お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

あの日のオルガン

G

53人の子どもの笑顔を守る。それが、わたしたちの使命だった。

太平洋戦争末期の1944年、戸越保育所の主任保母・板倉楓は、園児たちを空襲から守るため、東京から遠く離れた疎開先を模索していた。最初は子どもを手放すことに反発していた親たちも、日々激しくなる戦火に、せめて子どもだけでも生き延びて欲しいという一心で保母たちに我が子を託す。ところが、ようやく見つかった埼玉の受け入れ先は、雨戸もないボロボロの荒れ寺だった。幼い子どもたちとの生活は問題が山積み。それでも保母たちは、懸命に子どもたちと向き合い、みっちゃん先生はオルガンを奏で、みんなを勇気づけていた。戦争が終わり家族で過ごせる日を夢見て…。そんな願いをよそに1945年3月10日、米軍の爆撃機が東京を襲来。やがて、疎開先にも徐々に戦争の影が迫っていた―。

詳細情報

関連情報
原作:久保つぎこ『あの日のオルガン 疎開保育園物語』(朝日新聞出版) プロデューサー:三宅はるえ 企画:鳥居明夫,李鳳宇 撮影:近森眞史 照明:宮西孝明 美術:小林久之 録音:西山徹 編集:小堀由起子 製作:「あの日のオルガン」製作委員会
音声言語
日本語
制作年
2018
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2020-06-10 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

戦争邦画ランキング

あの日のオルガンの評価・レビュー

3.9
観た人
1434
観たい人
3325
  • 3.3

    ザンさん2021/06/20 10:15

    戸越。戦争による犠牲は計り知れない。懸命に生き延びる。未来ある幼い命を守った美談。でも子どもたちの言動がときに粗暴に思えるのは時代のせい?

  • 3.7

    としさん2021/06/19 23:22

    東京の保育園は空襲から逃れるために埼玉のお寺に疎開保育園を一から始める実話。これまで戦争やそこに生きる人たちの話は多くあるけれど小さい子供たちを育て上げる話は初めてだったしコレが実話だと思うと本当に大変な思いをして生き抜いたんだと思い困難に立ち向かう姿は胸を締め付けられた。保育士さんも同じ人間なので心折れる事もあるし食べ物の無い時代に意思疎通が難しい子供たちの面倒を見るのは立派を通り越して尊敬に値する。

  • 4.5

    むびまるさん2021/06/19 18:16

    戦争から子供を守る保母さんの話。
    自分の身を守るだけでも大変なのに50人の子供も見る先生たちの努力と苦労は本当に凄まじいものだったと思う。
    子供と先生との楽しい時間もあり、だからこそ空襲時との差がきつい。
    みっちゃん先生は根っからの純粋で、ああいう人がいたから子供も笑顔で過ごせたんだろうな。
    楓先生が強くてかっこいい。あれは戸田恵梨香さんにしかできない役。

  • 3.8

    meーpさん2021/06/19 01:29

    題材はとても素晴らしく、また実話だというだけに色々と考えさせられる。

    ただ…、
    もう少しリアリティと丁寧さが欲しかったような気がする。

  • 3.0

    メイマーツインズさん2021/06/06 22:30

    《53人の子どもの笑顔を守る》

    太平洋戦争末期の1944年、東京の子どもたちを守るために埼玉に疎開保育園をつくった保母さんたちの実話奮闘記を映画化。
    U-NEXTで初鑑賞。

    独身時代ならまず観なかったであろうこの作品。
    今や子ども3人の父親だから、この物語は平常心では観ることはできない…
    1945年3月10日の東京大空襲から53人の子どもを疎開させて救った戸越保育園。
    疎開地で開園するまでの苦難、開園してからの苦労も丁寧に描いてあり、保育園関係者の切実な想いが伝わってくる。
    主演の戸田恵梨香。彼女にはこういう芯の強い女性がよく似合う。名優・橋爪功の彼らしい飄々とした佇まいがこの作品を重苦しくなく、ユーモラスなものにしている。

    題材が素晴らしいだけに、ちょっと苦言を…
    戦時中の空気感が作品から漂わない。美術・衣装が中途半端で、映像に軽さを感じる。こういう歴史を題材にしているのなら、映像はもう少し重厚感があった方がいい。
    キャストも今風な雰囲気で違和感がある。だから情感が薄く、作品の世界に引き込まれない。
    そういう意味でとても残念な作品になっている。平松恵美子監督は、山田洋次監督の弟子だから作風は似ているけど…

    3人の子どもの父親として、子ども保育に尽力されているすべての方々に感謝と敬意を表したい。

  • 3.5

    LEGIONさん2021/06/05 07:27

    第2次大戦末期に保母たちが幼い園児たちとともに集団で疎開し、東京大空襲の戦火を逃れた「疎開保育園」の実話を描いた物語。人間の持つ判断力は他人の命を救うことに大きく繋がるということをこの作品を通して学んだ。命にまで関わらなくとも日々の小さな選択が人の人生を創り上げていく。戦争下で苦しくなっていく生活の様子や登場人物の心身が追い込まれていく様は見ていてとても辛かった。事実を基に作られていて東京大空襲で何万人もが亡くなったということを踏まえるととてつもないことを成し遂げたと思う。未来を変えられるのは子供達だけ。その子供を守るということは未来を作ることでもある。
    登場人物の特徴がそれぞれ愛着が湧きやすく、バランスの良さを感じた。楓先生は考えがぶれない太い芯を持っていて強い心のある人物として描かれている。そのような人物が悲しみを募らせ涙を流す場面を見ると悲しみが募る出来事を映像としなくてもどれほど辛いかが伝わりやすかった。みっちゃん先生は子供たちの気持ちを代弁したり、彼らの視点に立って発言をしてくれる。だからかそれほど子供たちのセリフや場面がなくても子供たちの抱く感情が感じ取れた。

  • 3.1

    kenさん2021/05/28 22:32

    あんまりオルガン関係なかったけど、アメリカとの大きな戦争の最中に疎開先で様々な問題と直面しながら小さなモンスターとの悪戦苦闘の日々を描くと共に、戦争の過酷さや悲しさ、虚しさがしっかり描かれていた。「家族はつらいよ」シリーズの橋爪さんをはじめ若干のキャストの面々がちょっとしたほんわか要素として良いマイルドさを醸し出していた。NHKの朝の連続テレビ小説の題材になりそうなドラマやった。(2021-205-5-44)

  • 3.3

    すぽんじさん2021/05/28 22:32

    1944@東京
    こんな話があったんだなぁ…( ⋅́-¡` )
    キャストが豪華。
    三浦透子が出てて、絶対歌うんだね!って変に期待してたからズッコケた。
    でも好きな佐久間由依が歌ってくれたから良いんだ…♡
    『日輪の遺産』でも思った事だけど、
    表面に描かれてない地獄はまだまだあったんだろうなぁ…と考えるとやっぱり戦争って碌でもない。

    2021/05/28GYAO無料配信

  • 4.0

    ちどりんさん2021/05/27 04:25

    戦争のときの保育園児を疎開させた保母さんの実話。
    自分のことでさえいっぱいいっぱいの戦乱の中、よそ様の子供を預かっているという自覚をしっかりと持って保母さんたちを束ねたカエデさんがとても立派だった。

    戦争ものの作品を見るといつもなんの罪もない多くの人間の命を奪ったアメリカや戦争を起こした陸軍に強い憤りを感じる。
    二度と悲惨な戦争を起こしてはならない。
    せめて私たちにできることは頼りない、偏った考えの議員や党を選ばないこと。
    戦争でなくても今のコロナ禍の政治を見ていたらつくづく思う。
    少し飛躍しているかもしれないがそんなことを考えた。

  • 4.0

    りんさん2021/05/25 22:34

    生活の中にじわじわと確実に染み渡っていく「戦争」の描かれ方がリアルすぎて辛かった。泣けた。
    大切な人はどんどん亡くなっていって、街が焼けていって、食べ物は無くなっていって それがいつ終わるかもわからないなんて
    ほんとに辛い
    大原櫻子はハマり役

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る