お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

必殺!THE HISSATU

G

今度はスクリーンで仕事だぜ! 仕事人の撲滅を企む謎の集団と死闘を繰り広げる!!

江戸の町で次々と仕事人と思われる身元不明の死体が発見される。しかも、死体の口には三途の川の渡し賃である六文銭がくわえさせられていた。事件を知った主水は仲間たちに警告し、元締・おりくは事の次第を確かめるために江戸へと向かう。やがて、これら一連の仕事人殺しは、庄兵衛という男が糸を引いていることが判明するが…。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
1984
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2014-05-16 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

時代劇・歴史劇邦画ランキング

必殺!THE HISSATUの評価・レビュー

3.2
観た人
311
観たい人
67
  • 3.7

    うさどんさん2021/09/26 17:25

    必殺シリーズは映画化しても好き。
    少し長くは感じるが、ワイドスクリーンで見る迫力は捨てがたい。
    今回はDVDでTV画面サイズで鑑賞。
    片岡孝夫がカッコ良すぎる。

  • 4.0

    あゆむさん2021/09/24 07:56

    テレビでやっている必殺シリーズを観ていて、映画版も観てみようと思って観ました。普通に面白いです。✨2シーンThe昭和というのがありました。女性の胸が出ているシーンがありました。(1シーンのカメラワークは引き)1シーンは一瞬なので気づく人はすくないかもしれません。もう1シーンはカメラワークが引いていたのでまだいいですが家族で観るのは辞めた方がいいかと......w
    中条さんや三田村さんなどかっこよくて観終わった後になりきりたいぐらいハマれますwwギャグシーンや人間ドラマが展開されるところはとても心が楽しくなったり、悲しくなったりしました。
    さすが主水!!となるシーンも多く思わずさっきまで嫌がってたじゃん!と心の中で叫んでしまいましたw必殺最高!!!!!!!

  • 3.5

    ろくさん2021/09/22 20:58

    仕事人のインフレで何がなんだかの劇場作なれど最後の「殺し」のシーンは滾る。もうこんな殺し方だったら他の奴にやられちゃうだろなんて突っ込みは聞いてない。ひたすら恰好よく、ひたすら外連味だらけ。そうそう、それでいいんだよ、仕事人は。三田村邦彦はなぜか水面から大ジャンプし中条きよしは糸で敵を吊ったまま凧のように飛ばしてしまう。山田五十鈴は敵を殺す前に三味線をかきならし(その時は敵は動かない)、片岡孝夫は必ず紙吹雪だ。主水=藤田まことは一番強い敵を不意打ちでアッという間に殺してしまう。そうそう、殺陣なんかいらないぜ、だって仕事人だもの。謎のルパン対クローンもその理由などは不問。それでいいんじゃない。そして逃げ口は潜水艦。なんでだよ!でもそれでいいんじゃない。赤塚不二夫やたこ八郎、斉藤清六のダメ仕事人っぷりに苦笑だがそれでいいんじゃない。だって必殺だもん。これぞモンドムービーならぬ主水ムービーだぜ。

  • 3.0

    ももいろりんごさん2021/09/17 18:35

    片岡仁左衛門がめっちゃキレイでかっこよかった!
    あんなにドラマシリーズはあるのに、「必殺」を真面目に観たのは初めて。時代劇は好きなのでちょこちょこ観ようと思う。

  • 4.5

    極さん2021/04/26 12:31

    必殺仕事人、初見でしたが期待以上に面白かった❗
    音楽もいいし、昔の日本映画特有の役者の声、迫力あって好きだな~
    コミカルでかっこいいし、ツッコミながら楽しめるしさいこー🙆
    観たあとはついついドスの効いた声で粋なセリフを言いたくなる映画でした。てやんでぃ。

  • 3.0

    リュウセイさん2021/04/14 15:39

    脚本や演出に粗はありますが、絵作りの綺麗さや仕事人の世界観のスケールを広げた面白さはあります。あと、貞永方久監督の繋がりからか、「必殺仕置人」の第1話の”闇の御前”のエピソードが薄っすら感じられたのは嬉しかったです。

  • 3.0

    みゆきちさん2021/03/14 23:05

    必殺仕事人シリーズ劇場版なのかな。

    江戸で仕事人らしきものたちが六文銭を口に入れられた遺体で見つかる。謎の仕事人殲滅作戦を実行する殺し屋集団と中村主水率いる仕事人の対決。

    いろいろ話が絡まり合い、ややこしかったな。そして似ている顔が多くて区別が難しかった。三味線の息子さんと人形遣いは同じ顔に見える。いや、同じ髪型にしたらみんな同じ顔に見えるのかも…。研ナオコは区別ついた。
    まさか作中で赤塚不二夫の絵みると思わなかった。

    潜水艦もどき、鉄の塊沈まないのかw
    あとね、江戸に仕事人居すぎじゃね?

    中村主水の奥方様とそのお母さんの2人がいつも良い味だしてて好き。出てきたらホッとするよね~。

  • 3.0

    イチロー51さん2021/02/23 09:03

    テレビドラマ「必殺シリーズ」放送600回を記念して製作された劇場作品。
    テレビのキャスト・スタッフが結集した。江戸の仕事人を抹殺しようとする殺し屋集団と、中村主水ら仕事人達との死闘を描く。
    江戸の方々で、口に六文銭をくわえさせられた遺体が次々と見つかる。“仕事人”が裏稼業の中村主水は、公務として捜査を始める。その裏に大掛かりな陰謀があると知る。

    出演は、藤田まこと、中条きよし、山田五十鈴、三田村邦彦、鮎川いずみ、白木万理、朝丘雪路、芦屋雁之助、菅井きん、片岡孝夫、火野正平、研ナオコ、たこ八郎ほか。

    誰もが知っているオープニング曲!
    TVシリーズは、1972年から2020年の今尚続く、人気時代劇シリーズ。
    お馴染みの出演者ですが、流石に亡くなられた方が多数居ますね。

    TVドラマでは、仕事の時間は短く、圧倒的な強さで殺しまくるので、強力な敵と戦うシーンが見たくなります。
    本作は劇場版と言う事で、時間がたっぷり有り、仕事人対仕事人の戦いが繰り広げられます。
    クライマックスの戦いは良かったのですが、「水中船」はくだらな過ぎでした。
    そんなくだらないシーンが有るのも必殺です。
    余り期待し過ぎないで観れば、必殺好きで、時代劇好きなら問題なく楽しめるのではないかなと思います。
    脚本も良く出来ていて、台詞のチョイスも洒落ています。
    そして、音楽の使い方は相変わらず上手いですね。

  • 2.8

    blueさん2021/02/21 14:00

    最近になって藤田まことを観る。
    さらば浪人 は良かったな~笑
    今、こういう役者さんていないよな!

    この作品、潜水艦?が出てきたときはずっこけた笑

  • −−

    mittskoさん2021/02/20 05:10

    【書きかけ】なんだコリャ… ギャグはひとつも笑えないし、物語はくだらないし、プロットはガタガタだし、戦隊物のノリもつまらないし… だけど、最後まで前のめりに観きってしまった… 退屈時間ゼロ!

    なんかこれ、凄い作品だぞ… 言葉が追っ付かない… 演者・スタッフの一つひとつの技と、表現そのものへの時代的なこだわりみたいなものが、グニョングニョンに溶け合ってる… (それを支えているのは、照明と撮影かな…)

    これ、凄いな… 言葉の真の意味での「古典」を観た… そんな感想です とにかく、超久々に、映画を観て「たまげた」

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました