お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

猿の惑星:新世紀(ライジング)

G
  • 字幕

全米初登場No.1大ヒットのSFアクション超大作!

あれから10年後――。天性のリーダーシップを備えた猿のシーザーは、より勢力を拡大し、手話と言語を操る猿たちは、森の奥に文明的なコロニーを築いていた。一方、約90%が絶滅した人類のわずかな生存者グループは、荒れ果てた都市の一角に身を潜め、希望なき日々を過ごしていた。そんなある日、人間たちがエネルギー資源を求めて猿のテリトリーに足を踏み入れたことから、一触即発の事態が勃発。シーザーと生存者グループの穏健派マルコムは和解の道を探るが、憎しみを抑えられない両陣営の対立は激化していく。共存か、それとも闘いか。最終決戦へのカウントダウンが刻まれるなか、シーザーは生き残るための重大な決断を迫られていくのだった…。

詳細情報

原題
DAWN OF THE PLANET OF THE APES
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2014
制作国
アメリカ
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2014-12-24 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
330
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

SF・超常現象洋画ランキング

猿の惑星:新世紀(ライジング)の評価・レビュー

3.7
観た人
18179
観たい人
3829
  • 3.0

    とくとみろかさん2020/05/28 23:53

    一言
    悪い猿1匹と悪い人間一人のせいで、人類は終わりました

    感想
    道徳的にも知能的にもそこらの人間より賢いサル「シーザー」が仲間と森に集落を形成してコミュニティを活性化させる反面、人類はだんだん衰退して絶滅寸前。文字通り最後の希望の灯火である「電気」を絶やさないためには、サルの領域である森の中にあるダムを動かす必要があるが、それがきっかけでサルとの全面衝突に…という話。

    猿の表情がめっちゃ豊かで、怒っている時、人間におもねるフリでアホ猿を演じる時で表情が全然違って、現代技術すげ~と思った。1968年版を観た直後にみたから、余計に思う。この50年位の映像技術の進化は、ホントに猿から人へレベルで進化してますよね。(=作品が面白くなっているかと言われるとそれはまた別の話)


    構成については、前作で人間とサルの関係構築と関係破壊、そして賢いサルが生まれた経緯を紹介し、今作(中編)で賢いサルを筆頭に盛り上がりを見せるサルコミュと、衰退する人コミュの衝突を描く、という流れは、神様視点のシミュレーションゲームを見ているようで好き。

    ただ、そういうテーマだから仕方ないんだけど、今作は猿間の愛情の表現が多い。父と息子の関係性の描写はいいにしても、サル同士の夫婦の愛情とか、オスメス間での慈しみ的なやつは結構生理的にムリだった…。シュレックのキスシーンを観たときと同じ種類の嫌悪感が(;・∀・)

    戦闘シーンはかなりハラハラドキドキなのだが、私は人間なので人間を応援したいんだけど、人間ギャーギャー騒いで偉い人につっかかるばかりの一方で猿は統率が取れていて、またシーザーもかなり出来た猿なもんだから、どっちに肩入れすればいいのかわからない状態で見守っていた。

    あと、「人の世も猿の世も、悪いやつもおるし、良いやつもおるんやで~」と言いたいから、コバとハゲのエンジニアを出したんだろうけど、極端に悪いやつにされていたような…。コバは当初はシーザーを慕っていたけど、途中から「シーザーは人間派。異端だ!!」ということで、人が変わったように悪い奴になる。でも、仲間の猿を蹴落としたり殺したりするような奴にしなくても。

    あの一帯でなんとかギリギリ生きていた人間たちは、一匹の悪い猿と一人の悪い人間のせいで全員絶滅の道をたどりました。いい人もいたのに残念!って感じの印象しか残らず、消化不良でした…。

  • 3.8

    ハチワレモドキさん2020/05/28 00:22

    今回も面白かった。
    前作よりも時間は長くなったけど飽きずに観ていられた。
    しかし、アッシュとロケット親子が不憫だ・・・。
    シーザーは人間から愛情も貰ってるから辛いよなぁ。前作の家でのシーンが切なくなった。あの2人は死んでしまったのかな・・・。

    今回も猿が暴れ回るんだけど、人間から武器を奪い合い武装したゴリラとか勝てる気がしない。

    そして今回もモーリスは癒し。

  • 3.1

    mikataさん2020/05/26 00:13

    前作からの続編として期待して見ましたが、ちゃんと続編として新シリーズの真ん中というかんじで作られていました。よかったです。
    それにしても、人間の滅亡の理由が今の私達の置かれている状況の中で観て「あれ?(汗)」と思ってしまいました。
    ちょっと、その辺は怖かったです(汗)
    ゲイリー・オールドマンの無駄遣い感が半端なかったですww


  • 4.0

    cocoさん2020/05/25 17:08


    憎しみはさらなる憎しみしか生まないんだな。

    そしてラスト

    シーザーの言う通りなんだけど、戦って欲しくない😭

  • 4.0

    ungezieferさん2020/05/23 22:07

    今回もアラはあるけど楽しめた。
    前作よりも象徴的なシーンが多くてより神話っぽいつくり。アラも神話だと思えばおーけー。

  • 3.6

    ラウシュ魁さん2020/05/21 19:39

    コロナウイルスが流行ってる昨今の状況からふと観たくなって再鑑賞。
    猿の惑星新シリーズは3本全部観てるんだけど、なんかいろいろと思うところあるよね。笑

    もうずっと、コバやめて〜って思って観てた笑


    猿の惑星の新シリーズの2作目。
    前作を通してめちゃくちゃ頭良くなったシーザーが率いて繁栄してる猿たちと、またまた前回の最後に発覚したサルインフルって言う名のウイルスによるパンデミックで滅亡寸前の人類がいる設定。

    まぁーある種の戦争映画だよね。

    理想主義者であったシーザー、
    そして人間への憎悪に突き動かされて人間との戦争を画策し、ついにはシーザーを殺しかけて、「猿は猿を殺さない」の誓いを破り、そんで暴君になったコバ。

    人間側も人間側で発火剤になる人は必ずいる。


    そしてラストのシーザーは意外と現実主義的。一度始まった戦争は止まらない。



    3部作全部を通して、あの猿側の幹部のオラウータン良いよね、良い味出してる🐒

  • 3.7

    tukukakeさん2020/05/20 23:20

    リブート三部作の2作目。

    猿インフルエンザにより人間の数と力が弱まり、猿とは歪みあうようになる。
    しかし人間に理解があるシーザーと、エイプに対して好意的なマルコムはお互いを信じあい助け合える仲に。それでもエイプの中には人間を、人間の中にはエイプを敵対視する者がどうしても存在し、シーザーとマルコムの努力が水の泡に。

    1作目で人間に虐げられていたコバがシーザーを殺し人間のせいにしようとしたり、エイプたちも憎い人間の醜い争いの真似事をしてしまうのが悲しい。

    ラストはシーザーがマルコムに決別。これからの戦いを暗示する。

    擬人化されたエイプたち、というか言葉をもち人間のような能力を持ったエイプたちが、人間とおなじ過ちを犯してしまうのが皮肉であり悲しい。
    1作とこの2作はとてもいい!テンポよくイベントが次々と起こり、シーザーの存在もあり最後まで一気に観れます!

  • −−

    mmmさん2020/05/20 00:12

    公開時観たかったけど
    いつの間にか忘れてたシリーズ。笑

    3を鑑賞し始め、開始20分で
    ココロ鷲掴みされ、
    久しぶりのどハマり。
    創世記を辿る旅決定。

    3→1→2と鑑賞。

    SFとヒューマンの合作が
    どんだけ好きなんだ、私。

    とはいえ、
    設定が現実離れしているようで
    こんな現状では、
    笑えないところもあるよ?

    どんなときでも
    愛と友情は見失わないように
    したい。
    さほど遠い未来ではないのではないかと
    思ってしまう。

    3では悪役としか描かれないコバ。
    遡ると、
    怒りと怨みと悲しみに
    満ちていることがよくわかる。
    3を知って
    1を知ってから
    2を観るって、結構いい見方だったかも。

    オランウータンのモーリス、らぶ。

  • 3.7

    Kumiさん2020/05/18 19:57

    人間vsエイプ?
    エイプvsエイプ?

    結局のところ、人間の醜さが生み出した
    争いであることは確か。

    シーザー、やっぱりかっこいいぞ❤️
    息子よ、立派になれ!

    何気に好きなのは
    オラウータンのモーリス。

    コバ最低ー。

    シーザーならやってくれる!
    って安心感ね。

    人間じゃないからこそ
    平和になること望めるのかも知れない。

  • 4.0

    ユーキさん2020/05/18 15:33

    「猿の惑星」探索8作目🐵🐵🐵🐵🐵🐵🐵🐵

    リブート版3部作の2作目。
    今作は前作とくらべて終始暗い雰囲気であり、盛り上がりにも欠けていたように感じました。
    しかし、猿の惑星シリーズの核心にあるもう1つの要素、人と猿の種族の垣根を越えた共存は実現可能なのか?という点が深く描かれていました。

    異なる種族間、そして同種族の中でも常に目指すところが同じであるわけでなく、様々な人間(猿)ドラマがある。その心理描写が巧みで素晴らしかったです。

    猿VS人の戦争がついに始まってしまいました。両種族にとって幸せな未来が訪れることを願いながら探索を続けます。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す