お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

検察側の罪人

G

一線を、越える。

都内で発生した殺人事件。犯人は不明。事件を担当する検察官は、東京地検刑事部のエリート検事・最上と、刑事部に配属されてきた駆け出しの検事・沖野。最上は複数いる被疑者の中から、一人の男に狙いを定め、執拗に追い詰めていく。その男・松倉は、過去に時効を迎えてしまった未解決殺人事件の重要参考人であった人物だ。最上を師と仰ぐ沖野は、被疑者に自白させるべく取り調べに力を入れるのだが、松倉は犯行を否認し続け、一向に手応えが得られない。やがて沖野は、最上の捜査方針に疑問を持ち始める。「最上さんは、松倉を、犯人に仕立て上げようとしているのではないか?」・・・。互いの正義を賭けて対立する二人の検事。彼らの戦いに、待ち受けていた決着とは——。

詳細情報

関連情報
原作:雫井脩介
音声言語
日本語
制作年
2018
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2021-02-10 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

犯罪・捜査邦画ランキング

検察側の罪人の評価・レビュー

3.4
観た人
40441
観たい人
18681
  • 3.0

    ひーさん2021/03/07 23:48

    前半は良かったけど後半は…
    これはテレビの2時間スペシャルドラマでいいのでは?

    正しく在ろうとして
    悪に染まる

    自分の悪だけは
    正義だと言い聞かせて

    昨日までは
    そんな悪を正義をかざして裁いていたはずなのに…

    正義100%なんてあり得ない
    正しく在ろうとするほどに、
    自分の正義を守るほどに、
    悪くなっていく

    それが人間ってことか。

  • 3.5

    あんこさん2021/03/07 15:02

    木村さんも二宮さんも圧巻の演技力。脇を固める役者さんたちも実力派の方ばかりで凄かったです。ただ、ラストに拍子抜けしてしまいました。

  • 3.7

    minaさん2021/03/07 14:37

    ジャニーズ好きは見るであろう映画。
    忖度なしに、キムタクもニノの演技も好き。
    正義とは何か、それぞれの正義をぶつけ合う物語。
    結構好きなストーリー。

  • 3.5

    yosakaさん2021/03/06 07:57

    タイプの異なる木村と二宮の迫真の演技のぶつかり合い。ふたりともうまいなぁ。途中からの展開の変化に戸惑ってしまった。でも、なぜそこまでやるのか、今ひとつピンと来なかった。

  • 3.8

    Yunaさん2021/03/05 23:30

    かなり予告で期待しすぎて見てしまったのでそうかそうか〜そうきたか〜そうなのか〜って感じだった、でも迫力はあったかな。にのと吉高由里子のラブシーンがいいアクセントになってた。

  • 3.9

    ワラさん2021/03/05 17:52

    色んな背景、人間関係が入り組んでるから初見だと100%咀嚼し切れない感はあるけど、ストーリーは面白いと思うし、見応えもあった。2回、3回と観たらもっと面白いかも。

  • −−

    映画キロクさん2021/03/04 23:45

    「正義VS正義」
    久しぶりに邦画が観たくなり、鑑賞しました。

    私もイメージでは、木村拓哉さんの演じるかっこいいとかすごいというような役柄が多かったので、今回の役は、かっこよさだけではなく、人間の弱さというものも兼ね備えられていたので、意外でした。

    終わり方はあまり好みではありませんでしたが、
    正義と闘う人たちの情熱や、正義や理性だけでは解決することのできない問題の難しさを感じることができた映画でした。

    原作が雫井脩介さんということで、いま話題となっている『望み』も観たくなりました。

  • 3.0

    toshimoviesさん2021/03/03 22:04

    ひとつの殺人事件を巡り、容疑者の男を自らの正義感で追い詰めるエリート検事と、その捜査方針に疑問を抱く後輩検事の対立を描くミステリー・サスペンス。雫井脩介の同名ベストセラーの映画化。
    正義の在り方を問うという難しいテーマ。個人的には最上側に心情が傾く。
    ガベル(裁判に使用する儀礼用の小型の木槌)収集。北豊寮の管理人の娘・由季。♪Cry me a river。蒲田老夫婦殺害事件。23年前の荒川区女子高生殺人事件の重要参考人。日本の"報道の自由"は世界80位(北朝鮮のちょっと上)。祖父が執筆した『白骨街道』。ビルマ・インパール作戦と御宿タナン。鳥取レモネード毒物混入事件は冤罪。「自分の正義に固執する検事は、犯罪者に落ちる」

  • 3.1

    ゆーちさん2021/03/03 00:18

    それぞれの背景がわからず、
    読み取るのが難しい。

    小説読んどけばわかったんかなー?
    とも思ったけど、レビューみてると小説読んだ人は酷評…( ᐛ )?

    ニノの怒りの尋問シーンが1番良かった。

    思い出せと言われたら、思い出せないかもしれない映画。

  • 1.6

    ふくしゃちょーさん2021/03/01 23:31

    素晴らしい原作からの稀に見る駄作だった。とてもがっかりした。原作通りにしろとは言わないが、原作の良さを全然生かせてないしょうもない話になっていた。これ映画だけ観た人は意味不明なのでは。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す