お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

こはく

G

「人は孤独とよ」幼いころ突然姿を消した父を求め、兄弟で必死に捜し歩く長崎の街。それは“家族” とは何かを知るための“心の旅”だった――。

長崎県に住む広永亮太(井浦新)は35歳。幼い頃に別れた父のことはほとんど覚えていないが、父が借金とともに残していったガラス細工会社を受け継ぎ、どうにか経営を立て直しつつある。その一方で、かつての父と同じように離婚し、ふたりの息子とずっと会っていない亮太。現在の妻の友里恵(遠藤久美子)とは幸せに暮らしているが、ある日、友里恵から妊娠を告げられ、喜びながらも父親になることへの一抹の不安を覚える。そんな折、母の元子(木内みどり)と暮らす兄の章一(大橋彰)が、街で父を見かけたと言い出した。いい加減なことばかり言って仕事もせずにぶらぶらしている兄が、いつになく真剣な面持ちで父への恨みも口にしたため、亮太は衝撃を受ける。兄に付き合って父を捜し始めた亮太は、自分たちと別れた後の父の人生に思いを馳せる。忘れかけていた子供時代の記憶が蘇り、若き日の母が垣間見せた孤独な姿も思い出すようになる。母は今でも父のことを話すのを嫌がり、亮太が理由を訊いても教えてくれない。そんな母に内緒で父を捜し続けた亮太と章一は、唯一の手がかりとなりそうな元従業員の女性の住所を手に入れるが、その住所を訪ねると、女性はすでに転居してしまっていた。父親捜しは暗礁に乗り上げた。そもそも兄が父を見たというのは本当なのか? 亮太は章一を疑い始め、兄弟の仲が険悪になりかけたとき、母が病に倒れた。病床で初めて、「お父さんは優しかったとよ」と語る母。友里恵が息子の亮平を出産した数カ月後に、母はこの世を去った。そして葬儀の日、ついに亮太と章一は父に関する有力な情報を得る――。

詳細情報

関連情報
原案:横尾初喜 エグゼクティブプロデューサー:相羽浩行 プロデューサー:小関道幸,兼田仁,森田篤 撮影:根岸憲一 照明:本間光平 録音:根本飛鳥 美術:小栗綾介 主題歌:「こはく」Laika Came Back 音楽:車谷浩司 制作プロダクション:FOOLENLARGE
音声言語
日本語
制作年
2018
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2020-06-10 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ヒューマン邦画ランキング

こはくの評価・レビュー

3.2
観た人
912
観たい人
2110
  • 3.2

    おしんちゃんさん2021/09/23 22:34

    静かに淡々と流れる映画。アキラさん演じるお兄ちゃんがなんともいいですね。ラストの再会シーンも名演技だった!
    ドンパチのアメリカ映画とはまったく違うこういう静かな日本映画もいいな。

  • 3.5

    ネコ一族さん2021/09/14 18:10

    もちろん井浦新さん良かった。
    そして驚きのアキラさん!
    なんと俳優、良いではないですか!
    最近TVKの「あっぱれ神奈川大行進」のアキラさん人柄が出ていて良いなあと思っていたら、俳優まで。

    ただ父親役が鶴見辰吾って、年齢がちょっと合わない違和感。

    ラストは本当に泣かされました。

  • 3.0

    ショウジさん2021/09/13 19:16

    母親が息子たちに元夫の話を頑なにしないのが謎だった。理由が理由なんだからしてあげればいいのに…兄の一連の行動もよくわからなかった。

    それにしても斎藤工といい、この監督といい、父親の不在をテーマにした作品を撮りたがる人が多いな。私は小2の頃に両親が離婚して以降会っていなかった父親から、会いたいと言われて成人後に会った経験があるが、何の感慨もなかった。いないのが当たり前だった人に会ってもなんとも思わない、というのが実体験に基づいて得た知見…

  • 3.6

    yuswayさん2021/08/26 07:24

    大橋彰さんにとにかく驚いた。幼い頃の父との別れ以来、順風には行かない人生を重ねてちょっと屈折してるけど人恋しくて心根のひたすら優しい兄をこんなにも表現できるなんて!佇まいだけでどんな風に生きてきたのか語ってしまうなんて一体何者?それはあのアキラ100%!びっくりしました。わかって見てもあまりの予想を超えた役者ぶりで混乱しました。
    父との再会のシーンにはほんとに心震えました。どんな想いで大人になったのか全てわかったような気になった。父を恨んで、でも恋しくて恋しくて。抑え込んできた感情が迸るシーンだった。
    拘りの演出も監督の意図がよく見える。坂道や曲がりくねった道でするっと良太の目線になってカメラが前進し見てる自分の目線になる。同じシーンを役者が入れ替わる演出もすごく伝わってくる。子供の頃の曖昧な記憶が急に霧が晴れるあの瞬間を思い出させてくれた。

  • 3.3

    Akiさん2021/08/23 04:00

    井浦新さんが一番の主役なのでしょうが、アキラ100%さんの「男優 大橋 彰」としての演技が光るいい作品です。大橋さんの熱のこもった演技に泣かされました。

    大村のボートレース場での営業に来ていたアキラさんを見てから、芸人さんとしてファンでしたが、別の素晴らしい才能が見られて嬉しかったです。

    長崎県に住んだことがある方には知ってる景色がいっぱい出てきて、ロケ地巡りをしたくなってたまらないと思います。長崎市、大村市、茂木町や監督のご出身の佐世保市の味のある街の景色がたくさんです。

  • 3.4

    ひこくろさん2021/08/18 03:05

    親子って何だろうなあ、ということを考えさせられた。
    子供にとって親は、厳然としてそこにある「親」でしかない。
    けれど、よく考えてみれば、親にも過ごしてきた人生の物語はあって、親であることはその物語の一部に過ぎないのだ。
    子供は親に「親であること」を求める。でも、親は一人の人間でしかない。
    そういう当たり前のことに、たぶん、親になると初めて気づけるんだろうと思った。

    描かれているのは父親探しの物語だが、それは自分探しの物語でもあるのだろう。
    ただ、「親になれば親の気持ちがわかる」というあまりにもよく言われることをそのまま映画にしたって感じも否めない。

  • 2.8

    Nobuさん2021/08/15 22:04

    親父に何を求めているのだろうか?あまり感情移入できない話でした。
    が、アキラさんの演技は良かったです。

  • 3.6

    ねんねこさん2021/08/14 20:58

    悪人繋がりで、長崎ロケの作品が観たくなり鑑賞。兄弟2人がいい具合に似ていてナイスなキャスティング。アキラ100%が井浦新と並んでも違和感のない整った顔だとは思わず、ポテンシャルを感じた。でも芸人してる時の方が好き。笑
    話は淡々としてて途中何回か寝てしまい巻き戻してリベンジしました。
    音楽が印象的で頭に残った。長崎のエキゾチックな雰囲気とよくマッチしていた。

  • −−

    ぱるさん2021/08/14 16:30

    たまたまtvkでやっていたので鑑賞。
    兄弟が、幼い頃にいなくなった父親を探す話。
    淡々と物語が描かれてて、途中ちょっと飽きた。
    最後、兄は変わったのか。これから変わるのか。それが分かるエンディングだったら良かったな。

  • 3.5

    アイマールさん2021/08/14 05:04

    長崎を舞台に、幼い頃父親に家を出て行かれた兄弟。弟は父親の会社を引き継ぎ、兄は職にもつかずの生活。そんな兄は、市内で父親を見かけたと言う。二人は父親を探す。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る