お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ミュージアム 序章

G

“親子愛の刑”開始。衝撃のノンストップスリラーエンターテイメント映画『ミュージアム』のアナザーストーリー。

様々な殺人事件を取材するジャーナリスト・九堂仁(三浦誠己)は、3年前の「幼女樹脂詰め殺人事件」に冤罪見解を持ち、取材に奔走する日々を過ごす。そんなある晩、取材中に突然背後から現れたカエルマスクの男にメモを渡される。そこには「事件の秘密を教える。自宅に戻れ。」の文言が。急いで帰宅すると、いるはずの娘・伊織(川島鈴遥)がいない。伊織の机上には「これをつけろ」というメモと共に見知らぬ携帯とイヤホン。訳も分からず装着し電話に出ると、画面には拘束された娘と先ほどのカエル男が・・・!娘を救う為にはカエル男が指示することを全て遂行し、かつその様子を撮影しなければならないという。次々に下される理不尽な指示に追い詰められていく九堂。果たして九堂は娘を無事助け出すことができるのか?そして、カエル男の真の目的とは・・・?

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

クライム・犯罪邦画ランキング

ミュージアム 序章の評価・レビュー

2.6
観た人
2717
観たい人
585
  • 2.9

    るいとみ映画さん2021/11/01 21:09

    11月1日
    本編の繋がりがもう少し欲しかった。
    白石晃士監督の少し泣かせる演出と容赦ない展開が際立っていた。

  • 2.0

    アカネさん2021/11/01 13:59

    うーん…なんか色々わからなかったな。なんでなの??が多すぎて。ストーリーはわかったけど…途中で登場人物にもイライラした。ミュージアムとは関係あるのか?

  • 2.8

    hideharuさん2021/10/20 22:32

    2021.10.20レンタルDVDで鑑賞。

    最近はあまり見かけなくなりましたが一時は邦画の話題作には序章的な低予算のテレビシリーズや特番が宣伝代わりに放送されてました。
    「アイアムアヒーロー」「クロユリ団地」「悪の教典」などなど。
    そして大体が主人公不在で脇役の目線や本編に出ていない無名の俳優によるものばかりです。

    本作も本編の犯人であるカエル男が出てきますが仮面を一切脱ぎませんので誰が演じているのかも分からないです。声さえもボイスチェンジャーで変えてあるし。
    そして事件に巻き込まれるのも本編に関係のない可哀想な親子2組でどちらもシングルファザーにJKの娘で理不尽に暴力に晒され、究極の選択を余儀なくされる。
    白石監督は「グロテスク」なんかも撮っているし、モキュメンタリーは彼の18番でもあるのでこの手の作品は手馴れていて上手くまとめていると思います。

    宣伝用のドラマとしては他の作品に比べてもずっとマシで面白かった、というか悲惨だった。
    ただ「ミュージアム」の序章と謳っている割には全然違う作品のようでしたから宣伝用としてはうまく言っていないのかも?

    さてさて2組の親子、どちらの愛が勝るのか。

  • 3.7

    三行感想さん2021/10/01 09:23

    よく作り込まれてる55分間で最高に胸糞悪い展開が堪らなかった。カメラを通した第三者目線で見るのは新鮮でよかった。

  • 2.5

    ごんさん2021/09/23 00:10

    カエル男から指示されて殺人をする話。

    子供のためなら、女子高生殴って人を殺すってうーんって感じ。
    抵抗できない女子高生の顔を殴るのは気分がよくなかった。
    可哀そうだよ。

    映画ミュージアム序章のタイトルだが、カエル男が出てるだけで全然映画ミュージアムと関係ない。
    はっきり言ってタイトル変えたほうがいいと思います。

  • 3.1

    コウさん2021/09/19 23:14

    昨日ミュージアムを見て,本日こちらを鑑賞。
    数々の胸糞作品やグロ作品を見てきたが,これは過去1を争うほど精神にグサグサときた。
    リアルなカメラワークかつBGMもなく、本当の犯罪を見ているような錯覚に陥るほどだった。
    実際私が主人公の立場でも、同じ行動をしたと思う。
    正直2度と見たくはない救いようのない話であるが、この狂気的な世界観を表現したという意味で少し高めの評価とさせていただきました。

  • 2.9

    Rikuさん2021/09/13 22:42

    ただの胸糞映画。
    最初から最後まで救いのないストーリー。
    本編と違ってカエルにセンスを感じなかった。ただ指示をするだけなので凄みはなかった。
    ただ実際自分が主人公の立場だったら同じことをするだろうなと思った。
    カエル以外誰も悪くない、ただ愛する子を守るための行為、故に残酷。

    ミュージアムはまだ無名のころにマンガを見つけた自分を褒めたいくらいいい作品。

  • 1.6

    きゅうさん2021/09/10 19:24

    工藤が出てきてテンション上がりましたが、これは観なくていいやつです。
    最初から最期まで辛くて苦しいだけなので。救済は無いです。泣いた。

  • −−

    なつきさん2021/08/28 03:27

    胸糞映画って色々あるけどこれはレベチで胸糞。
    ミュージアムが面白かったから繋がるのかと思ってみたけど別に観なくてよかった。
    てか終始不快でしかなかったから観たくなかった。笑
    好き嫌いハッキリ別れると思う。

  • 1.5

    幕のリアさん2021/08/23 01:20

    工藤Dキター!
    演じるのは三浦誠己。
    当然モキュメンタリースタイルでスタート。
    放課後ソーダ日和の森田想も出てきた。
    これは楽しみ。

    と思ったのも束の間。
    白石晃士お得意のあくまでフェイクなテイストを味わおうにも、この手の"サイコパス殺人皆さんゲームです"的なヤツがめちゃくちゃ嫌い。
    嫌悪感というより、こういうのを創作活動としている人間の低俗と低能に対する侮蔑しかない。

    そもそもセブン初見からして全く白けて観ていたし、セブンもどきと聞く本編なんかますます見る気しないわ。

    イヤミス含めこの手の低俗ネガティブエンタメ全般はできるだけ無視するに限る。

    〜〜

    今日の一曲

    Herman's Hermits
    恋のミュージアム Museum

    https://m.youtube.com/watch?v=P8tqIIgjvfQ

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました
    戻る