お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章【真説・四谷怪談 お岩の呪い】

G

この恐怖を、目撃せよ。

前回の「真相!トイレの花子さん」の取材にて、異世界の存在を確信したディレクターの工藤。そんな工藤の元に、新たな投稿映像が送られてくる。それは、ある映画ワンシーンに、顔が腫れたような女性の姿が映り込んでいるというものだった。投稿者である映画監督の話によると、その映画は「四谷怪談」を扱ったものだという。映像業界では、「四谷怪談」を扱う時はお祓いをしなければ、必ず現場に災厄が降りかかると言われている。しかし、その監督はお祓いをせず、さらに主演女優が音信不通となっているらしい。工藤と市川は、真相を確かめるべくその女優の家へと向かうが…。

詳細情報

関連情報
撮影:白石晃士
音声言語
日本語
制作年
2013
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2014-09-26 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330

Vシネマ(一般作)邦画ランキング

戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章【真説・四谷怪談 お岩の呪い】の評価・レビュー

3.6
観た人
1033
観たい人
221
  • 3.6

    サマセット7さん2021/09/17 10:34

    オリジナルビデオ「戦慄怪奇ファイルコワすぎ!」シリーズ第5弾。
    監督は「ノロイ」「貞子vs伽倻子」の白石晃士。
    主演はシリーズ通じて大迫茂生と久保山智夏。

    いつも通り映像制作会社に投稿動画が送られてくる。
    今回の動画は、撮影中の映画。
    出演女優の頭の上に映っているのは、四谷怪談で有名なお岩さん!!
    ディレクター工藤(大迫)、アシスタント市川美穂(久保山)とカメラマン田代正嗣(白石監督自身)は、前作の衝撃を乗り越えて活動を再開するが、ついに怪異は、撮影クルー市川をその標的にする…!!!!

    いわゆるフェイク・ドキュメンタリー形式で作られた、オリジナルビデオ・ホラーシリーズ第5弾。
    シリーズを重ねるごとに評判を高め、今では白石監督の代表作シリーズと言われる。

    次作に「劇場版」を控える序章という位置付けで、霊能者宇龍院道元の登場や、異界の存在についての確信、整理など、次作への前振りが多く見られる。
    お岩の祟りの調伏、というシンプルな流れと見せかけて、物語は前作までで存在が明らかになった「異界」との関連を見せ、ついに作品の世界観が見えて来る。

    怖さ、という意味では、包丁を持って走ってくる人間のPOV映像が1番怖い。
    肝心の調伏のシーンは、エクソシストライクで楽しいが、やや間延び感があるか。
    架空の人物であるお岩さんの祟りの起こる機序の説明やお岩さんの片目の意味など、トンデモ考察として普通に楽しめる。

    キャラクターの面白さは相変わらずで、今作ではアシスタント市川が、迫真の取り憑かれ演技を見せてくれる。
    関心すべきか笑うべきか悩ましいあたりが今作の味だろう。

    テーマ?
    シリーズ通じて、モキュメンタリー・ホラーと見せかけて、何か新しく面白いモノを作り出す、という気概は共通している。

    劇場版の前振りとなる、モキュメンタリーホラー(?)シリーズ第5弾。
    前作でもそうだったが、気の抜けた異界の描写は爆笑ポイント。
    作中で、前作DVDの当該シーンを見て、真顔でなんだこれ!!とか言ってるのは、とても面白い。

  • 3.5

    三陸わかめさん2021/09/11 13:12

    コワすぎシリーズ話も折り返し地点に来ている。

    今回はお岩さんらしいが、あまりお岩さん要素はない。

    市川役の女優魂が垣間見れる作品。

  • 3.7

    みぽちさん2021/08/16 12:51

    ここにきて工藤Dが成長してる🥺👏まさか感謝の言葉を言えるようになるなんて…👏と感心したのも束の間🤣、すぐに市川さんに暴言を吐きーの暴力ふるいーので、相変わらずのヤヴァ男だった…🥵市川さんも回を重ねるごとにメンタル強くなり、言い返して2人の言い争いシーンかなり増えてて笑った🤣もはや幽霊が喧嘩を仲裁してるレヴェル🤣そして口の悪い霊能者🆚工藤Dのバトルもジワる🤣
    本作の一番の見所は、なんといっても取り憑かれた市川さんの怪演🙀あのアイテムがまたまた役に立ってよかった🤤🙏

  • 3.6

    肉鹿さん2021/08/03 17:43

    浄霊師と仲悪すぎるD工藤、今回の主役AD市川、引くほど怖がってたカメラマン田代によるお岩さんの呪い除霊大作戦。

    今回はリプレイで確認させてくる心霊現象が間違い探しなみに難しくてちょっと不満、、
    難しいぐらいがリアリティあるんだろうけど、そもそもこのシリーズにリアリティ求めてない🙄

    なんて失望しかけてたら除霊シーンが想像以上に楽しかった!
    怖いよりおもしろいが強めの素敵な茶番🤤
    特に、ふすまにお岩さんが貼り付いたままポルターガイスト現象で舞ってしまうのが風で飛ばされた大凧みたいでわらった。
    是非ともお正月にお見かけしたいw

    そんな中で、AD市川を助けるためにD工藤が異空間で名前を叫んで手を伸ばし続けるとこでちょっと感動してる自分が怖くなった。
    しょぼいCG異空間のくせに、、
    流れてるのが聞いたことない童謡みたいな歌のくせに、、
    これがシリーズずっと見てきた代償?調教?洗脳?
    CGのレベルとか関係ないって意識改革させられるてる気がする😂

  • 3.5

    ZOMBIETIMEさん2021/08/03 12:36

    コワすぎシリーズはモチーフとなる怪奇の考証があってもそれ以上の言及はなく、根底に怪奇に対して素人の人たちがホラードキュメンタリーを撮るというのが行動原理にあって、暴力D工藤はじめホラーと人間との生の対立が楽しい

  • −−

    ぷかしりまるさん2021/07/29 20:31

    一見マンバギャルが葬式に参列してること自体を心霊映像だと見せかけた序盤から馬鹿馬鹿しくて良い。市川の取り憑かれた演技が肝の作品。最後私も思わず市川ァー‼︎って叫んじゃった笑 工藤、クソアマ呼びしてるけど市川のこと仲間として愛していてアツい。ピッキングをする工藤を虫けらを見るような目で見つめる市川。胡散臭い霊能者たくさん出てきて好き

  • −−

    とぽとぽさん2021/07/23 23:56

    道玄さんが強くて頼りになるキャラ。見どころは工藤という画期的オラオラキャラに種類の違うイカつい系やさぐれ枠をぶつけたこと?いや、浄霊シーン!コンビニ袋最強説敗れたり。工藤はもはやハリウッド映画的地球最後の希望みたいに見えてくる。続きが気になる。

  • 3.9

    きよPさん2021/07/13 17:32

    これのレビューを書き忘れてたなんて!シリーズを通して何度も見ているのに。
    04あたりから話のスケールが大きくなって、劇場版ほい来たっ!
    フェイクドキュメンタリーの域はとっくに超えているけどそんなことはどうでもいい。ガムテープの家とか除霊装置小物も凝っていて、市川ADの熱演も👍 見どころ満載ですね。今回も楽しかった〜❤️

  • 3.8

    taikingさん2021/07/01 21:39

    名女優:市川の熱演が最高な一本。除霊のくせにデジタルな機器を取り出してくる時点でめちゃくちゃ胡散臭い。笑

    ラストでは『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』が爆誕。これガチです。(監督が公言していて更に笑った)

    全体的なインパクトは薄くとも安定したコワすぎって感じ

  • 3.5

    柠檬電影倶楽部さん2021/06/05 13:35

    あ…ありのまま見た事を話すぜ!俺はコワすぎシリーズを観てると思ったら、いつのまにか『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』を観ていた。な…何を言っているのかわからねーと思うが、俺も何を観たのかわからなかった…頭がどうにかなりそうだった…似てるだとかパクリだとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ。

    いや、マジで
    観てる時「いやコレ、ヱヴァやん笑」と思ってたらコメンタリーで白石監督自ら明言してました笑


    新キャラクターの浄霊師・道玄もしっかりキャラがたっており除霊シーンもワンカット技法で怒涛の展開に!

    それにしても第一作の口裂け女しかり白石作品のヤバい人やヤバい家など一目で「あ、こいつ関わったらダメなやつ」感は凄いな

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す