お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

猿の惑星:創世記(ジェネシス)

G
  • 字幕

地球の支配が変わりゆく、壮大な“起源”の物語

壮大なる〈起源〉から、想像を絶する〈新世紀〉へ。猿と人類の存亡を懸けた決断。共存か、それとも決戦か。最新劇場公開作『猿の惑星:新世紀』につながる序章 すべてはここから始まった……。新進気鋭の科学者ウィルが新薬開発の実験用に飼っていた猿が研究所内で暴れて射殺された。ウィルはその赤ん坊を自宅に持ち帰りシーザーと名づけて密かに育てる。母猿の特殊な遺伝子を受け継いだシーザーはすくすくと成長するが、ある事件がきっかけで霊長類保護施設に入れられてしまう。これを境として、シーザーは人間の愚かさに失望することとなり、それは地球上の生物の進化の概念を覆す「壮大な闘い」の序章へとつながっていく……。所々にちりばめられたオリジナル『猿の惑星』(1968)とのオマージュも見所。 なぜ人類の文明は滅び、猿が支配者となったのか!? その真相に迫る。

詳細情報

原題
RISE OF THE PLANET OF THE APES
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2011
制作国
アメリカ
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2014-02-06 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
330
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

SF・超常現象洋画ランキング

猿の惑星:創世記(ジェネシス)の評価・レビュー

3.6
観た人
32142
観たい人
3342
  • 4.2

    じゅんPさん2020/08/07 19:36

    シーザーが自分と似たような境遇で同じ痛みに傷つき、怒り、絶望してきたであろうゴリラのバック🦍と、それゆえに理解し合い、共感し合い、奮い立たせ合うのが好きで何回も観てる。

    あの保護施設ですら他のエイプたちから心身ともに孤立していたバック。
    そんなバックに対し、シーザーは心身ともに”鍵”を解放して救い出すわけですが、見た目で言えば多数派エイプにも関わらず孤立していたシーザーもまた、救い出したバックの存在によって救われる。

    双方向ではありながら特にバックにとっては人生ならぬゴリラ生を変える出会い。
    決して力関係だけではない強固な結びつきがあったからこそ、シーザーは施設内での序列を早々に逆転させることができたし、後の感動的なシーンにつながっていきます。

    施設を飛び出してからの活躍は言わずもがな、頼れる巨漢ならぬ巨ゴリラの圧倒的な存在感。
    漢気ならぬゴリラ気あふれるバックの行動に心のドラミングが止まりません。
    何度観ても男泣きならぬゴリラ泣きですね。…あ、ここで泣いてるのは俺だからゴリラに変換する必要ないか。

    てことでバックの話ばかりになりましたが、マルフォイのさすがの小悪党っぷりと、3部作ながら今作単体で成立してるスマートさも好き。

  • 4.4

    ゆぴこさん2020/08/06 11:20

    ハマり過ぎて、「猿の惑星」コンプリートしたろと思って、めっちゃくちゃ遡って最初のを観たけど、感性のない私には「ひょっこりひょうたん島」に見えてダメだった。

    めちゃくちゃ良かった!!
    生温い共存を描かないのも、自然の厳しさや尊さを教えてくれているようで良いなぁ〜。

  • 3.0

    シャイニーさん2020/08/05 18:52

    2020年61本目

    新・猿の惑星3部作の第1作

    どのようにしてシーザーが生まれたかが分かる作品。

    シーザー側の会話は極端に少ないのに感情移入が出来るくらい表現が分かりやすかったです。

    続きが気になるような終わり方で楽しめました。

  • 4.3

    ひじいさん2020/08/04 16:50

    パンくんの世界征服序章

    チンパンジーだけじゃなくてオラウータンとかゴリラも出てきて楽しかった。
    日本猿も出てきて欲しい。

  • −−

    モエさん2020/08/04 11:34

    オマージュ?リメイク系はいつも オリジナルには敵わないと言われるけど、音楽のチョイスだとかカラーコレクションとか色々な観点からみるとすごく手が凝っていて個人的には大作だと思う

  • 3.0

    kensteadyさん2020/08/03 22:40

    CGによるサルの擬人化がむしろ不自然すぎて…

    アルツハイマー病を治すための薬がチンパンジーに利用されて知能が高まってそれが遺伝してシーザーが生まれた、という設定は流石に無理がある。つまり、能力が遺伝するってことは、生殖細胞レベルで遺伝子治療をした訳だけど、それを静脈注射や噴霧器で施行するのは不可能に近い。例え遺伝したとして、一代であれだけ突然変異するのはありえない。

    人間のエゴで皮肉にも猿の方がより高い知能を得られた、ということだろうけど、もう少し説得力のある描き方をして欲しかった。

    余談だけど、ジェームズ・フランコって、今作の6年前に『ジェームズ・フランコvsエイプ』って作品(https://filmarks.com/movies/48686)に出てたんだ。猿とは縁があるのね。

  • 3.5

    シャチさん2020/07/28 18:05

    過去作未見だが超有名なので結末は知っている状態で鑑賞

    リブート3部作の1作目で知能の高い猿がどうやって産まれどうやって自由を獲得したのかを描いた作品
    また、同時に人間が滅亡に向けて歩み始めた経緯も描かれている

    シーザーもカッコよくて好きだが一番のお気に入りはオランウータンのモーリスが独特の存在感があって好き!

    ただ、個人的には人間側の主人公ウィルが騒動の原因を作ってるくせになんかいい人面してるような気がして気に食わないw

  • 4.0

    モンキーさん2020/07/28 00:54

    今みるとやはりCGのクオリティは少し劣化しているもののストーリーは興味深く猿のシーザーを演じたアンディ・サーキスの演技は素晴らしい。

    三部作の序章だが1本の映画としても楽しめる良作

  • 3.5

    LOSTさん2020/07/24 17:12

    製薬会社に勤めるウィルは、暴れて射殺された、ある実験用のチンパンジーの子供を密かに連れて帰る
    シーザーと名付けられ、やがて高い知能を示すのだが、ある事がきっかけで人類に失望し、猿を率いて自由の為に立ち上がる…

    当時観て以来なので少しcgが古く感じた
    CGの進化って凄い…

    猿の惑星の過去作は一作目しか観た事ないけど、問題なく観れる

    ゴリラとオランウータンは強キャラ感があった🦍🦧

    イカルス号はこの時消息を絶ったのか

    主人公の隣人の飛行機パイロットの運がなさ過ぎる笑
    そして、ラストは恐ろしい…

  • 3.9

    tk33220さん2020/07/24 09:48

    手でコミュニケーションを取ることやアクションが契機となって物語が進んでいく感覚が清々しい。猿たちが施設を抜け出してからの、あくまでも身体能力に優れている猿の方が人間より上ですという荒唐無稽なアクションシーンが堪らない。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す