お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

こはく

G

「人は孤独とよ」幼いころ突然姿を消した父を求め、兄弟で必死に捜し歩く長崎の街。それは“家族” とは何かを知るための“心の旅”だった――。

長崎県に住む広永亮太(井浦新)は35歳。幼い頃に別れた父のことはほとんど覚えていないが、父が借金とともに残していったガラス細工会社を受け継ぎ、どうにか経営を立て直しつつある。その一方で、かつての父と同じように離婚し、ふたりの息子とずっと会っていない亮太。現在の妻の友里恵(遠藤久美子)とは幸せに暮らしているが、ある日、友里恵から妊娠を告げられ、喜びながらも父親になることへの一抹の不安を覚える。そんな折、母の元子(木内みどり)と暮らす兄の章一(大橋彰)が、街で父を見かけたと言い出した。いい加減なことばかり言って仕事もせずにぶらぶらしている兄が、いつになく真剣な面持ちで父への恨みも口にしたため、亮太は衝撃を受ける。兄に付き合って父を捜し始めた亮太は、自分たちと別れた後の父の人生に思いを馳せる。忘れかけていた子供時代の記憶が蘇り、若き日の母が垣間見せた孤独な姿も思い出すようになる。母は今でも父のことを話すのを嫌がり、亮太が理由を訊いても教えてくれない。そんな母に内緒で父を捜し続けた亮太と章一は、唯一の手がかりとなりそうな元従業員の女性の住所を手に入れるが、その住所を訪ねると、女性はすでに転居してしまっていた。父親捜しは暗礁に乗り上げた。そもそも兄が父を見たというのは本当なのか? 亮太は章一を疑い始め、兄弟の仲が険悪になりかけたとき、母が病に倒れた。病床で初めて、「お父さんは優しかったとよ」と語る母。友里恵が息子の亮平を出産した数カ月後に、母はこの世を去った。そして葬儀の日、ついに亮太と章一は父に関する有力な情報を得る――。

詳細情報

関連情報
原案:横尾初喜 エグゼクティブプロデューサー:相羽浩行 プロデューサー:小関道幸,兼田仁,森田篤 撮影:根岸憲一 照明:本間光平 録音:根本飛鳥 美術:小栗綾介 主題歌:「こはく」Laika Came Back 音楽:車谷浩司 制作プロダクション:FOOLENLARGE
音声言語
日本語
制作年
2018
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2020-06-10 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ヒューマン邦画ランキング

こはくの評価・レビュー

3.3
観た人
512
観たい人
1876
  • 3.0

    nobbyさん2020/06/22 20:23

    井浦新は演技は上手いとは思わないけど、独特の雰囲気ぐあって魅力的。一方、オヤジと再会した時のアキラ100%の演技は素晴らしかった。
    ただ、2人に共感できるところがなく、感情移入できなかった。
    でも、ミニシアター系としては、ままあまあだったんじゃないかな。

  • 3.8

    HIKARIさん2020/06/17 18:04

    あきら100%よか~(笑)
    長崎弁が、ほっこりした💕
    出演シーンゎかなり少ないのに
    鶴見辰吾サンと鶴田真由サンの
    ツルツルコンビゎ抜群の存在感でした‼️

    お父さんに会えたシーンゎ
    グッときました😭


  • 3.0

    echoさん2020/06/05 03:33

    音楽が車谷さんだったので
    鑑賞してみたら
    じんわりと感動する作品だった。

    「湯を沸かすほどの熱い愛」が
    『動』の感動なら
    こちらは
    『静』の感動。

    鶴見辰吾さんの演技が
    素晴らしい。
    本当にずっとその役を
    生きてきたかのような演技。

    お兄ちゃんはほんとに
    お父さんが好きで、甘えたくて、
    でもお母さんや弟のために
    がんばってきたんだろうな。

    兄には兄の
    弟には弟の気持ちがある。
    立場や境遇で感じる寂しさがある。

    この物語は
    同じような境遇の人に響く
    作品なのかな、と思った。

    セリフはかなり
    聞き取りにくくて
    字幕欲しかったー!

  • 3.0

    はっちさん2020/05/27 21:45

    アキラの演技は悪くはなかった。幼少期の寂しさから嘘ばかりつくアキラ。自身も離婚経験があって父親になる自信がない井浦新。
    父親を捜したいという気持ちは理解出来たけど、家族を捨ててまで会社の女性にお金を貸す父親の気持ちには到底共感できない。優しい人では片づけられない。
    そりゃ2人で消えたという噂も立つよ。その女性が母親の葬儀に現れる…私が母親だったら化けて出ると思う。
    父親の顔を思い出せないから思い出の父は自分の顔だったのが、再会して思い出が父親の顔に変わってたのがなるほどねと思った。
    それにしても鶴田真由を久々見たわー。

  • 2.5

    kanameさん2020/05/27 21:19

    幼い頃に突然姿を消した父親を当てもなく捜し歩く兄弟の姿を描いた物語。

    複雑な事情を抱える家族のドラマは深くもあるが…あまりにも展開が淡々としているので少し物足りなさを感じる…

    舞台となる長崎県の独特で美しい景観に助けられた、そんな映画だったかなぁと。

  • −−

    ゆいなだなさん2020/05/17 07:02

    2020134
    2020/05/17 レンタル
    レンタルした動機アキラ100%の演技への好奇心が100% 井浦新がちょいちょいイントネーション標準語なる度なんか冷めた アキラは映画の中で役者としても芸人としても頑張ってた 始まり方良かったなぁ

  • 3.2

    mmmmmmmmさん2020/05/10 00:04

    アキラ100%の演技が笑いを若干取ろうとしてて、結局そうなるのかぁと思った。笑
    でも上手だと思った。

  • 3.0

    幸さん2020/05/06 01:20

    うーん。
    しっとり系の邦画は好きなんだけどなぁ。イマイチ響かなかったかな。

    アキラ100%さん、とても良いお芝居だった。

    WOWOW録画鑑賞

  • 3.0

    ちぼさん2020/05/04 00:28

    ちょっとあまりにもアキラ100%が気持ち悪くて生理的に無理すぎて何度見るのやめようと思ったことか…。
    別にアキラ100%嫌いって思ったことなかったんだけど役柄と相まって気持ち悪くて無理だった。しかしそれだけお芝居が上手かったということでもあると思う。
    話は淡々としてて盛り上がりも特になく…映画としては物足りない。
    全体的にうーんて感じ。何だかなあ、映画にするほどかなあって。
    なのに最後の父親と再会するシーンはなぜかちょっとうるってしてくるのが癪だな。

  • 3.3

    syさん2020/05/03 16:18

    みんな少しだめで、みんな優しい。
    穏やかな空気の中に寂しさとか切なさとかが詰まっている。
    押し殺した感情は時間が解決してくれるけど、消え去る訳ではなくて何かのきっかけでいつでも顔をのぞかせる。
    何が正しいとか悪いとか、家族であったって人間関係は簡単なものではない。
    けれどその人次第でいくらでもやり直しはできるのだ。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る