お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

アルキメデスの大戦

G

戦艦大和VS天才数学者

1933年(昭和8年)。欧米列強との対立を深め、軍拡路線を歩み始めた日本。海軍省は、世界最大の戦艦を建造する計画を秘密裏に進めていた。だが省内は決して一枚岩ではなく、この計画に反対する者も。「今後の海戦は航空機が主流」という自論を持つ海軍少将・山本五十六は、巨大戦艦の建造がいかに国家予算の無駄遣いか、独自に見積もりを算出して明白にしようと考えていた。しかし戦艦に関する一切の情報は、建造推進派の者たちが秘匿している。必要なのは、軍部の息がかかっていない協力者…。山本が目を付けたのは、100年に一人の天才と言われる元帝国大学の数学者・櫂直。ところがこの櫂という男は、数学を偏愛し、大の軍隊嫌いという一筋縄ではいかない変わり者だった。頑なに協力を拒む櫂に、山本は衝撃の一言を叩きつける。「巨大戦艦を建造すれば、その力を過信した日本は、必ず戦争を始める」…この言葉に意を決した櫂は、帝国海軍という巨大な権力の中枢に、たったひとりで飛び込んでいく。天才数学者VS海軍、かつてない頭脳戦が始まった。同調圧力と妨害工作のなか、巨大戦艦の秘密に迫る櫂。その艦の名は、「大和」…。

詳細情報

関連情報
原作:三田紀房
音声言語
日本語
制作年
2019
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2020-01-08 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ヒューマン邦画ランキング

アルキメデスの大戦の評価・レビュー

3.9
観た人
25695
観たい人
23097
  • 4.0

    ミッチーさん2021/11/28 10:20

    ストーリーが漫画原作なだけに凄く引き込まれる。菅田将暉は当然良かったけど、柄本佑の演技が漫画的で凄く良かった。

  • 3.5

    aymさん2021/11/14 16:31

    私が理系壊滅的だから難しいところもあったけど、菅田将暉は宇宙語を話してると思えば楽しめた(笑)来世は理系脳に生まれたい〜

  • 3.0

    MoviesYuさん2021/11/14 14:38

    やっぱり山崎貴監督VFX専門で
    演出を面白く見せる才能はない
    あの早口はシン・ゴジラの影響かな?
    『永遠の0』が大ヒットしたからと
    いって似たようなジャンルで
    成功すると思うな。

  • −−

    koaranomarchさん2021/11/13 21:41

    最後に大和の模型の前で平山と櫂が話してるシーン良い。
    大和が造られた意味...
    本当に頭がいい人達が考えることってすごいなぁと。

    関係ないけど、この役の菅田将暉見てると、Wのフィリップを思い出す。

  • 3.6

    riochanmovieさん2021/11/12 04:08

    【天才数学者 VS 国家】

    -戦艦大和の欠陥を算出する-

    『アルキメデスの大戦』
    史実から着想を得て作られた
    フィクションで、史実との違いは多数。

    戦艦大和の戦闘シーンは冒頭のみで
    後は天才数学者が戦艦大和の建造費を
    はじめとするあらゆる(欠陥)を独自の
    方程式で熱く算出してゆく。

    劇中のテンポも良く2時間10分が
    あっという間に感じた。

    昭和11年、(1936年)日本国家予算が15億
    と言われる時代に1億3500万円の建造費
    をかけ艦隊決戦の主役として使われる事
    なく撃沈された戦艦大和はその名の通り
    当時の日本国を象徴する(夢の戦艦)だったことは間違いない。

    あれからどれだけの失敗をすれば
    この国は無駄な税金の使い方を
    正しく算出出来るようになるのだろう?

  • 4.0

    国家権力さん2021/11/10 22:51

    期待せずに見たが、なかなか良かった。

    軍事物の皮を被っているが、中身は良質なミステリー作品。

    例の巨大戦艦建造に対する解釈も目から鱗。

  • 4.5

    るるきさん2021/11/04 14:59

    太平洋戦争のヤマト戦艦を数学者という角度から見た、アナザーストーリー

    菅田将暉目当てで観たけど個人的にかなりドンピシャで好きな内容。
    スピード感があって引き込まれるし、ラストには良い意味で裏切られるオチが待っている
    何より重鎮たちの演技力が凄まじい。特に田中泯の目力は今でも目に焼き付いている!

  • 3.4

    maaさん2021/10/14 09:40

    ・歳を重ねた演者の技量に感動。
    ・ただ菅田将暉の奮闘劇と考え鑑賞してい         るとより楽しめる。

  • 4.0

    ソワレさん2021/10/11 22:50

    この映画のあらすじは天才数学者櫂が日本軍にスカウトされ、戦艦大和の見積りが不正なものであることを証明するというものだ。けれどこれは、ただ相手の不正を暴き打ち負かすための戦いを描いたバトル映画のようなものではない。ミクロな視点では数学や戦艦という軸に則り櫂たちの戦いを描いたものだが、この映画はあくまで第二次世界大戦へ向かう日本そのものを描いた戦争映画だったと観了して強く感じた。
    前半は奇人であり天才である櫂の奮闘ぶりが時にコメディタッチで描かれておりとても楽しめた。櫂の数字や真実へのまっすぐな心に胸を打たれる。菅田将暉の演技もいい。変人でありながら真摯な数学者という役どころがとても合っていた。
    後半では爽快な結末を迎えられると思いきや二段三段構えの作りになっており、その展開こそがこの映画を戦争映画たらしめるものとなっているように思う。特に敵であったはずの平山中将のラストの台詞には心が震えた。櫂の涙にこちらも思わず涙してしまった。
    この後第二次世界大戦が始まり負けることを知っている現代の我々だからこそ、その台詞の重みや結末にやるせなさと悲しさを覚えるのだと思う。
    数学と戦争という扱いにくいテーマをエンターテイメントとしてうまくまとめあげ、その上できちんと戦争映画としての重みも残した良い映画だった。

  • 4.5

    ふーかさん2021/10/10 23:25

    最後のシーンの菅田将暉の顔が印象に残ってる 戦争が題材の映画だけどフフってなるとこもあって面白かった

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました
    戻る