お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

こはく

G

「人は孤独とよ」幼いころ突然姿を消した父を求め、兄弟で必死に捜し歩く長崎の街。それは“家族” とは何かを知るための“心の旅”だった――。

長崎県に住む広永亮太(井浦新)は35歳。幼い頃に別れた父のことはほとんど覚えていないが、父が借金とともに残していったガラス細工会社を受け継ぎ、どうにか経営を立て直しつつある。その一方で、かつての父と同じように離婚し、ふたりの息子とずっと会っていない亮太。現在の妻の友里恵(遠藤久美子)とは幸せに暮らしているが、ある日、友里恵から妊娠を告げられ、喜びながらも父親になることへの一抹の不安を覚える。そんな折、母の元子(木内みどり)と暮らす兄の章一(大橋彰)が、街で父を見かけたと言い出した。いい加減なことばかり言って仕事もせずにぶらぶらしている兄が、いつになく真剣な面持ちで父への恨みも口にしたため、亮太は衝撃を受ける。兄に付き合って父を捜し始めた亮太は、自分たちと別れた後の父の人生に思いを馳せる。忘れかけていた子供時代の記憶が蘇り、若き日の母が垣間見せた孤独な姿も思い出すようになる。母は今でも父のことを話すのを嫌がり、亮太が理由を訊いても教えてくれない。そんな母に内緒で父を捜し続けた亮太と章一は、唯一の手がかりとなりそうな元従業員の女性の住所を手に入れるが、その住所を訪ねると、女性はすでに転居してしまっていた。父親捜しは暗礁に乗り上げた。そもそも兄が父を見たというのは本当なのか? 亮太は章一を疑い始め、兄弟の仲が険悪になりかけたとき、母が病に倒れた。病床で初めて、「お父さんは優しかったとよ」と語る母。友里恵が息子の亮平を出産した数カ月後に、母はこの世を去った。そして葬儀の日、ついに亮太と章一は父に関する有力な情報を得る――。

詳細情報

関連情報
原案:横尾初喜 エグゼクティブプロデューサー:相羽浩行 プロデューサー:小関道幸,兼田仁,森田篤 撮影:根岸憲一 照明:本間光平 録音:根本飛鳥 美術:小栗綾介 主題歌:「こはく」Laika Came Back 音楽:車谷浩司 制作プロダクション:FOOLENLARGE
音声言語
日本語
制作年
2018
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2020-06-10 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ヒューマン邦画ランキング

こはくの評価・レビュー

3.2
観た人
542
観たい人
1879
  • 2.3

    サンさん2020/08/07 14:09

    別れた父を探しながら
    自分と自分の周りを
    見つめ直していく作品。

    子供の頃の記憶って
    曖昧で、よく分からない。

    親からどう思われていたのか、
    本当に愛されて
    望まれて生まれてきたのか
    知りたくなる気持ちがわかる。
    私もそうだったから。

    父も母も
    複雑な人生を送ってきた。
    それを知って今さらどうなる。
    今、元気でいるなら
    生きているなら
    顔を見て、ホッとすることが
    一番なのかもしれない。

    アキラ100%さん
    とてもいい演技だった。
    これからも色んな作品に
    出演してほしいと思った。

  • 3.0

    わむさん2020/08/02 15:53

    テアトル新宿の井浦新ウィークにて。

    アキラ100%、すごいじゃん!!!!!と思いました(拍手)
    なんだろう、普通のおじさんっぽい芸人さん(すまん)に普通以下のおじさんみたいな役を演じさせると、めっちゃイイ味出す人っていますよね。

    ストーリー自体は普通といえば普通というか、この世のどこかでこういう人達が生きているのだろうなっていう話だったけれど
    隠しながら逃げながら泣きながらそれでも突きつけられたり受け入れたりして生きていかなきゃいけないのよなあ、と思いました。

  • 3.0

    vanillaさん2020/07/25 14:59

    井浦新さんのリードの賜物なんだろうけどアキラ100%さんが普通によかったのでびっくり。方言でキャスティングされたのかなぁ
    ストーリーに目新しさとかは全くないけどオールロケ?の映画は見てて楽しいから好きだな
    毎度のことながら新のブチギレ演技はマジで怖い

    最後の抱っこしてるシーンは0点です 監督エルゴで赤ちゃん抱っこしたことないな?

  • 3.0

    そめちゃんさん2020/07/23 23:52

    途中に大きな事件がある訳ではないので少し眠くなった。父親の情報が徐々に伝わってきて緊張感が出てくるが、何十年も会ってない人を写真なしで探すのは難しいのではないかな?

  • 2.7

    igooさん2020/07/21 21:00

    『こはく』('19)観た。幼い頃に生き別れた父親を兄弟で探す話し。兄をはじめお母さんや奥さんのキャラ作りがなんか独特で、エキストラの歩調も独特でそれが不思議な世界感を出してた。あと行ったことのない長崎の街の既視感がすごかった。

  • −−

    しずまるさん2020/07/17 02:06

    シリアスな内容を
    丁寧に描いていて
    良かった。
    アキラ100%さんの
    狂気を感じさせる目つきが
    素晴らしいですね。

    後はお風呂のシーン。
    笑のある作品ではないが
    絶対狙ってると思う
    シーンがあったけど
    狙ってはいないと
    どこかで読んだ気がします。
    しかし、偶然とはとても
    思えないです。
    観て是非確認を!

  • 2.4

    かめちゃんさん2020/07/12 17:05

    地元長崎が舞台だったので観てみようと思った作品。
    幼い頃に生き別れた父親を探す兄弟の葛藤を描く。

    私の両親が離婚していて、父の嫌な部分の記憶しかないためか感動も何も出来なかった。

    曖昧だった記憶が探していくに連れ蘇っていくリョウタ、逆に記憶が邪魔して人生上手くいかないのは父のせいみたいに思ってるショウイチ。
    対照的な2人だけどあの後幸せになれただろうか。

    全体的にずっと暗く、何かしら波風たつ訳でもなく、淡々と、割と順調に父親に辿り着いた感じ。

    あのお兄ちゃんの虚言癖どうにかならんかね・・と思ってたけど再会した時のアキラの演技に持ってかれた。
    お兄ちゃんほんとは、恨んでなくて、ただただ会いたかったんだね。


    2020.07.12 DVD鑑賞

  • 3.0

    nobbyさん2020/06/22 20:23

    井浦新は演技は上手いとは思わないけど、独特の雰囲気ぐあって魅力的。一方、オヤジと再会した時のアキラ100%の演技は素晴らしかった。
    ただ、2人に共感できるところがなく、感情移入できなかった。
    でも、ミニシアター系としては、ままあまあだったんじゃないかな。

  • 3.8

    HIKARIさん2020/06/17 18:04

    あきら100%よか~(笑)
    長崎弁が、ほっこりした💕
    出演シーンゎかなり少ないのに
    鶴見辰吾サンと鶴田真由サンの
    ツルツルコンビゎ抜群の存在感でした‼️

    お父さんに会えたシーンゎ
    グッときました😭


  • 3.0

    echoさん2020/06/05 03:33

    音楽が車谷さんだったので
    鑑賞してみたら
    じんわりと感動する作品だった。

    「湯を沸かすほどの熱い愛」が
    『動』の感動なら
    こちらは
    『静』の感動。

    鶴見辰吾さんの演技が
    素晴らしい。
    本当にずっとその役を
    生きてきたかのような演技。

    お兄ちゃんはほんとに
    お父さんが好きで、甘えたくて、
    でもお母さんや弟のために
    がんばってきたんだろうな。

    兄には兄の
    弟には弟の気持ちがある。
    立場や境遇で感じる寂しさがある。

    この物語は
    同じような境遇の人に響く
    作品なのかな、と思った。

    セリフはかなり
    聞き取りにくくて
    字幕欲しかったー!

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る