お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

あぶない刑事

G

“タカ”舘ひろし、“ユウジ”柴田恭兵が絶妙なアドリブを繰り広げる人気刑事ドラマの劇場版第1弾!

パトロール中の横浜港署刑事タカとユウジの覆面車に無線が入った。管内パトカーが不審車輌を追跡中とのこと。そして現場へと向かうふたりの車にバズーカ砲が発射された。間一髪、ユウジの運転でギリギリかわしたものの、後続のパトカーが被弾、爆発炎上した。その頃、ある製薬会社の研究所が襲われ、制ガン剤のデータが破壊され中野博士の死体が発見された。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330

クライム・犯罪邦画ランキング

あぶない刑事の評価・レビュー

3.4
観た人
1649
観たい人
286
  • 3.2

    yyyさん2021/07/29 14:47

    2021 66本目


    ドラマは再放送とかでみてたけど、映画は観るの初めてだった。
    映画版ならでは!って感じはあんまりなかったけど当時の街の雰囲気とか見るの好きだからそれだけでも十分楽しめた。
    舘ひろしイケメンや〜。

  • 4.0

    マッサージ屋2号店さん2021/07/23 10:32

    劇場版シリーズ第1作目。

    5年ぶりに何度目かの鑑賞です。
    30年以上前のテレビドラマ版が大好きで、当時は小説版も買うほどハマってました。

    リアリティ重視な現在ではあり得ない作品。
    今、見ると本当にツッコミどころは多いしダサく見えたりするんですよねぇ。
    それでもやっぱ思い入れ度が違うので受け入れてしまう(笑)
    舘ひろしと柴田恭兵、最高にかっこいいもんなぁ。

    今作のストーリーは株で大儲けした画商の悪事を暴く展開。
    まぁストーリーどうこうよりタカとユージのめちゃくちゃな捜査とド派手なアクションを楽しめばOK。

    ラストの2人揃っての銃撃は何回見てもシビれます。

  • 2.7

    すぽんじさん2021/07/22 17:55

    【こんな警察署、はじめてw】

    完全初めましてのあぶない刑事。
    この間観た仲代達矢の『熱海殺人事件』も独特な警察署だったけど、こちらも負けじと超自由ww
    仲村トオルが三枚目キャラw
    バブリーな空気を楽しめるw
    とにかく皆楽しそうw

    2021/07/21GYAO無料配信

  • 3.9

    mametoumeさん2021/07/21 15:08

    シリーズ第一弾ですよね。1986年にテレビシリーズが放映されたそうですが、次女が生まれておよそ映画やテレビに縁遠かった年でした。見れてよかった。他にもこのシリーズは沢山ありますね。

  • 3.0

    Hirokingさん2021/07/19 17:53

    最後の昭和感ある刑事物の劇場版第1作‼️
    拳銃撃ちまくります‼️今じゃ考えられない‼️
    犯人や事件の内容なんてぶっ飛ばした作品でした😆

    2021年1,203本目

  • 5.0

    キングさん2021/07/18 20:42

    🔫あぶない刑事映画シリーズ一作目🔫
    タカとユージは仕事中ナンパしている最中に無線が響く、犯人が逃走したとの無線連絡が今夜も鳴り響く、すかさず車を走らせ向かうのだが車の外からロケットランチャーを発車され仲間の車がやられ一時追跡を止める二人、その後狙われた製薬会社の事を知る二人だが…

    またも熱い作品の誕生❗
    タカとユージの最強のコンビが映画を終わってもこんな二人みたいな熱い人達がまた他のキャストの方がいたからこの作品はいい作品であると思うしドラマから映画になる作品ってここ最近そんなにないと思うしこんな作品のデビュー作を映画館で見たかったなー笑っ

    熱く笑える映画を見たい方におすすめしたい作品なので気になった方は是非見て下さい!

  • 3.0

    もももさん2021/07/14 15:56

    ダンディー鷹山とセクシー大下がかっこいいのなんのって(おじ専からすると今の方が好きだけど)

    さらばで初めてあぶ刑事を観て、踊る柴田恭兵がめっっっっっちゃ渋くてかっこよかったので過去作も観たいと思い鑑賞。

    現代に生きる私からすると有り得ないこととツッコミどころばかりだったけど笑えたのでオールオッケー!あぶ刑事全作踏破したい✊🏻

  • 3.3

    Kenさん2021/07/11 14:57

    2021年56本目。
    展開がわからなさすぎる。唐突なことしかない………

    あぶない刑事ってめっちゃ有名だけど見たことないので見てみた。横浜舞台だし。1987年の作品。

    もうとにかくツッコミどころしかない。
    街中で銃片手に走り回るし、
    捜査課がある場所が来客対応してるカウンターのすぐ横だったり、
    止めてあるバイクに急に乗るけど鍵がかかってなかったり、
    警察が誘拐というか拉致みたいなことをしてたり、
    情報屋に普通に現金払ったり、
    暴走族に助け求めたり、
    効果音が極端で盛大だったり、
    昭和だからですかね、時代なのですかね。



    話の展開としても、急に1人で行くって言い始めて、急にシリアスな雰囲気になったり。展開が唐突すぎることばかり。


    その一方、オープニングの雰囲気とか、衣装とか街の風景とかは、昭和が垣間見れて興味深い。水色一色の京浜東北線とか懐かしい。

    コンビのやり取りも時代感あったけど良かった。
    劇中のライブシーンで出てくるSCHOOL DAZEはかっこいい。柴田恭兵の唐突な謎ダンスシーンは笑った。


    お金かけてるよねー。爆発とか火とか贅沢。



    終始思ってたんだけど、舘ひろしが黒澤映画に出てくる木村功に似てる。

  • 3.0

    ちょこちょこさん2021/07/05 21:56

    AKIRAとあぶ刑事の再放送ばかり見て育った幼少期。
    舘ひろし演じる鷹山は初恋の相手かもしれない。
    同時期に金田も好きだったけど、もしかしてバイクに乗る人が好きだったのかな…と今さら気付いた。

    オープニングのパルナードのシーンがネオンギラギラで最高。

    パンチラビリヤードBarって、当時本当にあったのかな?
    ノーパンしゃぶしゃぶといい、バブルってほんと狂ってるわ。

    かおる君の「ダイアン・レインみたいって言ったらどうなの!」が最高。

    ドラマであんまり出てこないけど、すげーインパクトの木の実ナナが今作で結構出て来て嬉しい。
    ナカさん落としてからの革ジャンの巣窟に行ったあたりが大好きすぎる!!
    岡田ユキオのレィディオクラブみある。

    横浜港署設定だから、ロケ地全てが横浜だと思ってたらそうでもないことをエンドロールで知る。

    話の結末にモヤモヤするけど、そもそもタカとユージの格好良さがあればいいシリーズなので、まぁいっか。

    スーパーのシーンに写り込んでた、ブルーチップがエモくて泣いた。

  • 3.4

    kazu1961さん2021/07/04 16:51

    ▪️JPTitle :「あぶない刑事」
    ORTitle: ※※※
    ▪️First Release Year : 1987
    ▪️JP Release Date : 1987/12/12
    ▪️Production Country : 日本
    🏆Main Awards : ※※※
    ▪️Appreciation Record : 2022-374 再鑑賞
    🕰Running Time : 99分
    ▪️Director : 長谷部安春
    ▪️Writer : 柏原寛司、大川俊道
    ▪️MusicD : 志能研三
    ▪️Cast : 舘ひろし、柴田恭兵、浅野温子、仲村トオル、木の実ナナ、中条静夫

    ▪️Review •••••••••••••••••••••••••••••••••
    🖋昨日まではアメリカのバディ物『リーサル・ウェポン』を堪能したので、今日からは日本のバディ物、タカとユージの『あぶない刑事』を鑑賞!!当時、とにかくタカとユージ、舘ひろしと柴田恭平のカッコ良さにやられてました。再鑑賞すると1980年代の昭和のギラギラ、キラキラした雰囲気に懐かしさが込み上げます。バブル全盛の世相、風俗、暴走族、その全ての世界観が良いですね。昭和の刑事物らしい大雑把なストーリー展開もご愛嬌(笑)。タカとユージのアドリブとセリフを聞いているだけで楽しいけど、恥ずかしくなってきます。

    🖋本作、1986年(昭和61年)10月から日本テレビ系で放送された同名ヒットドラマを初映画化した作品です。名コンビ、タカとユージがベイシティ横浜を舞台に、カッコよくてユーモラスなハードボイルド・アクションを展開。浅野温子、仲村トオルらTV版のキャストも勢ぞろい。監督はTV版第1話を手掛け、シリーズ生みの親といわれた故・長谷部安春さんです。

    🖋それにしても浅野温子や木の実ナナ、柴田恭平の容姿はファッションはほんと80年代ですね!!

    😆物語は。。。
    とある金曜日の夜、不審車を追跡中のパトカーがロケット弾で爆破されるという事件が発生。同じ頃、大手製薬会社・中光製薬の研究センターでは、新薬開発担当技師二名が惨殺された上、開発中だった抗癌剤のデータも破壊されていました。港署は目撃証言などを受け、破壊工作のプロとして公安からマークされている傭兵・豹藤幸次郎を両事件の容疑者として指名手配。一方、センター襲撃に伴うライバル企業の株価高騰で莫大な利益を得た鳴海総太郎という画商の情報を入手した鷹山と大下は、鳴海の秘書である結城緑を連行して揺さぶりをかけますが、逆に豹藤は薫を拉致し、緑との身柄交換を要求してきました。今までになく危険な犯人に港署全体が翻弄される中、その捜査方針を巡って鷹山と大下の間に亀裂が生じ始めます。。。

    ▪️Overview (映画. comより)
    ヨコハマ・港署に籍をおく型破りな二人の刑事の活躍を描く人気TVシリーズの映画化で、脚本は「お嬢さん探偵 ときめき連発!」の柏原寛司と大川俊道が執筆。監督は「化石の荒野」の長谷部安春、撮影は「ハチ公物語」の姫田真佐久がそれぞれ担当。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す