お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

セカンド・ラブ

G

大原麗子が再婚女性を好演。都会の中で愛と生き甲斐を求めて懸命に生きる女性を描く。

時代の先端を行く新しい職業に生き甲斐を見い出している一実。プライベートでは夫の秀夫(小林薫)とのふたり暮らし。そんな折、一実に妊娠の予感が…。しかし、なぜか秀夫には話さない一実。やがて、見知らぬ男性の死が起こり、ふたりの間に分け入ってくる小悪魔のような女性も現われる。ふたりの愛の波紋を呼ぶことになるが…。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
1983
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2014-04-28 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330

ヒューマン邦画ランキング

セカンド・ラブの評価・レビュー

2.6
観た人
44
観たい人
21
  • 3.0

    seapony3000さん2020/01/29 13:44

    肩書きはグリーンコーディネーターの大原麗子。職場は表参道?この新しい職業の女性で一本作ろうとしているが、ガチガチの自立したおんなでもなく、人並みの悩みを抱えつつ生きている。その時代のドラマでもラジオのディスクジョッキーだったり同じような役を演じていた大原麗子、ウエストきっちりマークしたオールインワンにハイヒール、小さいショルダーバック、細いオシャレ鉢巻きみたいなファッション。行きつけはアイ・ジョージが経営するおしゃれスナック。旦那は行列のできるオトコ小林薫。夫婦の揉め事や、自分ちになぜか知らない自殺死体やら、なんだかとりとめもないごちゃごちゃした出来事が散りばめられているが、とくにまとまりもなくふんわりおさまる。なにみてたんだろーって気にさせる作品。こちらもふわっーとみ終わるしかない。大原麗子は美しいが声がブス。聴いてるとイライラしてくる。レイコさんゴメン!そして中村れい子も出ています。松橋登さんと長谷川ショパンも。

  • −−

    しおりさん2019/09/16 22:21

    妊娠中の女の人が「子どもって男の代わりになるかな〜」とか言うんだと思ってびっくりしてしまった。めちゃくちゃ子どもなので👶🏻

  • 1.2

    underfirejgさん2018/10/03 22:17

    東陽一監督が大原麗子主演で描くラブロマンス。だがしかし、一体全体どうしちゃったの?というトホホの出来。小悪魔中村れい子が1人頑張るも、セクシーシーンも物足りなく。。。という感じ。陳腐と言っては失礼かもだが、もう少し何かほしいよな。‬

  • 3.6

    ベイビーさん2018/08/12 07:38

    大原麗子さん見たさに鑑賞。

    やっぱり綺麗な人でした。そして、色気があって、チャーミングで、甘え上手で… 本当にズルい人です。 危うく彼女の虜になりそうでした。

    物語は、32歳の一実と2歳年下の夫の秀夫との夫婦関係を描いた話。途中、見知らぬ男性が自分家のキッチンで死んでいる。という大事件に関わりますが、でもやっぱり夫婦の微妙なすれ違いを描いていきます。

    最後も独特な終わり方で、多くの方がレビューで書かれているように「言いたいことが、よう分からん」といった作品です。

    しかし、この作品を写実的な日常の積み重ねだと理解し、一実が大きな木を見て色々感じように、僕たちもこの作品を観て色々感じれば、それなりに面白い作品だと思います。

    それにしても、大原麗子さんはお美しい。お芝居もナチュラルで、本当に素敵です。

    すでに魅了されてしまった僕。もう少し大原麗子さんの作品を漁ってみたいと思います。

  • 3.3

    あきらちゃさん2018/05/13 12:23

    2018-64
    東監督は「誰かの木琴」で知ったんだけど、30年以上前でも考えてることというか、興味分野同じなんや~と思った。
    主人公は32歳、夫の小林薫はそれ以下の年齢だけど大人っぽいというか、今だと42歳くらいの役だな。
    セックスシーンが多くて、しかも長くてそこに力入れてるんだろうなーと感じつつ正直早送りした。

  • 3.0

    きょさん2018/03/14 14:16

    当時の生活とか夫婦関係(というかDINKs)を描いている。
    男女関係もかなり生々しくて面白かったし、当時の時代の空気感みたいなのを知ることができた。
    あと、色々伏線なのかと思って結構疑って観てたけど、あんまり伏線らしいのはなく、ただの事実でしかないものがほとんどだった笑(喫茶店のアルバイトの若い女の子が実は殺人事件に関係しているのでは、とか、浮気女が何か裏で糸を引いているのではないか...など)
    女性映画良いな。
    最後の方で、子供は男の代わりになるか、みたいな話をしてるシーンが結構女として、面白いなと感じた。

  • 2.5

    しんちゃんさん2018/01/21 02:47

    1983年作品。フィルマークスで私が観た作品で鑑賞マーク最少の20。少ない‼︎

    大原麗子が可愛いかっただけ。独特のあの甘い声がなんともいえない。

    バブル期前の映画で東京三鷹の風景が懐かしい。80年代の匂いがプンプンした。

    ストーリーは書くに及ばず。なんじゃそれの内容。薄っぺらい映画だった。

    ⭐️教訓⭐️少し愛して長〜く愛して。大原麗子のCMが懐かしい。懐かしさだけで作品チョイスしたら見事にハズした。これもまた愛嬌。シッカリと吟味すべし(≧∀≦)

  • 1.3

    外は雨さん2017/10/28 01:39

    倦怠期らしき夫婦で大原麗子さんが年上の妻役で可愛らしく美しいんですけど、ただそれだけの映画って感じ。ちょっと艶っぽいシーンが所々にあってそこが見所なのかも知れませんけど、なんだかストーリーも支離滅裂で、80年代の雰囲気映画って感じ。

  • 2.8

    オカルト博士さん2016/08/30 21:55

    恋も二度目なら~♪ではなくて~
    大原麗子が主演の大人のラブスト-リ-です。名セリフ「少し愛して、長~く愛して」とは言わなかったですが、そんな感じの内容です。

    さすがに、演技には人一倍プライドの高い大原麗子だけあってこの映画でも上手です。他の役者が全く駄目なんですよ。特に中村れい子は下手過ぎますよ。小林薫は存在感が全くないし。そうゆう役ではあるんですけどね。まさに大原麗子の一人舞台の感じでした。

    監督の東陽一は好きな監督で僕的には名作が多いんです。
    『うれしはずかし物語』
    『ジェラシ-・ゲ-ム』
    『ラブレタ-』
    『サ-ド』
    は好きな作品です。

    今作品は特に見せ場はなく、おとなしい感じです。初めて観た時はラスト辺りは少しビックリしたけど。

    大原麗子さんの裸、一度見たかったなあ~(T▽T)
    ついに見れなかったですね。


  • 2.4

    まりもさん2016/07/31 22:46

    この当時って、こんなファッション?
    頭に、赤いねじりハチマキしてバーで飲む麗子さん。
    内容は、ふわっとした、犬も食わない夫婦の物語。。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す