お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

空母いぶき

G

運命の、24時間。

20XX年、12月23日未明。未曾有の事態が日本を襲う。沖ノ鳥島の西方450キロ、波留間群島初島に国籍不明の武装集団が上陸、わが国の領土が占領されたのだ。海上自衛隊は直ちに小笠原諸島沖で訓練航海中の第5護衛隊群に出動を命じた。その旗艦こそ、自衛隊初の航空機搭載型護衛艦《いぶき》だった。計画段階から「専守防衛」論議の的となり国論を二分してきた《いぶき》。艦長は、航空自衛隊出身の秋津竜太一佐。そしてそれを補佐するのは海上自衛隊生え抜きの副長・新波歳也二佐。現場海域へと向かう彼らを待ち受けていたのは、敵潜水艦からの突然のミサイル攻撃だった。さらに針路上には敵の空母艦隊までもが姿を現す。想定を越えた戦闘状態に突入していく第5護衛隊群。政府はついに「防衛出動」を発令する。迫り来る敵戦闘機に向け、ついに迎撃ミサイルは放たれた……。

詳細情報

関連情報
原作 かわぐちかいじ「空母いぶき」(小学館「ビッグコミックス」刊・協力:惠谷治):企画 福井晴敏:監修 かわぐちかいじ:撮影監督 柴主高秀:照明 長田達也:録音 尾崎聡:美術 原田満生:江口亮太,音楽 岩代太郎:製作 『空母いぶき』フィルムパートナーズ
音声言語
日本語
制作年
2019
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2019-11-06 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入550円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,037
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,546
ご注文手続きへ

キャンセル

戦争邦画ランキング

空母いぶきの評価・レビュー

3.4
観た人
8568
観たい人
4733
  • 3.5

    vincentさん2021/12/05 23:39

    こと自衛隊が絡んで来るとドラマ作りは難しくなる。
    自然災害やら怪獣相手ならどう弾けようと苦笑いに止まるが、政治が絡むと物語りにニヒリズムでも漉き込まないことには収まりがつかなくなる。
    そんなだから脚本に伊藤和典が居たので一安心。

    それにしても、本作でもゴジラでも日本沈没でも政治家や役人がやけに真っ当なのが寂しい。
    現実の永田町と霞ヶ関があんなだからね。
    東日本大地震の時つくばの学校から国家公務員の子弟が一斉に消えたとか、総務省の食堂では福島県産の農産物は使わないとか。
    これは都市伝説だけどねとまことしやかに囁かれて、ホントかいなと笑ったことを思い出した。
    けれども、映画の中でお役人が立派であれば立派である程、彼等にまつわる都市伝説が本当かもしれないな、なんて思ってしまうのは何故だろう。

  • 3.5

    テツさん2021/12/05 18:42

    自国防衛の自衛隊の立場の難しさが、良く表現されていて面白かった‼️ 架空の話とはいえ、あり得る話だから現実味が有りました。

    このまま平和な日本であってほしい‼️

  • 4.3

    oden8eatwalkerさん2021/11/24 18:25

    思い出めも✈

    少し前に観た作品なので、朧げ。

    日本の戦艦ものにほぼほぼ興味がなく、
    全く関心がなかった作品。
    何故鑑賞したのかも思い出せない。


    今の日本で、こんなことが起こった場合に、どうなるのか??
    西島さんの様な判断が下せる人物がいるのか?
    はたまた、蔵之介さんの様に
    違う考えを持っていても上官と運命を共にできるのか?

    この二人の穏やかな対立と
    徐々にお互いを補う関係に
    見応えがあった。


    西島さんは元飛行機乗りのキレもん。
    蔵之介さんは船乗りの仲間思い。
    他の艦の艦長も曲者揃い。
    市原隼人くんは、渋〜いエースパイロット。
    総理に浩市様❤だった気が…

    彼らの経験と英知でどの様に難局を超えていくのか。
    彼らが守るべきは、国か、国民なのか?
    実際は二択ではなく、
    二つは密接に関係していて
    彼らの選択は困難を極める。

    彼らが下した決断と行動とは?


    戦闘シーンに迫力と構成力があり、
    役者陣のネームバリューに偽りのない演技で
    めちゃクソ魅了されてまいました。

    平和というと大袈裟かもしれませんが、
    些か考えさせられるところも。
    艦隊ものなので、組織の意思決定の重要さなんかも考えさせられる。


    最後の蔵之介さんと西島さんのやりとりには、思わず涙がちょちょぎれました。

    洋画の軍ものもいいが、人間の繊細さを描くのであれば
    邦画も素敵な作品が多いのかも❤


    cast 4.5
    story 4.5
    architecture 4
    Picture 4.5
    acoustic 4

    他のフィルマの皆様のレビュー観て
    以下追記

    温度差えげつないなぁ…
    ちゃんと観ないといけない作品だったのでしょうか?
    原作あったの知らず、軽いノリで観てしまった。
    些か反省してます。

  • 2.0

    ゆゆゆさん2021/11/18 23:15

    かっこいいけどそれ以外の出来がひどい

    「戦争したくない」「敵も味方も誰も死んでほしくない」ってそんなん当たり前やろ!全員思ってるわ

    登場人物全員「戦争したくない」しか言わない。全編ずーっと「戦争したくない」しかいわない。全然面白くない。30分でイライラしてくる

    アホみたいに「専守防衛します」しか言わない。専守防衛をどう解釈するのかを言えよ!!そこが大事だろ

    「戦争を防ぐための戦いもあります。戦争をしないって難しいですね」でまとめられて、結局何を言いたいの???って感じだった
    そんなもんこの映画見なくてもわかるくね?

  • 1.0

    Filmarks11さん2021/11/14 14:20

    原作が台無し。。
    かわぐちかいじも、こんな映画化を承認してはダメでしょう。
    最後なんて原作とは真逆の演出だもんな。映画は、原作とは別物の独立した作品との意見もあろうが、こと安全保障がからむテーマではダメだろ。原作の評判をも貶めるトンデモ映画。原作者も金に目がくらんだのかなんか知らんが、映画化は慎重に。監督も選んで。脚本は原作のメインテーマから逸脱しない様に、映画化の際には、契約書に細かく制約を記載して欲しい。

  • 3.5

    rincororin09さん2021/11/12 06:14

    それっぽいなぁ…と思ってたらやはりかわぐちかいじ氏の原作だった。予備知識なく鑑賞(^^;
    突っ込みどころはあるけど、現代の戦闘ってこんな感じ…というのがよく分かると思った。敵の顔が見えないし、国民からも見えない戦争。
    そしてこういうことは、海でも陸でも、世界のどこかでいまだに起きているということ。

  • 2.5

    みじんこさん2021/11/09 15:38

    ん~、ん~、ん~
    脳内で多少は編集しないとちょっとわかりづらいダイジェスト版みたいな作り。
    キャストはすごい、斉藤由貴綺麗!ジャーナリスト役の女の子は大事な役なんだからもっと頑張ろう。

    内容は、、、何か偏ってあるような。
    自然な風景がほぼ無く、船内がほとんど。

    コンビニシーンいらない、スーパーでは無くコンビニ駆け込む暇な住民。
    そして全てが売り切れる謎の商品陳列棚。
    非常事態に化粧品も漫画本も冷凍食品も全て完売、、、
    逃げる気無いだろ。
    店長見ていると気分が悪くなる。

    ジャーナリストの綺麗事。
    使命感で鼻息荒い割にはやっていることは1つ間違えれば争いがおこることは全無視して自己満に走り結果論で助かる。

    トータル3名死亡の内、1名は怪我人運んでいるやつのミス。
    敵の傍で武器をフリーにする自衛官には命は任せたくありません。

    、、、これ原作もこんなもんなのかな?

  • −−

    miiさん2021/11/08 21:00

    ささやかな幸せを守る人たちへの感謝を持ちつつ、当たり前の日常を保ちたいなと思った。

    こうして可視化出来る戦闘はきっと私たちの知らないところで頻繁に起きているのだろうな、
    現代はサイバーや良心に化した武器をもって実感の無いまま知らず知らずも戦時中。
    気づけた方が賢いのか、知らない方が幸せなのか、そこのところも難しいなと感じた。

  • −−

    さしすせさん2021/11/07 19:24

    憲法9条を扱うせいか、多方面に配慮し過ぎて結局何を伝えたいのかが薄くなってしまったように思う。
    原作ではどこまで踏み込んで描かれているのか気になった。

    戦闘機類もみれて、海洋アクション(というジャンルがあるかは謎だが)として楽しむ分にはよかった。
    術式や武器名など、耳馴染みのない単語を聞き取るのが難しいため、巻き戻し再生が可能なDVDや動画配信サービスでの視聴が無難かもしれない。

  • 4.0

    Junさん2021/11/07 00:02

    当たり前の日々。当たり前のような幸せ。
    それがどんなに大切なことか考えさせられた。
    戦争は絶対あってはならない。

    戦闘シーンの迫力と緊迫が素晴らしい。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました