お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

アルキメデスの大戦

G

戦艦大和VS天才数学者

1933年(昭和8年)。欧米列強との対立を深め、軍拡路線を歩み始めた日本。海軍省は、世界最大の戦艦を建造する計画を秘密裏に進めていた。だが省内は決して一枚岩ではなく、この計画に反対する者も。「今後の海戦は航空機が主流」という自論を持つ海軍少将・山本五十六は、巨大戦艦の建造がいかに国家予算の無駄遣いか、独自に見積もりを算出して明白にしようと考えていた。しかし戦艦に関する一切の情報は、建造推進派の者たちが秘匿している。必要なのは、軍部の息がかかっていない協力者…。山本が目を付けたのは、100年に一人の天才と言われる元帝国大学の数学者・櫂直。ところがこの櫂という男は、数学を偏愛し、大の軍隊嫌いという一筋縄ではいかない変わり者だった。頑なに協力を拒む櫂に、山本は衝撃の一言を叩きつける。「巨大戦艦を建造すれば、その力を過信した日本は、必ず戦争を始める」…この言葉に意を決した櫂は、帝国海軍という巨大な権力の中枢に、たったひとりで飛び込んでいく。天才数学者VS海軍、かつてない頭脳戦が始まった。同調圧力と妨害工作のなか、巨大戦艦の秘密に迫る櫂。その艦の名は、「大和」…。

詳細情報

関連情報
原作:三田紀房
音声言語
日本語
制作年
2019
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2020-01-08 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ヒューマン邦画ランキング

アルキメデスの大戦の評価・レビュー

3.9
観た人
23895
観たい人
22255
  • 3.2

    Floriaさん2021/03/06 20:44

    かなり地味な話のようなのに、何故か最後まで飽きさせない魅力のある作品でした。
    数学関係なくないか、とか、その評価は怪しすぎるだろ、とかしょうもないことが気になっていまいちノリきれない部分があったのですが、意外性のあるラストで一気に惹き込まれました。面白かった。

    途轍もなくどうでも良いことを言うと、数学屋さんには計算の苦手な人も多い気がします。数学力と計算力は全くの別物…

  • 3.5

    MoeHokamaさん2021/03/06 17:54

    論理的に考えて自分にメリットがなくても、結局は人の行動は思いに大きく左右される。

    平山忠道の思考が遥か先を行き過ぎて、藤井聡太かと思った

  • 4.7

    たまごさん2021/03/05 19:41

    21.3.5
    ラストシーンは圧巻でした。
    軍艦を作る目的としてそういう目的で作られることもあるのだなと思わせてくれました。

  • 4.3

    IDEOFFさん2021/03/05 13:53

    ただのデータと数式がビジネスに活きる瞬間の歓びに大変共感し、使命感に感動する。ただ、時代背景があまりにも酷。彼のその後を知りたい。

  • 3.7

    ちゃんあつさん2021/03/04 21:46

    「イミテーション・ゲーム」に続く戦争と数学者のお話。ただ、こっちは主人公の櫂直は架空の人なので、基本的にはフィクション。一部山本五十六とか戦艦大和とか実在の名前も出てくるけど。

    数式がフワァーって背後に出てくる感じとか、「数学的でなんちゃらかんちゃら」みたいなあからさまな演出に若干退屈したけど、採用する艦船案の最終決定会議の後半、田中泯さんが演じる平山造船中将が渋すぎて見入ってた。

    実際の戦艦大和がどういう経緯で作られたのか知らんけど、負けることを分かっていても、それでも日本の依代になるような戦艦を作るっていうモチベーションには驚いた。軍の上の方の人が負けると思っててもなお、戦争に向かったのはあながちフィクションでもない気がする。

    「日本が沈んでしまわないように、戦艦に沈んでもらう。そしてそれは巨大で美しくて、国民の誰もが目を疑うような光景で無ければならない。そうすれば、日本は戦争に負けた後にも必ず立ち直れる。」

    第二次大戦中の軍部の人の気持ちとか絶対分からないけど、少なくとも上に書いたような複雑さはあったんだなと思う。

  • 3.8

    アンレッズさん2021/03/04 07:29

    2021年 23作品目

    戦争は避けられない、そして負ける
    早く負ける、その為の戦艦大和。

    菅田将暉演技良かったです。本当に天才数学者に見えました。そして相棒の柄本さんの演技も○

  • 4.4

    たみさん2021/03/04 02:32

    小中学生の頃、歴史の勉強が嫌いで義務教育だろうと何も知らなかった自分が、この映画で興味を持てた

    戦艦大和とか山本五十六とか、名前だけは聞いたことあるけど何なのかよく分からなかったものが見終わって知ることができて感動した。

    数学ばっか勉強してきたけど歴史も学びたくなる。
    もっと勉強しとけば良かったなぁ

  • 3.9

    煙草さん2021/03/03 21:28

    数学で戦争を止めろ!

    この映画自体はフィクションですが、冒頭の巨大戦艦「大和」沈没の映像にもあるように大筋の流れは史実通り。その中で上手くここまでのドラマを挿入できていて驚きました!展開も二転三転するので目が離せない。そしてVFXも圧巻

    歴史的知識も義務教育レベルが理解できていればさらに楽しめるかなって程度で、敷居が高くなく観やすいのも良心的。

    役者もベテラン勢が多いなか、出演の菅田将暉の演技も光っていました。特に、最後の田中泯演じる平山軍艦中将(居るだけですごい圧)との会話のシーンはそれぞれの思想が伝わってくる…
    あと浜辺美波は清楚美人✨かわいい〜

    戦争モノは前線だけじゃなく色んな角度からアプローチできるのが面白い。原作漫画も気になる

  • 4.5

    lilyさん2021/03/02 20:51

    正直戦争もの苦手であまり観ないけど菅田将暉が出てるっていうただ一点だけで観に行った。

    見に行って大正解

    最初から衝撃的なシーン。ほんまにCG??ってぐらいリアルで大迫力。結果から見せてくる構成も良かった。

  • 4.5

    枝豆さん2021/03/01 02:25

    日本国の象徴 戦艦大和
    最後のシーンでこの言葉の持つ意味、
    話の奥行きがずっと深くなります。

    戦争とは、戦艦とは、そして天才とは。
    1人の天才青年が、戦艦作りに没頭する2時間。その先で彼が、日本が迎える結末は鳥肌モノです。キャストが全員素敵!




レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る