お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

必殺!THE HISSATU

G

今度はスクリーンで仕事だぜ! 仕事人の撲滅を企む謎の集団と死闘を繰り広げる!!

江戸の町で次々と仕事人と思われる身元不明の死体が発見される。しかも、死体の口には三途の川の渡し賃である六文銭がくわえさせられていた。事件を知った主水は仲間たちに警告し、元締・おりくは事の次第を確かめるために江戸へと向かう。やがて、これら一連の仕事人殺しは、庄兵衛という男が糸を引いていることが判明するが…。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
1984
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2014-05-16 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

時代劇・歴史劇邦画ランキング

必殺!THE HISSATUの評価・レビュー

3.2
観た人
291
観たい人
64
  • 3.0

    みゆきちさん2021/03/14 23:05

    必殺仕事人シリーズ劇場版なのかな。

    江戸で仕事人らしきものたちが六文銭を口に入れられた遺体で見つかる。謎の仕事人殲滅作戦を実行する殺し屋集団と中村主水率いる仕事人の対決。

    いろいろ話が絡まり合い、ややこしかったな。そして似ている顔が多くて区別が難しかった。三味線の息子さんと人形遣いは同じ顔に見える。いや、同じ髪型にしたらみんな同じ顔に見えるのかも…。研ナオコは区別ついた。
    まさか作中で赤塚不二夫の絵みると思わなかった。

    潜水艦もどき、鉄の塊沈まないのかw
    あとね、江戸に仕事人居すぎじゃね?

    中村主水の奥方様とそのお母さんの2人がいつも良い味だしてて好き。出てきたらホッとするよね~。

  • 3.0

    イチロー51さん2021/02/23 09:03

    テレビドラマ「必殺シリーズ」放送600回を記念して製作された劇場作品。
    テレビのキャスト・スタッフが結集した。江戸の仕事人を抹殺しようとする殺し屋集団と、中村主水ら仕事人達との死闘を描く。
    江戸の方々で、口に六文銭をくわえさせられた遺体が次々と見つかる。“仕事人”が裏稼業の中村主水は、公務として捜査を始める。その裏に大掛かりな陰謀があると知る。

    出演は、藤田まこと、中条きよし、山田五十鈴、三田村邦彦、鮎川いずみ、白木万理、朝丘雪路、芦屋雁之助、菅井きん、片岡孝夫、火野正平、研ナオコ、たこ八郎ほか。

    誰もが知っているオープニング曲!
    TVシリーズは、1972年から2020年の今尚続く、人気時代劇シリーズ。
    お馴染みの出演者ですが、流石に亡くなられた方が多数居ますね。

    TVドラマでは、仕事の時間は短く、圧倒的な強さで殺しまくるので、強力な敵と戦うシーンが見たくなります。
    本作は劇場版と言う事で、時間がたっぷり有り、仕事人対仕事人の戦いが繰り広げられます。
    クライマックスの戦いは良かったのですが、「水中船」はくだらな過ぎでした。
    そんなくだらないシーンが有るのも必殺です。
    余り期待し過ぎないで観れば、必殺好きで、時代劇好きなら問題なく楽しめるのではないかなと思います。
    脚本も良く出来ていて、台詞のチョイスも洒落ています。
    そして、音楽の使い方は相変わらず上手いですね。

  • 2.8

    blueさん2021/02/21 14:00

    最近になって藤田まことを観る。
    さらば浪人 は良かったな~笑
    今、こういう役者さんていないよな!

    この作品、潜水艦?が出てきたときはずっこけた笑

  • −−

    mittskoさん2021/02/20 05:10

    【書きかけ】なんだコリャ… ギャグはひとつも笑えないし、物語はくだらないし、プロットはガタガタだし、戦隊物のノリもつまらないし… だけど、最後まで前のめりに観きってしまった… 退屈時間ゼロ!

    なんかこれ、凄い作品だぞ… 言葉が追っ付かない… 演者・スタッフの一つひとつの技と、表現そのものへの時代的なこだわりみたいなものが、グニョングニョンに溶け合ってる… (それを支えているのは、照明と撮影かな…)

    これ、凄いな… 言葉の真の意味での「古典」を観た… そんな感想です とにかく、超久々に、映画を観て「たまげた」

  • 3.5

    mtmtさん2021/01/23 12:01

    藤田まことのハマり役、中村主水を主人公とした人気テレビシリーズ「必殺仕事人」の映画化第一弾。おなじみのメインキャストに加え本作限定の仕事人が多数登場する。内容は江戸の仕事人稼業の縄張り争い。既にテレビ版が高完成度ゆえ、正直言って期待以上とはいかなかった。でもあのテーマ曲がかかるとやはり気分が上がるな。

  • 4.0

    ポテトさん2020/12/21 12:14

    オープニングテーマだけでわりと満足できる!コナンと一緒😁
    思ったより楽しく観れた。
    ダラダラゆるいシーンもあって長いとは感じたけど。
    最後の敵陣に乗り込むシーンはアガる。
    前のめりで観ちゃった。
    仕事人の男性陣みんなかっこいい!全員推せる〜!!
    個性的な笑える必殺技や殺し方、その他もろもろのツッコミどころも含めて楽しい(^^)
    主水の普段の低姿勢な婿っぷりが素晴らしくて、裏で何やってても大目に見れてしまう🤣

  • 4.3

    MileNyangさん2020/12/08 23:21

    テレビの必殺シリーズの映画版ですが、やっぱり主水さんですよね。嫁さんとお姑さんに虐げられる下級役人の主水さんが一転して番組の最後にはキリリとした顔になって悪を抹殺する。スッキリする作品なのです。

  • 3.5

    バネさん2020/11/13 09:38

    【観直しシリーズ】

    劇場版「必殺」第1弾。当時、期待して映画館に観に行ったコトを思い出す。安定の面白さ。勇さんもカッコ良いが、やはり主水の奥山新陰流の一太刀!切った後の寂しげな表情も渋。今のヂャニーズに乗っ取られた仕事人とは雲泥の差である。。あの頃は良かった。。

  • 3.1

    TRBさん2020/10/29 04:30

    必殺仕事人の劇場版

    割とギャグパート多めで長尺


    身元不明の死体が相次いで発見され、口には六文銭がくわえられていた

    どれも仕事人を狙った犯行

    ある日、出会い茶屋の主人を殺してほしいと依頼を受けた主水たちだったが

    そこから江戸の仕事人を殲滅する為に動きだした殺し屋集団との争いに巻き込まれていく


    仕事人っていっぱいいてたんや

    助っ人探しでまさかの赤塚不二夫
    殺しの説明もマンガ

    たこ八郎も怪しい中国人でもはや出オチ

    仕事人の技それぞれに個性があって、決める時は様式美を感じる

    ただ芦屋雁之助の技が夫婦共同でまさかの研ナオコと瓦を投げるという爆笑ネタ

    なんで瓦を選んでしまった

    持ち運び不便すぎるやろて

    助っ人の紙吹雪も犯行バレバレやろて

    いま考えたら、三味線の糸で人間吊し上げるってバケモノみたいな怪力やな

    かんざしの殺傷能力も驚くべきものがある

    主水が普通に見えてしまう

    しかし中村主水の同心姿はカッコいい

    昼行灯なのに裏の顔が稼業人ってのがたまらない

    ギャップ萌え

    嫁さんが意外と積極的

    子供の時のイメージは、姑と嫁に虐げられて無下にされてると思ってたけど

    ちょいとそういうわけでもなさそう

    何にせよ、飄々としてるクセに剣を抜いた時のシルエットと眼光がたまらない

    面白かったけど、ラストはあっけない

    序盤、中盤でみんな殺されんじゃないかと思うほどの恐ろしさを出してた殺し屋集団

    いざ戦うとまぁ呆気ない

    人数と見た目だけで拍子抜け

    もう少し食らいついてほしかったかな

    それでも昔のイメージ通りの仕事人

    昔はもっと影のあるドラマだと思ってたけど、割りとコメディパートも多くて楽しめる作品。

    赤塚不二夫にぜひ戦ってほしかったな〜

    着物にマフラーで今年は攻めたい

    鬼平犯科帳の方が実は好き

  • 3.8

    ピッコロさん2020/07/14 01:05

    仕事人が、いっぱい!!!

    仕掛人から仕事人・・・。
    梅安さんから、ムコ殿、中村主水(もんど)さん。
    よっ!中村屋!!!

    なんだか、ガラリと雰囲気が変わったのね!
    凄くニギニギしてるし、仕事シーンもド派手に演出。
    まるで、戦隊ヒーローみたいで、エンタメ色強め!
    でも、めっちゃ楽しかった!!!

    仕掛人から観てる人は、あまりにも作風が違うから素直に受け入れることが出来たんだろうか?
    ルパンで言えば、ファーストとセカンドぐらい色が違う・・・。

    そんで、仕事人多すぎ!!!
    登場人物、みんな仕事人かと思うほど、そこら中、仕事人だらけ!
    ただ、今作で、半分ぐらい、お亡くなりになるんだけど・・・。

    記念すべき最初の恨みは、猫ちゃんの恨み。🐈
    偉い人が、女の子が飼ってる猫ちゃんを地面に叩きつけて、グチャッ!
    にゃにゃにゃにゃにゃにゃ~ん!!!
    だけど、仕事人は猫ちゃんの復讐は対象外らしい・・・。
    で、そこから色々あって・・・。
    江戸では、仕事人が次々殺される事件が勃発!!!
    果たして・・・・。っていうお話。

    モンドさんは、仕事人なのに、家や職場では人望が全くないのが面白い。母上様や奥さんに、色んな文句を言われて、とほほ・・・。
    で、モンドさん、仕事の方も、あんまりしないのね・・・。

    代わりに、お仲間さん達が、派手な技を使って映画を盛り上げてくれる。ちょっと、やりすぎな感じもしたけど・・・。
    地面に潜ったり、謎の潜水艦が登場したり、まさかの赤塚先生まで・・・。イヤミやニャロメが登場したり・・・。
    神輿かついで暗殺したり、わっしょい!

    まさにお祭り映画!わーーーい!!!

    で、今作で一番のお気に入りが・・・。
    人形使いの此竹朝之助様!!!
    カッコよくて、うっとり💖
    扇子を使って戦ったり、紙吹雪を降らせたり、いちいちカッコいいんだよ!こんちくしょ~。もう目がハート!!!

    朝之助様、仕事人の仲間じゃないみたいだけど、次作にも出てくるのかしらん???

    そんな必殺仕事人、すごく面白いじゃないか!!!
    戦隊ヒーローみたいに真似したくなる魅力が、たくさん詰まってた!

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す