お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

UDON

G

ユースケ・サンタマリア、小西真奈美競演! 『踊る大捜査線』チームが放つ“うどん”エンターテインメント!

コメディアンとしての成功を夢見てニューヨークへと渡米した松井香助は、夢を叶えるどころか借金を抱え、故郷の香川へと戻ってきた。挫折感を抱えたまま途方に暮れていた香助だったが、ひょんなことから地元のタウン誌の編集者・恭子と出会い、彼女の編集部で働くことになる。そして恭子や地元の人々と触れ合ううち、香助は地元の名産品である“うどん”の魅力に目覚めていく。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ヒューマン邦画ランキング

UDONの評価・レビュー

3
観た人
7296
観たい人
1429
  • 4.1

    弟子ーかさん2021/06/18 19:03

    ¨笑いは消化を助ける
    胃酸よりはるかによく効く¨
    〜イマヌエル・カント(哲学者)

    「ここには夢なんかない。ただうどんがあるだけや」もうサイコー!

    馬鹿馬鹿しいと思うなかれ!いや実際ばかばかしいんだけど…『翔んで埼玉』クラスのバカバカしさ。というか元祖やな。虚実入り乱れてて面白い。今まで観なかったこと後悔。うどん愛に溢れた作品!

    宇高連絡船の話とかホントそのまんま。うんうん頷きながら観てた。コシのない何の変哲もないうどんだったけど、何故か旨いんだ。今から考えるとアレは挨拶兼通過儀礼だったんだな。この作品、うどん関係者にかなり綿密に取材して作ってる。

    そう言えば行きつけのうどん屋が『ミシュラン』に掲載されてから長蛇の列。うどんは庶民の日常食。行列作って食べるもんやない。高松行けばわかるけど、うどん屋はそこら中どこにでもある。しかもどこで食べてもそれなりに旨い。駅の立ち食いでさえそう。

    実際この映画で描かれてる巡礼を数十年前にやったことある。友達の家に寝泊まりしながら12食連続うどんでも飽きなかった。むしろもっと食べたかった。かの文豪村上春樹先生も東京からよく通ってた。

    うどんは私にとってソールフード!
    名古屋人にとっての寿がき家と同じ(笑)

    実家の隣が讃岐うどんの工房で、毎朝同じ時間にうどん打つ音で目覚めてた。よく打ちたての麺を貰ってた。我が家の年末最後の食事は、年越し蕎麦ならぬ年越しうどん。年の最後もうどん食べて過ごした。

    この物語の終盤でもあるように、うどんってシンプルであるが故に気温や湿度の影響を受けやすい。毎日同じ味のもの作るって実は大変なことなんや!

    ¨涙とともにパンを食べた人間でなければ人生の味はわからない¨
    〜ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ

    丸亀製麺の店内でよく見かける讃岐富士⛰❣️

  • −−

    nさん2021/05/01 20:24

    そういえば昔見てた。
    評価あまりみたいやけど、私は好きやった記憶。。
    小学生ぐらいの時か?何故かユースケサンタマリアにハマってた時期やね。

  • 2.8

    タックタックさん2021/04/23 17:18

    「ここには'うどん'しかねぇ!」

    心が折れて帰郷した主人公を待ち受けていたのはケンカ別れした父とうどんだった。

    対立した二人をつなぐ、うどんのお話。
    笑いあり感動あり。ユースケ・サンタマリアあり。

    それはさておき「誰もたどり着けないだろここ…」って店、ありますよね。
    今日の昼はうどんにしよう。

  • 2.0

    キリンさん2021/04/22 14:46

    事前情報で期待しすぎたのかな。。。
    実際に観てみたら面白くなかった。。。

    最後のシーンは感動を強制されているようにも感じたし

  • 3.9

    Fishermanさん2021/04/05 22:21

    こんな映画があったとは🤭本広監督が丸亀出身だからこそのソウルフード映画。
    うどんブームの到来と終焉。ブームの裏にマナーと味の低下の問題も。
    しかし、出演者がやたら豪華なのと実在のうどん屋さんも出演してるのが嬉しい😃
    前半のコメディから後半のシリアスな内容まで盛り沢山で、うどんをはしごしたようにお腹一杯。
    松井製麺所復活の日は恥ずかしながら感動した。
    一方で、ユースケの大根ぶり、トータスが香介の方がいい、小西真奈美のメガネはどこ行った?小日向さんらの標準語など✖️な部分も多いけど、うどんが美味そうだから許す。
    ・讃岐では熊は出ません。
    ・麺通団は本当にあったようです。
    ・うどん88ヶ所もあります。
    ・宇高連絡船のデッキで食べたうどんは本
    当に美味かった。
    判官贔屓もあって高得点で。

  • 3.0

    黄推しバナナさん2021/04/04 15:39

    うどんはうどんでも色々なバリエーションのうどんが出てくる!深い!実に深い!うどんが食べたくなる映画!

    広島県を題材にした「カスタムメイド10.30」のレビューでさんざん書き込んだんだが、他の県の人が見たら面白い作品だが、地元の県民が見たらどうなんだろう?

    香川県の人どうなんだろう?映画を見た後にそう思った!

    香川県丸亀市発祥の企業ではないけど、後で「丸亀製麺」食べに行こ♪

    ①鑑賞年齢30代
    ②心に余裕鑑賞なし
    ③思い出補正なし
    ④記憶明確

  • 3.6

    ダークンクラブさん2021/02/25 23:36

    うどん‼️良い!良いよねー🤩🤩👍
    映画の公開の時も見に行き、今回で何回見ただろう❓…いつ見ても、美味そう〜😵😵😵❗️

    私もうどん食べに行きだして20年はこえてるなぁ😅😅…もう何百店舗でうどん頂いております。3月も2回行くので香川宜しく〜😊🖐
    …こないだ行ったところだが😁

  • 3.2

    大川祐司さん2021/02/23 20:30

    うどんをすする音が美しい。。
    うどん好き(にわかだけど)にはたまらない映画です!

    終わってすぐ釜玉うどん作っちゃいました🥚

  • 4.0

    だやまさん2021/02/23 19:41

    小学生以来に見た映画
    その時には知らなかった俳優が大勢出てたり、他の映画のキャラが出現してたり、うどん以外での要素に驚かされた


    やっぱり一番思うのはうどんが食べたい笑

  • 3.0

    mikoyan358さん2021/02/07 19:17

    あまり評価高くないのだが、かつて香川でうどん屋を巡った事もある身としてはなかなか楽しめた。本当に知る人ぞ知る店が山のようにある香川のうどん文化を体系化して紹介する、という前半の悪戦苦闘ぶりは面白く、なるほどこうした努力の上にいま我々が讃岐うどんを楽しめているのかと納得した次第。「山越」とか実際に行った店も出てきて嬉しかったが...ただ、そのブームを勝手に劇中で終わらせ、かつ後半非現実的とも思えるサクセスストーリーに切り替わってしまって、一本の映画というよりは二本のオムニバスに見えてテンションが続かなかったのがちょっと勿体ないかな。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す