お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

新・極道の妻たち

G

組長の急死で揺れる藤波組。他の組の台頭に焦る加奈江は、冷静な判断ができる宗田を組長候補に。

2代目の急死によって揺れる関西・尼崎の藤波組。事実上、零代の藤波加奈江(岩下志麻)が組の統率をとっていたが、ある時から神原組の若頭補佐・角谷が台頭しはじめていた。加奈江は早急に組長を決めるべきと判断し、冷静な指揮がとれる宗田(桑名正博)を3代目候補に立てるのだが…。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
1991
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2014-08-01 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330

アクション邦画ランキング

新・極道の妻たちの評価・レビュー

3.2
観た人
508
観たい人
76
  • 3.0

    ユウタマンカインドさん2021/04/12 12:05

    値段交渉もそう
    相手がソウダなら、気づけるかな?
    おれも礼儀はつくすつもりだが、信用は感覚に近いものがあるし数値化できない 人づきあいを換算でやるやつは失墜するね おれ統計。

  • 3.5

    MiYAさん2021/04/09 23:27

    シリーズを1作目から順番に見ているところですが、これは最高傑作ですね。

    まず極道の親子の物語というのが目新しい。粋がってるバカ息子(高嶋政宏)に対して、気丈で冷酷に振る舞いながら、足を洗わせたいという気持ちにも揺れている。その渦中で、息子と堅気の女との瑞々しい恋も描かれ、彼女が「極道をやめさせて欲しい」と岩下志麻に懇願に来るという、泣けるエピソードも挿入される。

    物語としては、高嶋政宏は最初から死亡フラグが立っており、大体予想通りのストーリーが突き進むわけですが、ラストの展開はなかなか見応えあり。あんなカッコいいシーンが待っていようと。

    キャストでは、最後に美味しいところを持って行った本田博太郎と、高嶋政宏のお目付役の綿引勝彦が印象的でした。かたせ梨乃が暴力団の顧問弁護士役という出世(?)を果たしているのも意外でしたね(5作目にしてお色気シーンも卒業)。

    BS -TBSにて。

  • 3.8

    さんきちさん2021/03/25 15:36

    ・やっぱ岩下志麻さん迫力あるわ。十朱幸代さんとは比べモンにならんな。
    ・本田博太郎がイイ仕事しています。
    ・「ワカッ」

  • 4.0

    カンちゃんさん2021/03/25 09:31

    BS-テレビ東京で放送してましたので、観ました。
    いや~。やはり……岩下志麻サンの迫力は群を抜いてますね(と、言いつつ志麻さんの極妻しか観た事しか有りませんが)
    機会が有れば他の方の極妻も観てみたい。

  • 3.4

    scotchさん2021/03/24 13:03

    これ5作目か、3と4を見逃した、いつやってた、まあええか、レベルのシリーズ。
    志麻姐さん、やっぱり貫禄あるねえ。本作では母親の愛も。
    なかなかしっかりとしたストーリーで面白かった。今まで見た極妻では一番。脚本は女性でこれっきりらしい。ずっとこの人が書けばいいのに。
    かたせ梨乃がセクシー担当から出世。今回のセクシー担当は元ミスワールド日本代表、芸能界からは身を引いた模様、貴重だ(笑)
    BS-TBS

  • 4.0

    あかつかさん2021/03/08 13:30

    『仁義なき戦い』と『極道の妻たち』の一番の違いといえば、『極妻』が一話完結という点。つまり5作目ともなればええ加減マンネリになるやろと思うわけだが、監督中島貞夫やし。ほなら、見てみまひょ(方言めちゃくちゃ)。

    『ゴッド・ファーザー』のソニーみたいな武闘派息子(高嶋政宏)に手を焼く岩下志麻の母親像が、今までになく見もの。あと、かたせ梨乃が本作では弁護士役(つまり濡れ場なし)。

    『仁義』の頃にはチンピラだった面々が、みんな組長クラスに出世されてて感慨もひとしお。夏八木勲とか野口貴史とか。

    グループ魂の歌に『本田博太郎』ってのがある。本作でも常に岩下志麻の横に付き添っているわけだが、なかなか見せ場がないなーと思ってたら、最後にあった。『ゴッド・ファーザー』のアル・ネリ的ポジションとでも言おうか。特攻するなら防弾チョッキくらい着てはいかがか。

    細部に甘いとこがあるような気がするんだが、本田博太郎で1.0点加点。

    葉子の部屋のポスター、マーシーと河口純之助だけだったような。ヒロトと梶くんはどこへ。だいぶ変わったファンだな。


    無料枠の『極妻』はここまで。さて、続編はどうしようかなー。

  • 4.0

    yuishibasakiさん2021/03/04 22:35

    最後はきちんと仁義を決めてらっしゃるのでこのシリーズはスカっと見れて気持ちがいい
    海野けい子さん、とても良かったです。

  • 3.6

    Erikoさん2021/02/20 22:48

    自分の中でマンネリ化してきた、極妻シリーズの中で、いちばん好きかもしれない。月並みだけど、親子の絆的なものはグッとくるものがある。

  • 4.0

    a1ittlef0untainさん2021/02/08 18:18

    極道で生きたい無鉄砲な息子と、極道を辞めてほしい母の物語。高嶋政宏はどこまでも少年のような荒々しさを大人ながらに演じていて、とても良かった。息子と母、という関係性を描いた映画は意外と少なく、面白かった。

  • 3.6

    KeiMatsuokaさん2021/01/26 22:58

    備忘

    極道の妻 というよりは母親 という感じだった。息子を極道をやめて欲しい傷つかないで欲しいという母の愛的なシーンが多かった。

    かたせ梨乃は極道と近しい弁護士の役
    そのせいで弁護士生命が危ぶんでいたのたのだが、最後岩下志麻を助けるために組の裏切り者を殺してしまう。その後泣き崩れるシーンが印象的だった。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す