勝人が映った時はB級ホラー映画の雰囲気を醸し出していて不謹慎にも大爆笑してしまった。
    まさかのキャスティングの二宮君。でも似合うぞ……
    アンジェラ・アキのテーマソングめちゃくちゃ合う〜〜!!ボブディランの原曲よりも更に爽やかな曲調が、この映画と絶妙の相性。
    エンドロールずっと最後のシーンの続きですが、春海ちゃんは海を眺めながら何を考えていたんだろうか。
    長瀬さん、福田さんのキャスティングが最高。天才。ありがとう。

  • 3.3

    ロコロコさん2021/11/06 12:46

    あと3日で死ぬとしたら…どうやって過ごすだろう。。

    多分やりたいこといっぱいあげて、そしたら時間がたっちゃって一番やりたいことだけやるんだろうなー。
    それか全くいつもと変わらない日常を送るかな。。

    めちゃくちゃだけど、車にお金があるとか、銃があるとか(笑)

    悲しまないで死をどう受け入れるか…みたいな。
    そんな気持ちで毎日生きれたらいいんだろうけど、どうしても明日が来るとどこかで信じてしまっている…

    海を見ながらあっちの世界に行けたら…幸せなのかもな…

    長瀬智也さんのかっこよさよ…。
    ニノのホスト姿…。当時なんか話題になっていたかも…

    明るく死を受け入れられる映画かな。

    ただ、実際に余命数日と言われたらこんなに明るくはいられないだろうけど、こんな風に色々やりたいって気持ち普段からもってたいな。

  • 2.9

    熊平さん2021/10/29 13:11

    鉄コン筋クリートの人だ、で観てみました。

    ノッノッノキノンです。余命宣告された男と少女が海を目指すロードムービーです。途中悪い会社の人たちが絡んだりします。面白かったです。長瀬かっこいいです。有名どころがちょこちょこ出てます。

    ドイツ映画のリメイクらしいですが、そっちはまだ観てません。
    ポスターってか画像が無いのは大人の事情でしょうか。

    エンディング曲はえ?日本語?ってなりました。

  • 2.5

    もりぴよんさん2021/10/25 12:41

    心臓の疾患って設定、忘れちゃったの?
    長瀬が悪い意味でただの長瀬。演技しろよ。
    内容もクソ。ただのイカれた犯罪者が死ぬだけの話。

  • 2.9

    生クリームフェチさん2021/10/23 07:26

    長瀬がひどい脚本を演じきった印象

    最低限のリアリティーは守らないと見てられない

    瀕死の患者がここまでできない

    警察にも無理がありすぎ

  • 2.8

    山田さん2021/10/16 18:40

    主演が長瀬智也である、ということがあまりにデカい。
    長瀬智也じゃないと今後思い出すこと無いだろうな〜ってかんじの可もなく不可もなく…な映画だった

  • 3.0

    carboncowboyさん2021/10/11 17:10

    (評価基準)
    3.0< 面白かった
    3.5< また見たい
    4.0< DVD買って保存したい
    4.5< 一生ものの映画

  • 2.8

    hiromixさん2021/10/10 22:10

    長瀬がカッコいい。
    男前だな、ほんとに。

    主人公みたいな生き方をきてきたから、高級車盗んで旅に出て、死期の近い女の子の夢を叶えることができた。

    いくら死が近いと言っても、普通の人ならあそこまでできないな。

    ストーリーは、警察、警察に睨まれてるヤクザみたいな会社から追われてるという設定だったから、もっと、色々、できたんじゃないの?と思って残念。

  • 2.8

    TrueRyさん2021/10/10 14:47

    ドイツ映画の「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」の日本版リメイク。
    原作はもともと私がめっちゃめちゃ好きな作品だったので、どんな形でリメイクされているかを興味本位でみた。

    まぁ、リメイクとしては正しいんだけど、原作のコミカルなところや印象的なストーリーを削りながら、展開を追っているだけ、と感じたかな。原作は漫画的ともいえるコミカルさが、余計にシリアスさを際立たせており、そのバランスが秀逸。こちらはどっちつかず、ややシリアス路線だが、それなら母親のエピソードや、裏ボスの所も深堀してほしかったかな。

    ただ、日本という中での世界観や、主人公を少女に変えたのはよく出来てると思う。心に刺さるセリフもあったし、長瀬さんの発作・痙攣シーンは原作をよく観ているな、と感じた。

    クレジットに原作主人公のティル・シュバイガーの名前があった気がしたけど、つながりはわからず。
    アンジェラアキのノッキン・オン・ヘブンズ・ドアはアレンジも含めてすごく良かった。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました