お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

みをつくし料理帖

G

角川春樹、最後の監督作品!累計発行部数400万部突破のベストセラー時代小説シリーズを映画化!

時代は享和二年の大坂。暮らし向きは違えども8歳の澪と野江は、まるで姉妹のように仲が良い幼なじみだった。「何があってもずっと一緒や。」しかしそんな2人が暮らす大坂を大洪水が襲い、澪と野江は生き別れてしまう。それから10年後。大洪水で両親を亡くした澪は引き取られ、江戸の神田にある蕎麦処「つる家」で女料理人に。野江は吉原にある遊郭に買い取られ、幻の花魁・あさひ太夫と名乗っていた。澪が苦心して生み出した料理が、別々の人生を歩む2人を再び引き寄せていく。

詳細情報

関連情報
製作:角川春樹 原作:髙田 郁「みをつくし料理帖」(角川春樹事務所) 主題歌:手嶌 葵「散りてなお」 作詞・作曲:松任谷由実 編曲:松任谷正隆(ビクターエンタテインメント)
音声言語
日本語
制作年
2020
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2021-04-02 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

時代劇・歴史劇邦画ランキング

みをつくし料理帖の評価・レビュー

3.6
観た人
1073
観たい人
2107
  • 3.0

    回想シーンでご飯3杯いけるさん2021/10/16 20:34

    少し前の時代の映画で主役を張ったような大御所俳優が多数出ていると思ったら、角川春樹が監督として携わる最後の映画という事で、だから、いわゆる角川映画に携わってきた人達が揃って名を連ねているのか。

    僕には、何処かでタイトルを聞いた事がある、、、という程度だったこの「みをつくし料理帖」。原作は10巻からなる有名小説で、その後、NHKや民放でドラマ化されたり、漫画版も出版されたり、どうやら超定番的な話らしい。忠臣蔵まではいかないとしても、今回のリメイクは誰が出演し、どのような演出で仕上げられるのかを注目する固定ファンがある程度存在するのだろう。

    大阪の天神橋界隈で幼少時代を過ごした主人公が、江戸に出て料理人として成功する話を軸に、大水害により消息が分からなくなっていた幼馴染との再会をサブストーリーに配した、大衆文化と人情の物語で、確かにチャンバラよりは親しみやすい。今回は、松本穂香と奈緒がメインの2人を演じ、若い世代にも親しみやすい雰囲気がある。

    とは言っても、監督が公開当初で78歳。しかも映画の現場には久々の復帰という事もあって、脚本も演出も古臭さが目立つ。おじいちゃんに昔話を聞くような感覚と言えば良いか。それは悪い事ではないのだが、物足りなさを感じたのも事実だ。

  • 4.1

    Yumiborisさん2021/10/16 16:37

    女子の友情で久しぶりに泣きました😢
    美しかったですね。

    親友だった2人は洪水で生き別れに。
    片方は料理人、もう一方は花魁に。
    お互い大阪から江戸に行き着いていた。

    遊郭を地獄と呼ぶ花魁に、感情移入し過ぎてしまったのも涙の理由。
    早く出たいよね。。。

    そして、料理人として上方と江戸の味を合わせる工夫をし、店の名をあげていく様は爽快です!

    エンドロールでいい結末を見られた感じも良かったです♪

    (最初に反町隆史出ててビックリしたw
    窪塚洋介もいい味出してました。切ない!

  • 3.8

    だーでんさん2021/10/13 00:04

    画作りがとてもうまく、少し小綺麗な江戸に小旅行気分を味わえる。

    序盤の江戸の空気は心地よいが、物語が動き出すあたりから雑になってくる。人間関係をもう少しシンプルにして、料理パートに比重を大きくしたほうが好み。とはいえぜひに続編が見たい。

    主演の松本穂香の爽やかさと若村麻由美の(いい意味で)大仰な演技が印象的。

    明日はそば屋で茶碗蒸し注文だ

  • 3.6

    トキタさん2021/10/11 09:57

    吉原、身請け料、時代劇、本作は友情だったけど、必ず胸苦しみ焦がれる設定な気がする
    大河も時代劇も母国だからこそ美しい

  • 4.3

    銀色のファクシミリさん2021/10/10 09:54

    『#みをつくし料理帖』(2020/日)
    劇場にて。原作既読。この作品の素晴らしさはなにより脚本。原作小説全10巻を、主要エッセンスを取り出して全5章立てで1本の映画にまとめてしまった点。主人公とある人物の別離の物語を1シーンで織り込んでみせた場面は、映画館で唸りました。

    あらすじなしで感想。幼い頃に料理の才能を見出されていた澪(松本穂香)。長じて住まいを大阪から江戸に移した彼女の料理人としての成長譚と、消息不明だった親友との顛末の二本柱の物語。

    鑑賞前は澪の成長譚を軸に、親友との再会をクライマックスにすると思っていたのですが、「どこまでやるの?」というくらい生き別れの親友との物語がテンポよく進んでいく。これによって中盤以降に「畳みかけるクライマックス」がズバリと決まって、ラストに真のクライマックスになだれ込む。コメディパートに若干のクドさがありましたが、131分に凝縮されたストーリーを堪能しました。

    キャストはまさに角川映画オールスター。特に若き主演俳優・松本穂香の左右に「金田一耕助」の石坂浩二、「御家人斬九郎」「夜桜お染」の若村麻由美が並んでいるのが個人的に最高でした。あと元乃木坂46の衛藤美彩。帯が乃木坂カラーの紫だったのも嬉しかった。感想オシマイ。

  • 3.6

    きくひめさん2021/10/09 13:32

    やっぱりところてんには酢醤油じゃなくて、黒蜜でしょ!東京に来たとき、ところてんを酢醤油で食べると聞いて驚いた記憶が蘇ってきたわ。そして、おぼろ昆布。東京に住んでてもやっぱり必需品です…塩昆布も必須だけど😅おぼろ昆布の俵型のおむすび、母の作ってくれたお弁当思い出した。何故か関西のおむすびの主流って俵型だったな〜今はコンビニおにぎりで三角が多くなったんだろうけど…でも、私は俵型に作れない💧
    とにかく、出てくる料理が全て美味しそう😋とろとろ茶碗蒸し食べたい!原作もドラマも観てないんだけど、ドラマも面白そう。"旭日昇天"と"雲外蒼天"の2人の運命、もう少し観続けてたい。終わり方が後引くわ。ドラマではこの先も描かれてるのかな?
    最初、キャスト弱い?と思ったけど、役柄もまだ成長途中の2人で、周りの人たちが2人を支えていく姿が温かくて、現実と虚構がオーバーラップしてるようで、意外と良かった。窪塚洋介の温かい眼差し、中村獅童の全力であさひ大夫を守る強い眼差しが良いね👍松山ケンイチは何処に出てた⁇
    こういう飯テロ系は、観終わった後お腹空くわ〜
    追記:奈緒って、蒼井優と似てるなぁ〜
    #20211009@445

  • −−

    いわしろさん2021/10/05 21:19

    手嶌葵の歌からこの映画にたどり着く。
    時代小説からのようで、読んでみたい作品の一つになりました。
    ユーミン作品の「散りてなお」が、心に沁みる。

  • 3.3

    しゅんさん2021/10/01 22:11

    過去視聴メモその69。

    江戸時代、水害で家族を亡くした料理人・澪と遊郭に売られた女性・野江の友情物語。

    江戸時代の話ではあるが、出てくる料理はどれもおいしそうで飯テロ。鰹節のシーンなんかは香りが漂ってきていそうな気がするほど。
    清右衛門役の藤井隆のツンデレっぷりやご寮さんの若村麻由美のおかあちゃんっぷりが凄すぎて、主演2人の演技が食われているような印象(笑)いや、皆さん上手なんだけどね?

    ストーリーは普通…というか王道すぎてワクワクドキドキはしなかったなぁ。そこはちょっと残念。

  • −−

    YURINAさん2021/10/01 19:24

    お料理のシーンを期待して見たのでそこに重きが置かれていないと分かった時点でやや興味が削がれちゃった。NHKのドラマ版はお料理シーンが丁寧なイメージがあったので。

  • 3.1

    Nancyさん2021/09/30 17:19


    この手の時代劇作品は
    日本人にとって教材になりうる

    時代背景はもちろん、
    言葉の使い方、表情の組み方
    どこをとっても丁寧な仕上がり

    そして、当時の日本らしさは
    現代人にとっては真新しくも
    懐かしさを与える印象

    海外勢へとお勧めしたい一品。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る