お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

X-MEN:ファースト・ジェネレーション

G
  • 字幕

ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー競演!“X-MEN”の知られざる起源を明かすVFXアクション!

共存か、支配か。すべてはここから始まった。ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ケビン・ベーコンら豪華スターを競演に迎え、“X-MEN”の知られざる起源を明かす超絶バトル・サーガのVFXアクション。若き日のプロフェッサーXとマグニートーの出会いと別れを通し、ミュータントとして人類を支配するか、それとも共存すべきかと苦悩する彼らの孤独な戦いを描く。国際情勢が緊迫する1960年代、強力なテレパシー能力を持つ青年チャールズが、金属を自在に操れるエリックとめぐり合う。ミュータントとして人類と闘うべきか共存すべきか、異なる信念を抱きながらも友情を深めたふたりは、世界各地のミュータントを仲間に迎え入れていく。しかし戦時中にエリックの母親を殺した元ナチスの科学者ショウが、ミュータント集団“ヘルファイヤークラブ”を結成したことで、ふたりの運命は狂い始める。

詳細情報

原題
X-Men: First Class
作品公開日
2011-06-11
音声言語
英語
字幕言語
日本語
作品公開日
2011-06-11
制作年
2011
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2014-02-06 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
330
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

SF・超常現象洋画ランキング

X-MEN:ファースト・ジェネレーションの評価・レビュー

3.8
観た人
36580
観たい人
5330
  • 3.6

    オソマさん2022/01/22 13:06

    X-MENシリーズ4作目。人気キャラクター・プロフェッサーXとマグニートーの過去を描く。


    前作よりCGが飛躍。正直このシリーズは、これくらいの映像美があって初めて成り立つと個人的に思う。

    何やら矛盾など気になる点もあるが、シリーズ物の強みでもある前作との繋がりだけで十分楽しめる。

    ヒュージャックマンがいないとキャストに華がない…かな?

  • 2.4

    燈さん2022/01/22 00:09

    気になるところが多くてあまり集中出来なかった。
    あまりにも喋り方が違うチャールズ
    あまり説明がなく人を殺す側に行くマグニート
    特に気になったのは能力を2.3持つキャラがで出できたところだ。
    いままでのX-MENではいなかった?ように思うが狙ったように複数持つキャラが多かった。
    原作に寄せようとしてたのかもしれないが個人的には能力ひとつを工夫して戦う方が好きなので残念だった。
    元々いなかったキャラにもう少しフォーカスして欲しかった。
    しかし、元々いたキャラ2人にも説明が足りなかった気がした。
    この後がどのような作品か知らないがその隙間を埋めてくれる作品であって欲しいと感じた。
    ファイナルディジションでマグニートがチャールズをあまり酷い言い方しないわけがわかったのでそこは良かった。
    政府側の人間が普通にミュータントという言葉を使っているのに違和感を感じた。
    それまでは全く知らなかったはずなのでは?と感じた。

  • 4.8

    HicKさん2022/01/21 14:56

    《人間味を増したキャラたちが織り成す素晴らしい前日章》

    【ヴォーン監督】
    2作目までのブライアン・シンガー前監督が原案としてカムバック、監督はマシュー・ヴォーン。過激描写が控えめな事を除けば、彼の色が存分に出ている。60年代という時代設定とも相性が良く、クールなスパイ映画テイストに。ただそれ以上にテーマを真面目に踏襲していた事が大きな魅力だった。

    【テーマ】
    「Mutant and Proud (ミュータントに誇りを)」というセリフ通り、自分自身に誇りを持てるかというテーマ。そもそもマイノリティーとして自分はどう生きたいかという根本を描き、シリーズの前日章として相応しいテーマ。また、エリックがマグニートーになる話でもあった。

    【チャールズ】
    世の中が不快な思いをしないように、ある程度ミュータントである事を隠すべきというチャールズ。日本人には比較的馴染みのある全体主義であり身内に厳しい。悪く言えば八方美人。神様のようだったパトリック・スチュワート版チャールズからは想像できないチャラさだが、おぼっちゃま以上、先導者未満と言った感じでしっくりくる。彼のレイブンに対する発言も、旧チャールズのイデオロギーを紐解いていけば、今回のような過保護感や束縛っぷりにたどり着くと納得。なによりジェームズ・マカヴォイの演技が素晴らしく、セリフのひとつひとつに説得力があった。

    【エリック】
    それに対し、本当の自分を隠す必要なんかないというエリック。前3部作の時もそうだが、エリックの意見は結構正しい。その信念と復讐心が強すぎるだけで、言ってる事は理想的なディズニーヒロイン。特に彼がレイブンに言った「本当の自分を隠す事で集中力が疎かになる」というセリフは自分自身も経験した事があり、身に染みた。本当にごもっとも。復讐の原因となったホロコーストさえ無ければ、彼もヒーローになっていたかもしれない。人間が作り出した悪。

    【レイブン】
    その2人の間で、マイノリティーである事を隠し社会に溶け込むか、自分を認めありのままで生きていくかに迷う彼女は、実質テーマ上の主役。彼女に人間味を持たせたからこそ、抱いていた葛藤も非常に共感しやすかったし、最後の決別も整合性をとるだけの展開にならず、その選択に納得。更に切なさまで感じるシーンになった。

    【ブロマンス】
    チャールズがエリックの師のような存在であった事が、旧シリーズにおいてエリックが彼を一部尊敬していた姿に繋がる。今作においても話が進むにつれ、エリックからの愛が増していき、特に最後のミサイルのシーンでは「人間は汚いんだ。一緒にきてくれ」と自分は正しいから同じ側にいてくれという強い思いを伝える姿が印象的だった。悪役の方が情が深いという設定…。マグニートーを愛さずにはいられない。それにしてもミサイルを撃った人間にはイライラさせられる。お前たちを助けたんだぞ!と、X-MEN作品の醍醐味を感じた。

    【演出】
    本当にヴォーン監督のセンスはすごい。1作目の冒頭完コピシーンは「テーマの継承」宣言にもとれ、そこから60年代の史実を織り交ぜたストーリーにワクワクさせられた。主要キャラ全員の成長を見届ける物語のおかげで、クライマックスの戦場では巣立っていくかのようなX-MENたちがとてもカッコよく、応援したくなった。エリックとショウの最後のシーンはチャールズへの裏切りも視覚面で上手く表していて好きなシーンだった。音楽もマグニートーのテーマがカッコいい重低音で印象に残る。全ての演出が視覚的にクールなのに、伝えたいテーマをドシっと伝えてくれる。そんな演出が好きだった。

    【傑作の裏で…】
    今作は傑作と言われているが、シリーズとして整合性が取れなくなった大きな原因もあり、エマ・フロストの使い回しやチャールズがハゲるよりも先に歩けなくなってしまったという事でX-MEN3とウルヴァリンZEROと矛盾してしまう。制作陣がその2作品に納得が行かなかったから無視をした、という事らしいが次回作でのミラクルが構想にあったからこその無視なのかなとも思う。

    【総括】
    監督のセンス、カッコいいヴィジュアル、登場人物の魅力、踏襲したテーマ性、全て完璧だった。演技ではジェームズに魅了され、キャラクターではマグニートーが輝く。ミュータントという架空のキャラクターに人間味を持たせ、普遍的な生き方の違いを見せてくれた今作は傑作の前日章だった。

  • 4.4

    りょたさん2022/01/20 01:07

    【映像技術が作品に追いついた瞬間】

    前作から約5年。
    X-MENの表現にふさわしい映像に仕上がっていた…!!
    単純なので そこですでに引き込まれました🥺
    映像 アクション全てにおいてスタイリッシュでカッコよかった!!
    実はローガン見るために見始めたX-MENに
    こんな傑作が眠っていたなんて…
    マシューヴォーン監督は
    本当に素晴らしい映像を作るなあって
    思ってしまいました(何様)

    旧三部作の前日譚
    プロフェッサーXとマグニートー
    さらには他の主要メンバーの起源が明かされます。
    完璧超人の2人の人間味溢れる様子が見れて嬉しい
    (ハンクとミスティークには何かあると思ったが…切ない)
    「敵ではないけど味方ではない」
    旧三部作ですごく気になっていた
    2人のあやふやな関係がスッキリしました

    好きなシーンがたくさん。特に好きなのは
    ・ミュータントのリクルートシーン
    ・ショウが能力使うシーン
    かなあ!あげきれない!

    よくYouTubeで予告編検索するんですが
    今回予告を見てジェームズマカヴォイに惹かれてる…
    (いつも思うんだけど ラッセルクロウに似てる…)

    意外にも 今回初めてジェニファーローレンスの作品見た。
    可愛すぎる。。。

  • 4.3

    名無しさん2022/01/15 16:41

    2015年だったかな?金ローで放送されてから、何回も観たことのある大好きな映画!とはいえ、4年間くらい見てなくて久しぶりに鑑賞🥰🥰
    昔のチャールズとエリックがなんか新鮮で、話や時系列がここら辺からどんどんややこしくなってくる、、ウルヴァリンもこれから一緒に出てくるし🙄映画の内容としては、結構情報が詰め込まれてるけどま、シンプルに言うとミュータントの存在が世界的に人間に知られるようになる!ってお話😶😶キャスト陣もかなり豪華だしエリックの過去が辛いものだったり、ミュータントの苦悩が描かれた作品だと思います!!


    どーでもいい余談話
    映画が大好きな私だけど、なかなかタイプの俳優さんがいなくて、、でもこの映画に出ている、エリック役のマイケルのことはこれをみてからずっと今も変わらず世界で1番大好きでリアコだったから可愛すぎる、私の大好きなアリシアだけど、、結婚したこと知った時は本当にショックだったな笑笑それに去年BABY👶もできてて、1人でずっと泣いてた爆笑

  • 4.0

    佑太さん2022/01/15 01:22

    プロフェッサーXとマグニートー、2人の若き日の物語。旧三部作で分からなかった点が次々と明らかに。
    ミスティークが魅力的。

  • 4.4

    ひでりんstarさん2022/01/14 21:10

    キャラクターの過去を深掘りしつつキャストは一新してシリーズにフレッシュな印象を与えるのにも成功してる。マシュー・ヴォーンの功績はデカい。冷戦絡めたストーリーもかなり面白いし。

  • 4.0

    いとーさん2022/01/06 19:46

    キックアスとキングスマンのテイストが似ているように、これとキングスマンFAは似たテイストだった
    マシューヴォーンってやりたいことがはっきりしている人なのかも

    キックアス、キングスマンにはあったダンスを踊ってるかのようなスタイリッシュアクションがなかったのはちょっと残念
    まあXメンはこれまでのシリーズがあるからあまり独自色出せないってことなのかな(シリーズはこれ以外見てない)

    最後の方で、プロフェッサーXが「あいつらは命令に従っただけで大半は善良な軍人なんだ…!」って言ったのに対してマグニートーが「俺はそういう奴らにずっと苦しめられてきたんだ!!」って言うやつに、確かに!!って思っちゃった
    いやそれで復讐したりしないがヒーローなんだけど

  • −−

    meiさん2022/01/05 11:12

    邪道だと思うんだけど、X-MENシリーズ挫折しまくってるからこれから見ました。
    ほんとなんとなく用語とかわかるくらいだけど、置いてけぼりにはならなくてよかった。
    チャールズとエリックが仲良くて悲しい。

  • 3.8

    クリリンさん2022/01/03 23:32

    これはかなり面白いというか理にかなってるというかちゃんと考えられて作ってるんだな〜と思う。
    同じ遺伝子からの変異なんだから同じ系統の進化の仕方をしているものであれば似通った能力があるのもうなずける!
    しかし主人公2人が役作りによる過去作のジジイ2人に顔も寄っていてやっぱ凄いね〜感心するわww
    ちゃんと辻褄も合ってるしかなり良作といって良いのではないでしょうか。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました