お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

影裏

G

日本中を感動に包んだ、心震わすヒューマンミステリーの傑作!

今野(綾野剛)は、転勤で移り住んだ盛岡で日浅(松田龍平)に出会う。慣れない地でただ一人心を許せる存在。成熟した青春の日々に、今野は言いようのない心地よさを感じていた。しかしある日、日浅は突然姿を消してしまう。日浅を探し始めた今野は、日浅の父に捜索願を出すよう頼むが、何故か断られてしまう。そして見えてきたのは、これまで自分が見てきた彼とは全く違う別の顔。陽の光の下、ともに時を過ごしたあの男の”本当”とは…

詳細情報

関連情報
プロデューサー:五十嵐真志音楽,大友良英撮影,芦澤明子 照明:永田英則 美術:杉本亮 録音:照井康政 編集:早野亮
音声言語
日本語
制作年
2020
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2020-08-05 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ヒューマン邦画ランキング

影裏の評価・レビュー

3.2
観た人
5213
観たい人
11049
  • 2.9

    ダンゴウオさんさん2021/07/28 15:35

    裏の顔というのがいまいち分からないまま最後までいってしまった。
    女の人の登場かと思ったら綾野剛の美脚で、変な気持ちになった。

  • 3.3

    AKOさん2021/07/26 14:48

    全体的に悪くはなかったが、刺さるものも無かったかな

    人間には表と裏の顔がある

    日浅の裏の顔は決していい人ではなかったけど今野にとっては好きな人で大切な人だった

    最後、日浅の文字を見て安堵したのか後悔したのかはわからないけど
    その人の書いた文字を見るだけでなんか、
    その人を感じられる
    その気持ちなんじゃないのかな

  • 3.5

    FukudaEmicoさん2021/07/26 10:36

    記録
    ミステリーとカテゴリされてだけど、ミステリーでは無くて、ヒューマンドラマ。
    心が揺れて、不安な日々が続く中、ひとつの小さな気付きがあって。。、
    そんな心の話しでしたよ

  • 2.6

    TORiさん2021/07/25 21:03

    自然は綺麗なんだが、終始暗いんだわ。
    松田さんの意味深さは出てたかな。
    んー、私はあんまり好きじゃない感じの映画。

  • −−

    おおかわさん2021/07/25 13:24

    映画館で観たいと思ってたやつ。
    想像してたのと結構違った。いろんな要素が盛り込まれてた。自然がきれい!

  • 3.7

    さちさん2021/07/22 21:05

    屍の上に立ってるんだね、俺たち_____

    何を考えているかわからないが板に付きすぎた松田龍平とオラオラ色封印して艶めかしい綾野剛。
    ちょっと尺長過ぎやしません?るろ剣の監督さんこーゆーのも撮るんですね〜

  • −−

    BLUEさん2021/07/21 23:04

    本も読んだ。本が好きなら本を読めば良い。松田龍平が好きなら映画も観れば良い。それでいい。人の本性っていうのは誰にも分からないね。

  • 3.6

    ryodanさん2021/07/20 22:12

    ここまでの長尺ながら見応えあったのは、他ならぬ二人の演技によるものが大きかった。二人の独特の距離感や自然の描写は何となく文学的だったかも知れない。ただ意味深な台詞が多かった割に展開はあっさりで、帳尻合わせも尻つぼみ。岩手と震災は必要だったか?と本末転倒な疑問が出なくもない。割と世界観がクローズだった分、二人の演技が際立ったのかな?

  • 3.0

    MGJさん2021/07/20 17:02

    たんたん耽美の綾野さん。

    すごく静かな映画なのに、画面から目が離せなかった…。出演者が作り出す間、空気、光と影。

    火は弾ぜ、風は揺らぎ、水がたゆたう。
    果実は熟し、酒が香り、魚が焼ける。

    さて、こう振り返ると、同性愛ギミックは必要だったかな?
    ただの親友で、探すだけでも語れた純粋な部分が、その要素を加えたことで、やや濁った感じになっている気がする。

  • 3.5

    kuuさん2021/07/19 12:57

    『影裏』
    製作年2020年。上映時間134分。
    沼田真佑の小説『影裏(えいり)』を、綾野剛と松田龍平の共演で映画化したヒューマンミステリー。
    綾野剛、松田龍平、筒井真理子、中村倫也、平埜生成、國村隼、永島暎子、安田顕といった日本映画界を代表するキャストが集結
    製作陣に松田美由紀の名前があったなぁ。松田龍平はふとした時母ちゃんより、父ちゃんに似てるなぁと思う。
    中村倫也そこで来たかぁ。
    沢尻エリカが出演者に名を連ねてたらしいが(ホンマでっかで読んでください)どの場面でどないなキャラだったんかなぁ。

    今野!!!そこに愛はあるんかぁ~           byおかみさん

    転勤で岩手に移り住んだ今野は、慣れへん土地で出会った同僚の日浅に心を許し、次第に距離を縮めていく。
    2人で酒を酌み交わし、釣りをし、遅れてやってきたかのような成熟した青春の日々に、今野は心地よさを感じていた。
    せや、ある日突然、日浅は何も言わずに会社を辞めちまう。
    程無くして再会を果たした2人やったが、一度開いた距離が再び縮まることはなく、その後は顔をあわせることなく時が流れていく。
    そしてある時、日浅が行方不明になっていることを知った今野は、日浅を捜すが、その過程で日浅の数々の影の顔、裏の顔を知ってしまう。

    いろんな状況で人は時と場所を選ばず少数派(マイノリティ)になる。
    そういうものを見逃さず掬い取るんが文学やと思う。
    『影裏』は、その意味も踏まえ文学作品の範疇と云える。
    この作品はホンマ示唆ありきの映画やなぁ。
    川や雨と云った、水、
    ベランダの窓から差し込みカーテンをゆらす風、
    山火事といった火、
    そして至るとこに光と影。
    そないな自然現象のすべて意味を持ってるかのように演出されてる。
    その均衡や色彩によってキャラの特徴やったり、心情とか関係性の移り変わりや、ときには予兆してたりする。
    深読みかも知れへんけど。
    そやいな意味じゃ、カメラの“目線”が非常にペラペラ話してくれるし、セリフは少ないかな。
    文学が持っとる、行間の機知を映画の言語に変換ポチっとなした素晴らしい映画やと思う。
    ただ、退屈になるくらいの間をどう取るかによって作品の見方も大きくわかれるんかなぁと。
    裏影って題名だけあって、光と影の表現は繰り返しになるが巧いなぁ。
    間接照明
    車のヘッドライト
    それらの配置の結果、画面には光と闇の得も云われんモンが生まれて、キャラに内在する何かを描いている。
    また、いたるとこに散らされとるエロス。
    これはこの作品の特長と云えるかな。目線と小道具(ザクロや下着だったり)
    明らかに性的なニュアンスなんやと思う。
    主人公今野と日浅ザクロを食べ合うシーンはエロチックやった。
    今野が桃を食べるシーンあったかな。
    親友モノと思わして~の◎◎ストーリーやって観ているうちにわかってくる構造すわ。

    余談ながら、ザクロは非常に起源が古い果物で、古今東西の様々な説話や神話に登場する。
    日浅と今野がザクロを食べるシーンで日浅が話す近所の婆さんの話しでもそうやけど、日本に古くから伝わる説話にもある、釈迦が子どもを食べる鬼神『訶梨帝母(かりていも)』に、子どもの代わりにザクロを与えていたって俗説から、『ザクロは人肉や血の味がする』と云われる所以になったみたいです。
    俗説はあるけど、実際のザクロの味は人肉の味とは似て非なるので安心してくらはい。
    綾野剛の呼吸が伝わってきて、 監督の眼を通した人間関係のマジに生暖かい歪みを垣間見せてくれた作品でした。伸び伸びとした切なさ、人は大切にしていかなきゃならんもんなんやなぁ。
    最後に、作中互助会のDMの担当者の欄に記入された日浅の直筆の署名を見て、 今野は感情が込み上げて来て泪を流すの場面は、個人的見解ですが、日浅は震災で亡くなったか、もし生きていても裏の面を知る事が出来なかったままもう二度と会えない、 しかし、署名を書いた時は確実に存在していたちゅうことを思えば泪を流さずにはいられないんかなと思いました。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る