お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

釣りキチ三平

G

1973年から10年間「週刊少年マガジン」の看板作品として連載され、一世を風靡した『釣りキチ三平』が映画化!

大自然に囲まれた、東北地方のある川。今年の夏も、恒例の鮎釣り大会が開かれるが、並みいる参加者を抑えて優勝したのは、13歳の三平三平だった。三平は、釣り竿作りの名人である、祖父の一平と暮らす、明るい少年。祖父の指導と、生まれながらの素質により、釣りの名手として成長している。夏休みに入っても、幼なじみの高山ゆりと釣りを楽しむ毎日だ。大会で優勝した三平に声をかけてきたのは、アメリカで釣りのプロとして活躍する鮎川魚紳だ。魚紳が語る「夜泣き谷の怪魚」の伝説に、三平は心を躍らせる。

詳細情報

関連情報
原作:矢口高雄
音声言語
日本語
制作年
2009
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2015-11-04 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ファミリー邦画ランキング

釣りキチ三平の評価・レビュー

3.1
観た人
235
観たい人
117
  • 4.5

    黄推しバナナさん2021/09/11 21:27

    監督 : 滝田洋二郎、原作 : 矢口高雄による漫画「釣りキチ三平」の実写化。

    米国で活躍するバス釣りのプロ、鮎川魚紳(塚本高史)は日本に一時帰国していた。秋田県の川で行われた鮎釣り大会。圧倒的な成績を収めた孫の三平 三平(須賀健太)、叔父の一平(渡瀬恒彦)たちを見て興味を示す鮎川魚紳。三平 三平と馴染み高山 ゆり(土屋太鳳)が川遊びしてたところ鮎川魚紳が歩み寄る。高山 ゆりに変質者扱いされ警官に事情聴取される鮎川魚紳。鮎川魚紳がバス釣りのプロと知り三平 三平はすぐに意気投合。今夜の寝床が無い鮎川魚紳は三平家に宿を取る事に。酒を酌み交わした晩「夜鳴き谷の怪物」と呼ばれる怪魚の話が持ち上がる。鮎川魚紳が秋田県に立ち寄った理由は「夜鳴き谷の怪物」の伝説を確かめるためでもあった。東京から三平 三平を引き取りに急に帰省してきた三平 愛子(香椎由宇)、三平の姉も交えて三平、一平、魚紳一行は伝説を確かめるために「夜鳴き谷」へと向かう。亡くなった父親、三平 平(萩原聖人)との思い出の記憶とその関係が紐解かれる。その時、愛子、三平、魚紳の三人の心が次第につながって行き感動的なラストシーンを迎える。

    ☑ この作品悪い人が一切出てこない。
    鮎釣り大会後で言いがかりを付けてきた三人組、松山(小宮孝泰)、竹田(志村東吾)梅沢(安居剣一郎)も三平と鮎釣り再対決で三平の純粋な心に浄化される。東京から三平 三平を引き取りに急に帰省してきた三平 愛子(香椎由宇)もその一人だ。
    ☑ 物語の盛り上がりに高低差が無い。
    間違っても悪い意味では無い。映画そのものが静かに平常心を保っている。

    秋田県南秋田郡五城目町馬場目の北ノ又集落にある山と自然と田畑に囲まれた三平 一平の茅葺屋根生家…
    ここは以前レビューした「イタズ-熊-」のロケ現場にもなっている。

    この周辺の五城目町ネコバリ(根古波離)岩での、三平 三平と鮎川魚紳の二人の静寂な鮎釣りの渓流シーン…

    法体の滝(秋田県由利本荘市)
    上段の一の滝は落差13m、二の滝は2.4m、三の滝は42mの3段からなり、
    総落差は57.4m、滝壺は深く大きい、三平 愛子の心を少しずつ洗い流す「夜鳴き谷」シーン…

    夜鳴き谷までの道のりの、広葉樹と熊の生息分布、熊による爪研ぎ、マタギのテリトリーと何日も熊を待つための納屋、そして自然に満ち溢れた森と差し込む穏やかな日差し…

    滝田洋二郎監督はこの静かに平常心を保つ演出に長けている。

    夜鳴き谷の怪物の白組のVFX技術がどうのとか…そんな事はどうでも良くなってくる。何故ならその事に重点を置いてないからなのだ。

    自然と人がテーマ。

    駄目だった方はもう一度上記の事を頭に入れて鑑賞してみて欲しい。

    余談ですが、
    当時シリーズ化の話があったはずだが…もう12年も経過してしまったか…

    原作者 : 矢口 高雄先生も去年亡くなり…
    三平 三平役の「須賀 健太」も26歳に…

    矢口 高雄先生いわく、三平 三平はずっと少年のまんまで描き続けるのにこだわっているのだとか。
    【漫画】釣りキチ三平 平成版の連載が開始した時に、前作から28年月日が経っている、三平 三平を大人にしなかった理由が素晴らしい。

    奥さん子供が居て家庭を支えてるため会社で汗水たらして働く社会の波に揉まれて疲弊している三平 三平
    まだ大人になっても釣りバカで休日には家族そっちのけで家族サービスもせず、釣りばかりしている呆れた三平 三平

    そんな姿見たいですか?
    少年の無邪気(一点の曇もない純粋)な姿だからこそ、見てる方が子供の頃の心象風景を思い出して感動するのではないですか。
    そんな矢口 高雄先生のコメントを記憶している。

    シリーズ化を待ち望んでいたが…
    残念で仕方ない…

    隠れた秘境…
    いや…
    隠れた名作
    の1つ

    ①鑑賞年齢30代
    ②心に余裕鑑賞なし
    ③思い出補正なし
    ④記憶明確

  • 3.4

    Pennyzuwaiganiさん2020/11/20 01:51

    ちび太鳳かわいすぎて爆笑
    須賀健太はこういう役が本当に似合う
    ややう〜ん…な感じもあるけど、シンプルにいい夏のキラメキの話。

  • 1.0

    キャメロンママさん2020/05/25 02:24

    小学低学年息子には、エキサイティングな場面が無くてとても退屈だったらしい。早送りばかりしてて内容がつかめず…(*T^T)

  • 2.5

    Soichforkさん2020/01/10 08:41

    夜鳴き谷に棲む怪物を釣る…!
    ちょっとCGが…
    でも、まるで釣りのようにのんびり、ほのぼのしてました。

  • 3.0

    きんちゃんさん2019/10/09 23:25

    原作に近いのはゆりっぺくらい。
    鮎の話もちょっと違う。
    岩魚のところも変。
    もう少し原作に忠実にしないといろいろおかしくなっちまう。

  • 2.5

    トムトムさん2019/06/10 16:27

    観る勇気の無かった実写化作品を鑑賞しようという試みです。

    監督は「おくりびと」でアカデミー賞を受賞した滝田洋二郎、脚本は今や超売れっ子の古沢良太、VFXは白組と豪華な組み合わせの製作陣です。

    それが何故「釣りキチ三平」を作ろうとなったのかが謎です。
    企画会議で「次は釣りキチ三平が来るよ!」と通した人のプレゼン能力を逆に尊敬します。

    よく言えばホンワカムードの夏休み感が感じられる作品です。
    悪く言えば凄くユルい。

    三平役の須賀健太も悪くないですし、ゆりっぺ役で若き日の土屋太鳳が頑張っています。

    問題は魚紳さんです。
    塚本高史が悪いわけではないのですが、実写化すると本当にただの不審者です。
    ミニ四駆でもドッヂボールでもカードゲームでもいいのですがこういう趣味系少年漫画に出てくる凄腕の大人は実写化するとヤバさを感じてしまいます。

    原作ははるか昔に1度読んだ記憶がありますが大分設定が違うと思います。

  • 4.1

    manpatiさん2019/04/18 19:04

    映画は初見だけど10年前の上映だったのか。
    原作やアニメだと35〜40年前くらいの作品だったと思う。
    原作やアニメを少し齧った程度なので記憶が曖昧だけど、再現性が高いと感心したのが、矢口高雄の描くひょろっとしたスタイルと、微妙な感じのユーモアセンス、あと今見るとこれまた微妙なファッションを若き日の土屋太鳳がばっちり着こなしてるところ。いや、ほんとにいい意味でたいしたもんです。

    原作とはちょっと違い、少年ぽさの残るじいちゃんやダンディすぎない魚紳さんもよかった。

    YouTubeで渓流釣りやらブッシュクラフト動画が流行っている昨今にこそ、再び脚光を浴びてほしい名作です。

  • 3.7

    怒髪猫なんじゃったさん2019/04/16 15:09

    矢口高雄・原作の大人気コミックの実写版🎬です。


    あまり期待せずに鑑賞しましたが・・中々どうして、面白く楽しんで鑑賞出来ました・・キャスティングも好かった。


    釣りキチの主人公・三平三平と祖父一平の処にやってきたバスプロ鮎川魚神と共に、夜泣き谷の伝説の巨大魚、150cmオーバーの幻の巨大岩魚に挑戦する物語です。


    釣りの映画ではありますが其処には、家族の想い、葛藤、和解、友情を詰め込んだ映画になっています。

    当然ながら釣りのシーンは多いですが、素晴らしい秋田の田舎の山、川、谷、空、風が画面いっぱいに拡がり自然溢れる映像になっています・・幼い頃に亡父から聞かされた幻の巨大魚が、最後のシーンでは遂に眩しい魚体を現す・・

  • 3.6

    羞恥心の絶対的エース野久保直樹さん2017/10/25 03:37

    釣り好きな少年が川の主的な魚を釣る話。
    釣りを通して何かを伝えてくれるお話、ってわけではなくなんか楽しそうに釣りしてるのを観るお話。
    淡々と釣りの場所まで行き釣りをしただけですがまあかもなく不可もなくボケーっと楽しめました。
    個人的に釣りという題材が好きでした。

  • 3.1

    テツさんさん2017/09/07 01:40

    夜泣き谷の怪物編を映画化。
    まあ、いろいろアレンジはしてますが自然と笑顔になる。
    三平と魚紳さんは今なら別の方を推薦します(笑)。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す