お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

またまたあぶない刑事

G

舘ひろし、柴田恭兵競演の人気刑事シリーズ第2弾! コカインが絡む闇組織の陰謀にタカとユウジが挑む!

港署刑事・タカとユウジが、コカインの売人・緒方を追い込んだのは、若き横浜のドンと呼ばれる青年実業家・長峰の経営するディスコだった。プライベートのパーティーの途中で、公務につかねばならなかったタカとユウジは、その腹イセも手伝って、令状なしで長峰の目の前で派手に緒方を逮捕した。しかし、翌朝、長峰が手配した顧問弁護士が緒方を引き取りにくる。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
1988
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2015-04-10 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330

犯罪・捜査邦画ランキング

またまたあぶない刑事の評価・レビュー

3.4
観た人
845
観たい人
109
  • 4.0

    ナイトリッチさん2020/05/25 21:38

    ★神奈川県警の刑事・タカとユウジが今度は政治家絡みの闇深い事件に挑む!

    #本当にセクシーだしダンディーだし可愛いし無限に見ていられるシリーズ

    #タカもユウジも微妙にオネエっぽい話し方でそこがまたセクシー

    #トオルくんとタカ&ユウジの絡みが本当〜〜〜〜に面白いし可愛い

    #ヤクザたち「令状を見せやがれ!」
    トオル「俺が令状だ!」
    タカ&ユウジ「ヾ(*´∀`*)ノ キャッキャ」
    からの
    ユウジ「俺たちが先輩だ(キリッ)」
    めっちゃ好き(笑)

    #木の実ナナ〜〜〜〜!!!

    #カオルちゃんの勢いに毎回笑う

    #すぐ踊るユウジ、可笑しいのに何か格好良くてずるい

  • 2.7

    mitakosamaさん2020/05/19 18:14

    あふ刑事2作目。若っかい伊武雅人が裏で麻薬を扱っている実業家。
    テロで自衛隊の武器を輸送する列車を襲うと画策しタカ&ユージが阻止する。

    宮崎美子演じるルポライターと情報交換し合うが、彼女は殺されちゃう。やっぱりねぇ。あふ刑事の美人ゲストキャラが死なない訳ないよ。

    国家機密法の反対派議員の娘の幼稚園バスの誘拐身代金事件。タカ&ユージは1億で買収されるが罠にハマり追い詰められる。

    散々と単独捜査で荒らし回ったのに、犯人の実業家を打ち殺し「首の皮が繋がった」って嘘でしょう?裏で糸を引いてる奴らはわからないけど悪を退治してハッピーエンドな映画っていったい…。

    そーいえば赤井英和がどついたるねんの前に今作で映画デビューしてるんやね。

  • 4.2

    つよさん2020/05/14 08:41

    劇場版第2弾
    薬物捜査や、圧力や、園児集団誘拐や。
    電車の上だったりバイクに乗ってライフル使ったりカッコいいアクションと、面白いやり取りで、楽しい映画。

  • 3.0

    たてのっちさん2020/05/03 14:17

    そもそもテレビシリーズをちゃんと見たことない自分がスコアを付けるのもどうかと思うけど、1981年生まれの自分としては80年代の映画って感じですね。
    今後の続編見ても同じこと言うと思うけど、タカとユージがカッコいいですね。

  • −−

    yutatakasuさん2020/03/09 22:12

    一体どうしてクルマを斜めに傾けて走りたがるのか理解し難いけれども、タカとユージがそうしたいのであれば、何でもいいのだ。

  • 2.8

    マエダさん2020/03/07 21:56

    今作は結構好き。オープニングから警察署でのワイワイガヤガヤといい、リアルなんてお構いなしの漫画的見せ方がとにかく大好き。そして前作よりも浅野温子も出てくるようになったのも嬉しい。見事なギャグ要員。いや見事すぎるギャグ要員。そしていいところで登場する木の実ナナがまたオイシイ。課長とのやり取りも笑える楽しさ。伊武雅刀率いる悪役軍団がまたベタで漫画みたいな人たち。赤井英和がこれまた良いんスよ。ホント、どこまでも漫画的なのが嬉しいね。アクションもしっかりおもしろい。ペチャクチャ喋っていた二人が、格闘シーンになると黙って殴り合うのがまたカッコいい。そこに流れる歌もバブリーで良いんスよ。最後のアクションは結構潔くさっぱりなんですけど、ハリウッドじゃないんだからこのくらいで良いんだよね、となんか優しい気持ちで今回見てました(笑)伊武雅刀の最後がまた好き。

  • −−

    macoさん2019/11/11 23:08

    いつもの面々の楽しいかけあい、ダンディーなかっこよさ、劇場版らしい派手な立ちまわりのバランスがよく、楽しく観られる。

  • −−

    kurokoさん2019/09/08 18:42

    カッコいいけどチャラい!

    地に足ついてない感が見どころのひとつなんですけどね。若かりし頃の私は気づいてなかったけど下ネタ結構あったのね。。。

    80年代のゴッツイ車の方が好きなので見ていて楽しい♪

    2019-111

  • 3.0

    りえさん2019/09/07 08:46

    俳優さん、みんな若いわ~
    宮崎美子も!かわいこちゃんとして出てた!透くん、女紹介する、に釣られ過ぎ。浅野温子もそうやけど、みんなの関係性がとても好き。それにしても犯人すぐに銃殺しすぎでしょ(笑)。

  • 3.0

    きよぼんさん2019/08/25 16:18

    若い人が「あぶない刑事」を観た感想で多いのが「バブルですねえ」という言葉。「バブル」は時代を表すのに便利ワード過ぎて、この言葉で思考停止してしまうので、もうちょっと踏み込んで考えて欲しいとおっさんは考えたりしてるわけです。

    でも、久しぶりにこの映画みて「バブルですねえ」というのが、おっさんの感想。

    あぶない刑事の魅力のひとつは、ハードボイルドとジョークの絶妙なバランス。硬と軟。緊張と緩和なのです。だけど今回はジョークの範囲を超えて、もはや「お笑い」となっています。

    第1作目のドラマのファンとしては、やっぱりコメディっっぽいほうが人気あるからこうなってるのかなーって考えてたのですが、2019年の時点でこれを観ると、これはやっぱり当時の浮かれた空気の反映に思えます。

    それでも鷹山と大下が一億円で買収されそうになる下りはやりすぎ。時代の空気があるとはいえ、一線を越えてしまっているので自分としてはシリーズ中では好きではない一作です。

    この後しばらくは「浮かれた空気」があぶない刑事という作品のカラーとなっていきます。その後は「さらばあぶない刑事」でのハードボイルド路線への回帰などへとつながっていくわけですが、その背景にはバブル景気とその崩壊という時代があったということなのでしょう。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す