お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

本格文學朗読演劇 極上文學 第7弾『走れメロス』

G

“朗読劇×演劇×文學×芝居セッション=極上文學“

極上文學とは?

朗読劇なのに演劇のように動き、芝居をする。手に本を持つことで普通では考えられない想像力を刺激する斬新な演出!
日本文学が持つ言葉の美しさを大切にし、原文をできる限りそのまま朗読!
1役・複数キャストで、毎公演組合せを変えて上演する独特の”マルチキャスティング”スタイル!
演じる相手によって役者同士の芝居が変わる。それはまるでセッションのようなスタイル。組合せが変わることで、生まれる作品は全て別作品のように違う!

【あらすじ】
『走るのだ。信じられているから走るのだ。』

メロスは、走る。
妹に、幸せな結婚式を挙げさせるために。
暴君ディオニス王の心を、取り戻すために。
そして、親友セリヌンティウスとの友情を守り抜くために。
走れ!走れメロス!

お得なパック(1)

    詳細情報

    その他宝塚・舞台ランキング

    評価・レビュー

    レビューを投稿してください。

      ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

      サブジャンルで探す

      カテゴリで探す

      キーワードで探す