お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

鉄拳

G

『どついたるねん』で鮮烈なデビューを飾った阪本順治監督が渾身の力を込めて描くボクシングファンタジー。

四万十川源流で林業を営む中本は、ボクシングへの熱い思いを断ち切れず、ボクシングジムを開く。ある日、中本は少年院上がりの凶暴な青年、後藤と出会う。のめりこむ中本の指導の下、後藤は順調にボクサーとしての才能を開花させ、破竹の勢いで勝ち進んでいった。だが、自らが招いた交通事故で後藤は右拳を潰してしまい、中本の前から姿を消す。失意の中、中本は、精巧な義手で紙を漉く紙漉き職人・滝浦を知る。後藤を諦めきれない中本は、後藤を復活させる道を選んだ…。

詳細情報

作品公開日
1990-11-23
音声言語
日本語
作品公開日
1990-11-23
制作年
1990
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2019-08-23 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ヒューマン邦画ランキング

鉄拳の評価・レビュー

3.5
観た人
172
観たい人
172
  • 3.5

    としさん2021/04/10 15:09

    デビュー作の『どついたるねん』同様に挫折した人間がボクシングを通して再生する映画かと思いきや、ただのボクシング映画じゃなかった。 途中から『狂い咲きサンダーロード』みたいなファンタジックになってきてラストは菅原文太が暴れまわるアクション映画になっている。奥が深い。 ただ、ちょっと長すぎるかな。

  • 2.5

    西村大樹さん2020/09/24 14:29

    嘘の吐き方が上手くない。前半はそれなりに面白いのだが、中盤からの展開が唐突過ぎてついていけない。
    配役は素晴らしいのだが、これで構成が良ければ面白くなったのに!

  • 3.5

    KoseiHirataさん2020/09/13 12:47

    初見でしたが、これは『DEAD or ALIVE 犯罪者』に並ぶ珍作では?
    障害者を抹殺していくカルト集団っていうのも倫理的に強烈で面白い。
    着地点が見つからないまま唐突に終わってしまうジャンルホッパーな作品がお好きな方は是非。

  • 3.6

    なごさん2020/07/29 13:17

    どついたるねん安達と同じく、再起不能であろう状態に追い込まれ、一度はボクシングから離れるも、また頑張る

    レイシスト?軍団たち怖すぎて震えてた

    菅原文太が、可愛い、と見えてしまった

  • 3.0

    sさん2020/05/30 13:25

    「どついたるねん」の安達が存在する世界でキャストはほぼ一緒という奇怪な並行世界。

    最後、徳永英明が黒味で1分30秒流れる。

  • 3.2

    ニクガタナさん2020/03/23 08:15

    阪本順治作品を初めて観るにあたっていきなりトンデモ作品から観てしまった思い出。ボクシング命の男が見出した逸材との快進撃と事故による頓挫と再起を描くヘンテコ成長譚。文字通りの鉄拳はアホかと思いました。映画としても競技としても、いや終いには競技ですら無くなりますが、いろいろ反則だと思いましたよ。

  • 3.2

    えさん2020/01/19 15:50

    半世界を見たときにもおもったがどうにも置いてかれるなこの監督の映画..
    珍奇な映画は好きだが、台詞も本当に合わない、そういう言い方しないでってこと多くて、映像も絶妙にキマってない、、

    原田芳雄には救われた

  • 5.0

    じゅんPさん2019/07/21 23:59

    観ていた映画が次の瞬間、今までとはまったく別の翼を手に入れて、見たこともないような飛び方で違う次元を飛び始めるなんて、そうそう目撃できるものじゃない。

    砂かけ→目つぶし→金的からの、充分に助走をとってのエルボードロップ!を、外していくぅ〜。

    表現は屈さない、それをただ信じる。
    ありったけの力で笑い飛ばしてやろうぜ。

  • 3.8

    キャプテンパニックさん2019/04/15 00:58

    文太と林業、文太とボクシング、文太と犬、文太とロボット工学、文太とエルボー!後半はまさかの展開!変な演出も多いけど好きな類です。

  • 4.0

    ILCさん2019/01/28 00:37

    まさかのカルト映画。
    前半と後半が違いすぎて困惑した(笑)
    この作品、前半は本当に大傑作。後半は謎の展開に???が連続。この落差が結構激しい(笑)
    まあ前半の流れでいって欲しかった部分もあるがこれはこれでありかな。
    ラストの菅原文太の唐突のエルボー!!の所声出し笑ったわw

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す