お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

新・極道の妻たち 惚れたら地獄

G

愛する夫が殺害された! 自身も組も史上最大の危機を迎えた極妻・志麻姐さんの行く末はいかに!?

関西・ミナミに拠点を置く御蔵組は、小さいながらも深い絆で結ばれていた。病床の夫に代わり組織を取りまとめていた芙由(岩下志麻)は、折からの土地開発に便乗し、組織体制を磐石なものにしようとしていた。だが対立する巨大組織・侠和会はその動きに反発。一触即発の不穏な空気の中、組長である夫がヘリから狙撃される!!

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
1994
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2014-02-06 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330

アクション邦画ランキング

新・極道の妻たち 惚れたら地獄の評価・レビュー

3.2
観た人
335
観たい人
71
  • 3.0

    マッサージ屋2号店さん2021/11/14 12:18

    大阪の御蔵組組長・村木俊作(高島忠夫)の快気祝いを妻の芙由(岩下志麻)らが別荘で行っていた。
    しかし何者らが俊作を殺害してしまう。
    大阪ミナミの再開発の利権を代議士を窓口に取ろうとしている御蔵組としては争いを起こしたくないという事で芙由は若頭の新谷(山下真司)に報復するなと命令する。
    だが敵対組織の俠和会とトラブルを起こし・・・。

    シリーズ第7作目。

    今作は世良公則が1作目から久しぶりに再登板という形。
    世良公則、清水宏次朗、小西博之が岩下志麻演じる姐さんの意向を無視して大暴れする事から問題が大きくなるという流れ。

    敵対組織の組長が中条きよしが演じているのですが、全く存在感が無いんですよね。
    その代わり妻役のあいはら友子がかなりの憎まれ役を演じてます。

    それにしても今作の岩下志麻は本当にラストぎりぎりまで我慢我慢の連続。
    こんな理不尽な形で終わるのかと思いきや…な展開でした。

    この後の作品くらいからリタイアしてしまう高島忠夫の姿がまだ元気なのは時代を感じる。
    どうせならこんな早々に退場させなくても…と思いました。

  • 3.0

    Hirokingさん2021/11/08 19:32

    〖1990年代映画:小説実写映画化〗
    1994年製作で、家田荘子の小説を実写映画化で、シリーズ第7弾らしい⁉️
    岩下版5作目で、キャッチコピーは『どこまで怒らす気いや。』‼️
    あ‼️かたせ梨乃が‼️な作品でした😱💧

    2021年1,855本目

  • 3.8

    mametoumeさん2021/10/22 14:28

    シリーズ7作目を見れました。姐さん(岩下志麻)初撃たれ、涙をみせるシーン。かたせ莉乃がいない。ナレーションが入るのも初めて。脚本が6作目までと違うせいか、最後の展開が違う。時代がくだって、巨額の政治家がらみの取引やキャッシュカードが出現。普通郵便でなく書留で送りましょうね。

  • 1.0

    キリンさん2021/04/22 11:45

    このシリーズ、一通り観てるけど
    違いがすぐに分からなくなるくらい
    記憶にない。。。

    制作陣の方、ゴメンナサイ。。。

    色々なことに対して、コンプリート癖
    があって、シリーズものの作品は
    一通り観てしまう。。。
    「ハンガー・ゲーム」とかも。。

  • 3.2

    RisaHazamaさん2021/03/03 21:56

    結構な御酒でおました。
    心ばかりの返杯でおます。どうぞ。

    極妻シリーズは
    姐さん方の着物を見るために見てるようなもの。

    そういえば、初めて見た極妻はこれやったみたい。
    姐さんが指詰めるシーンで子供の私は怖い映画やと思ったのを思い出したわ。

  • 3.0

    saさん2021/01/28 16:36

    岩下志麻さん、綺麗だなー。
    最後のシーンかっこよすぎる。

    若い頃の川島なお美が松岡茉優に見えました。似てる。

    仁支川峰子さんのキャラが可愛かった。

  • 3.0

    ナユRAさん2020/11/24 20:31

    見る順番ミスった。わたしは岩下志麻みたいな女になりたい。着物の似合う女になりたい。早く着物買って着付け習わな。あばら折れても、帯キツくしめて指詰めるという、狂った人になりたい。

  • 3.0

    temmachoさん2020/09/01 06:46

    シリーズ第7弾。
    唯一皆勤賞だった《かたせ梨乃》が出演しない作品。
    いったい何があったのか⁉️

    老舗の弱小団体が新興の巨大組織に呑まれていく「極妻パターン」も、降旗監督の手腕が冴え渡り東映任侠路線が見えたり見えなかったり…

    いつもの極妻でしたね。

  • 4.4

    maribooさん2020/07/13 22:40

    映画が始まって
    まずキャストに
    おー!
    テンションが上がりました!
    そして今までに無いナレーションに仁義なき戦い感…!
    ストーリーも好きでした。
    芙由さんかっこよかったです。
    前作が不完全燃焼だっただけに…
    とてもしっくりきました。

  • 3.7

    三人寄ればデントナ内野手さん2020/05/31 22:13

    「オイコルルァ ヤクザ
    もいっぺんいうてみぃや
    ホンマのことしゃべるまで許したらんぞ
    YO?
    YAKUZA!」

    本田博太郎ほんと最高。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました