お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

アルキメデスの大戦

G

戦艦大和VS天才数学者

1933年(昭和8年)。欧米列強との対立を深め、軍拡路線を歩み始めた日本。海軍省は、世界最大の戦艦を建造する計画を秘密裏に進めていた。だが省内は決して一枚岩ではなく、この計画に反対する者も。「今後の海戦は航空機が主流」という自論を持つ海軍少将・山本五十六は、巨大戦艦の建造がいかに国家予算の無駄遣いか、独自に見積もりを算出して明白にしようと考えていた。しかし戦艦に関する一切の情報は、建造推進派の者たちが秘匿している。必要なのは、軍部の息がかかっていない協力者…。山本が目を付けたのは、100年に一人の天才と言われる元帝国大学の数学者・櫂直。ところがこの櫂という男は、数学を偏愛し、大の軍隊嫌いという一筋縄ではいかない変わり者だった。頑なに協力を拒む櫂に、山本は衝撃の一言を叩きつける。「巨大戦艦を建造すれば、その力を過信した日本は、必ず戦争を始める」…この言葉に意を決した櫂は、帝国海軍という巨大な権力の中枢に、たったひとりで飛び込んでいく。天才数学者VS海軍、かつてない頭脳戦が始まった。同調圧力と妨害工作のなか、巨大戦艦の秘密に迫る櫂。その艦の名は、「大和」…。

詳細情報

関連情報
原作:三田紀房
音声言語
日本語
制作年
2019
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2020-01-08 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ヒューマン邦画ランキング

アルキメデスの大戦の評価・レビュー

3.9
観た人
20399
観たい人
20948
  • 4.0

    まかろんさん2020/07/04 18:55

    面白くて時間があっという間に過ぎた。
    フィクションだけどよくできたお話だと思った。
    ときおりコミカルなのも良い。

    戦艦大和の費用を計算するという静かな戦い。
    もちろん順調に行くわけがなく、妨害にあいながらもギリギリまで計算、計算!
    数式とか1ミリも理解できない、カッコいい〜〜

    菅田くんは、はまり役だろうと思ってたけど、榎本佑もとっても良かった(^^)
    そして田中泯さん演じる平山の迫力すごい。

  • 4.1

    tomikoooさん2020/07/04 09:43

    天才の言動は、実に面白い。

    難しい長台詞の攻防に引き込まれ、前のめりになりながら堪能。

    各々の立場や企み、いろいろな思惑が渦巻いており、今の日本の政治についても改めて考えさせられた。

  • 4.2

    Nancyさん2020/07/03 15:32


    表舞台では見る事のできない裏側

    天才ゆえに明かしてしまった真実
    光と闇は表裏一体

    パンドラの箱を開けてしまった
    天才数学者の涙は
    太平洋へと流れていく。

  • 3.8

    29107さん2020/07/03 14:45

    軍服とか時代物好きなら多分好きです。
    話も面白い。
    映画用に内容をかなり取捨してうまくまとめてるらしいので、ぜひ原作も読みたいです

  • 3.5

    美味しいピザさん2020/07/02 11:07

    戦争についての予備知識がなくても楽しめた

    主人公の菅田将暉が現代の考え方で軍人と話が全然合ってなくて面白い。
    負けるとわかっていてもやめない志には感銘を受けた

  • 4.7

    さくらさん2020/07/01 16:50

    戦艦「大和」の作られた意味・・・

    戦争の中身を映画にしたものはいくつか見たことがあるけど、これは戦争が始まるまで、戦艦が作られるまでの映画。

    戦艦って大きくてかっこいいけれど、ただ戦力のためじゃない時もあるんだと驚いた。

    戦争って表面のことしか見えないことが多いけど、きっと色んな気持ちや考えが詰まっているんだろうな。

  • −−

    Honeycombさん2020/06/30 18:01

    想像以上の壮大なスケールで冒頭からびっくりした!

    大和の戦闘沈没はよく知られる歴史ではあるが、倒叙式な観せ方に震えた。
    沈む未来を観せられた物語は刹那的でそれですら愛しい美しい日本…と思ってしまった。

    その中でも印象深く残ったのが、敵機を1機追撃して大喜びの日本軍。
    パラシュートで脱出した敵はあっという間に味方の救助隊が駆けつけあっという間に救出されあっという間に大和の前からいなくなったシーン。

    あの一瞬のシーンで、敵国の層の厚さ、なによりも特攻するために大和に乗って戦闘している彼らの、「え?助けてもらえるの?俺らそんなんないで?え?俺らお国のために犠牲になることが美しいって…、え?」みたいな驚愕と絶望が本当に瞬間的にに詰められてて、なんとも言えない悲壮感から鳥肌が立った。

    日本軍優勢!勝てる勝てる!もうすぐ勝てる!の呪いというか情報操作の刷り込みは本当に罪深い。
    長く鎖国していた小さな島国が調子こいた結果なんだろうか。

    いつも考えることがあって。

    日本は日中戦争真っ只中の最中にアメリカは(ディズニーは)1937年(昭和12年)白雪姫1940年ピノキオ・ファンタジア公開。
    第二次世界大戦中の1941年ダンボ1942年バンビ等、長編アニメーションを作製して一般公開している。
    普通に娯楽アニメ見て生活できてるアメリカ人!

    「欲しがりません勝つまでは!」って極貧劣悪な環境で我慢を強いられてきた日本とのこの格差。
    勝てるわけない…。
    これをほとんどの国民が知らずに勝てると思って親元を離れ特攻に行った若者たち。なんと無残な戦争だったことか。

    といつも思う。
    すみません、長くなりました。

    癖がなさそうに物腰の柔らかい五十六、さすが舘ひろし、ちゃんと曲者だった…!
    菅田将暉は言わずもがな。天才数学者という役通り数式解いてる時のアドレナリンぶっわぁ〜!!の演技とか重要会議でのおじさん相手に超長台詞とか圧倒的に場面を支配していた。
    大御所揃いのキャストの中で臆することなくむしろ圧倒的な存在感が素晴らしい!彼の実力は天井知らず。

  • 4.5

    Yutoさん2020/06/30 13:10

    実話ではない部分も多いけど、大体は世界史の先生が言っていた通りだった。普通に応援できたし各キャラ役割はっきりしてて面白かった。
    元々山本五十六めっちゃ好きなんでかっこよくて良かった。

    戦争について意見を持つのは大事だけど、それを当時の常識で語るのと今の常識で語るのは分けるべきだと思います。体裁を守るだけの思想はゴミだったと思うけど。

  • 4.0

    Layla05さん2020/06/30 00:45

    巨大軍艦大和の沈没のシーンから始まる。
    初めのイメージとラスト見たあとの
    沈没のシーンの感じ方が全然違った…!
    ストーリー構成すごい。

    菅田将暉の数学に夢中で信念を貫いた
    “変人”で人たらしのような演技が素晴らしい…
    物事はただ真実だけが正義ではないのか、
    方法は違えど目的は一緒だったのかもしれない。
    答えはひとつでは無いし、自分1人では絶対できない。
    信念を貫くとは難しいことなのかもしれない🤔

    なによりやっぱり他のベテラン俳優陣に霞まず、
    ワクワクしていたり複雑な心境を表現している
    菅田将暉の演技はすごいです!
    そして知能、学は大事だなと改めて🤔

  • 4.6

    ゆうゆさん2020/06/30 00:36

    戦艦大和の誕生秘話と
    それに携わった青年の物語
    
    日本の儚い未来と 
    あの戦艦に込められた想い。
    主人公のもつ信念が
    違った角度で昇華されていく過程、
    彼が日本という国に馳せる想い、
    それに携わった彼らの気持ちを思うと
    涙が溢れて止まりませんでした

    錚々たる大御所俳優たちの中で
    菅田くんの情熱漲る堂々と痛快で
    コミカルな存在感。
    あと田中泯の圧倒的なオーラ。
    序盤の圧巻の戦艦のシーンや
    それに基づく構成及びエンターテイメント性も高く
    私のように 全然知識のない人にも
    かなり優しく作られている

    
    

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る